写真の人物がわからないときは調べちゃえ!類似画像検索「TinEye」


ネット暦の長い人なら、ネットサーフィン中に思わず保存したくなるようなセクシー画像を見つけても、写っている人が誰だかわからなかったという経験が一度はあるハズだ。また、かつて自分が保存した画像でも、「アレっ!? このキャラ名前なんだったっけ?」といった具合に、名前をド忘れしてしまうこともあるだろう。
そんなときに便利なのが類似画像検索「TinEye」だ。

これは、自分が保存した画像を指定、または画像のURLを入力すると、類似する画像を検索してくれるサービスだ。
被写体の名前(あるいは作品や絵師の名前)をド忘れしたときでも、類似画像を掲載しているWebサイトに飛べば、関連情報を入手できる可能性が高い。

画像によっては、「類似画像検索」ではなく「同一画像検索」になっているときもあるが、検索の精度はまずまずで、アイコラ画像の元ネタ探しや、同じ元ネタの類似コラージュ画像探しをしたいときには、特に力を発揮してくれる。

一般的な画像検索では、被写体や作品名がわからないと検索のしようがなく、万事休すだったが、「TinEye」ならば求める情報にアクセスできる可能性が高まる。

歳とともに衰える記憶力を補ってくれそうな、頼りなるサービスと言えるだろう。

TinEye

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■インターネット関連の記事をもっと見る
ライブドアが第3の検索サービスへ!独自性とユーザー利便性が高いNAVER検索
フォローしてくれない人を一斉リムーブ!Twitter整理ツール「ManageFlitter」
日本人と外国人の性質や文化の違いを楽しむ!「ここヘンJAPAN」をオープン
お盆休みで大打撃!ユーザーは得してサイトは赤字か


ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100
著者:ひらまつ たかお
中経出版(2010-04-09)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【デジカメ調査室】超高倍率ズーム搭載!遠くの被写体もバッチリ撮影「CAMEDIA SP-550UZ」

オリンパスより、光学で18倍という超望遠ズームを搭載するコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-550UZ」が発売された。価格は、店頭価格で54,800円前後。レンズ交換やコンバーションレンズを取り付けることなく28-504mm(35mm相当)の…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【気になるトレンド用語】Winnyは″エロ画像″から″機密情報″までなぜ流出させるのか?

コンピューターウイルスやスパムなど、セキュリティが声高に叫ばれる世の中ですが、それにもかかわらず一向に減らないのが個人情報の流出です。セキュリティ関連のニュースを見ると、毎日のように個人や企業などの機密情報流出事件が報…

【気になるトレンド用語】Twitterは楽しすぎる?ハマり過ぎには、ご注意!

最近、Web2.0とか、ブログやSNS(ソーシャルネットワークサービス)、SBM(ソーシャルブックマーク)など、新しい言葉をインターネットでも見掛けるようになってきました。そんな新しい言葉の中でも、目新しいのがTwitter(トゥイッター)…