iPadやiPhoneに新たな命を吹き込む「iOS 4.2」を徹底解説!iPadのマルチタスク対応、印刷や音楽のネットワーク配信も


iOS 4.2の新機能に対応したアプリが続々登場することを期待

iPhone/iPad/iPod touch向けの次期OS「iOS 4.2」のベータ版が開発者向けにリリースされました。正式版のリリースは11月に予定されています。iPad向けには初のメジャーアップデートとなるこのOSが、iPhoneやiPadにどのような利便性をもたらすのでしょうか。

iPadにもiOS 4.xの新機能がやってくる

iOS 4.2最大のトピックはiPadにも対応することでしょう。従来iOS 4.x系はiPhone/iPod touchにのみ提供されており、iPadの現行OSは世代の古いiPhoneOS 3.2でした。iOS 4.2により、iPadでもiOS 4.x系の新機能を使うことができるようになります。具体的には、音楽のバックグラウンド再生や通知の待受などを可能にするアプリのバックグラウンド動作、他のプレーヤーとゲームを楽しめるGame Center、Appleの広告プラットフォームであるiAdなどが、iPadでも利用可能になります。

iPhoneやiPadから直接プリンターを使って印刷「AirPrint」

従来iPhoneやiPadでは印刷機能がサポートされていませんでしたが、iOS 4.2には「AirPrint」と呼ばれる印刷機能が実装されます。AirPrint機能を使うことで、ネットワークに接続されたプリンターを自動的に見つけてアプリから印刷することができるようになります。プリンターはネットワークに接続されたAirPrint対応プリンターのほか、PCやMacに接続されてネットワーク共有されたプリンターも使用できます。AirPrintに対応したプリンタは、現状HPの一部機種のみがアナウンスされていますが、今後対応プリンタが増えていくものと思われます。一方、印刷を実現するためにはアプリ側にもAirPrintへの対応が必要ですが、すでにプログラミングガイドやサンプルコードが公開されており、iOS 4.2リリース時には複数のアプリがAirPrintに対応してくることが期待できます

【iPhoneから電子書籍を印刷できるかも!?(写真はイメージです)】
iOS_4_2_001

iPhoneからWi-Fiで音楽や動画を配信「AirPlay」

「AirPlay」機能を使うと、iPhoneやiPadで再生している音楽や動画を、Wi-FiなどLAN経由で、対応スピーカーやPCなどに配信することができるようになります。ケーブルの接続が必要なくなり、手軽に音楽や動画を「飛ばして」楽しめるようになりますね。

iPadはiOS 4.2を得てタブレットの新境地へ

さて、様々な新機能を備えるiOS 4.2が、iPhone/iPadアプリにもたらす可能性を考えてみましょう。最も影響が大きそうなのは、iPadを利用した業務アプリにおけるAirPrintの活用ではないでしょうか。すでにiPadを業務システムの一部として活用する試みが各所で行われていますが、特に帳票出力を多く求められる日本においては、印刷が出来ないことがネックになる場合がありました。AirPrintの導入により、帳票出力をiPadから直接行うことができるようになります。今まで以上に営業ツールや店舗の在庫管理ツール、ハンディターミナルとして活用が広がっていくことが予想されますね。

またiPadの機能がiPhoneに追いつくことで、iPhoneとiPadの両方を使用しているユーザーがiPadに感じていた機能不足を払拭することが出来ます。特にマルチタスク動作がiPadでできるようになることで、アプリのアイデアの幅が広がりそうです

iOS 4.2は現行iOS(4.1)からのマイナーアップデートですが、iPadユーザーから見れば初のメジャーアップデートとなります。最近はiPhone 4やiOS 4.xの影に隠れがちだったiPadの魅力を再発見する良い機会になるのではないでしょうか。iOS 4.2は11月リリース予定で、iPad、iPhone 4/3GS/3G、第2〜第4世代のiPod touchに対応します(iPhone3Gと第2世代iPod touchではマルチタスクに非対応)。

記事執筆:えど(吉川英一)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter


■関連記事
自分流にカスタマイズできる洋楽専門ネットラジオ「AccuRadio」【iPhoneアプリ】
旅行のお供にデジカメ画像はその場でiPadに!「Apple iPad Camera Connection Kit」【レビュー】
ソフトバンク、「HTC Desire」に国内初Android 2.2を10/8(金)から提供開始!テザリングには非対応
ソフトバンク孫社長のリーダーシップが身につくかも!?「孫の二乗の兵法」【iPhoneアプリ】
NTTドコモ、Android搭載「LYNX SH-10B」のソフトウェア更新を実施!販売再開はまだ未定

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…