ユーザーが本音で評価したマルチタッチも可能なタブレット「Bamboo Fun」のポイント




ワコムのタブレットは、入力精度の高さと使いやすさにより、プロのデザイナーやイラストレーターをはじめ、多くのグラフィックを扱うユーザーに支持されている。

最近では、グラフィックの手書き用途だけでなく、WordやExcelに手書きの指示や注釈を添えるなど、ビジネス環境でも便利な道具としても浸透してきている。

中でも「Bamboo Fun」は、ペン入力に加え、マルチタッチによる新しいユーザインタフェースを備えており、複雑な操作も簡単なジェスチャーで行える新しい入力デバイスとして注目されている。

しかし、このワコムの「Bamboo Fun」だが、実際の使い勝手は、どうなのだろうか?
誰しも、気になるところだろう。

そこで参考にしたいのが、この「Bamboo Fun」を無料でゲットできるzigsowプレミアムレビューだ。

実際に「Bamboo Fun」を手にしたユーザーの本音のレビューが集まってきたようだ。
今回は、さっそく、ユーザーレビューを覗いてみよう。

■サポートも万全な「Bamboo Fun」
zigsowユーザーは、「Bamboo Fun」をどのように使っているのだろうか。

実際にzigsowをのぞいて最初に感じたのが、レビュー記事の質の高さだ。基本スペックやパッケージ内容、商品展開に至るまで、詳細に書かれており、写真および動画まで交えた詳細なレビューに仕上がっている。

「Bamboo Fun」の本体は薄いので、ノートパソコンと一緒に持ち歩けるうえに、Windows 7限定だと思っていたマルチタッチ機能がWindows XPでも問題なく動作するため、意外と快適だったという意見も上がっている。

レビューアーの記事で特に注目した内容は、ワコムのサポート体制についての記述だ。
記事によると、10年前のモデル「intuos2」の消耗品もまだ販売されており、ドライバーも最新版が供給されているとのこと。こうした現在のサポート体制を考慮すれば、今回の「Bamboo Fun」も今後10年以上にわたって使い続けることができるだろうというのだ。これはオーバーな表現ではなく、ワコムのサポート体制を考えると普通のことだという。

「『Bamboo Fun』の価格は約1万円であるが、10年使えば1年たった1,000円。それ以上の物を得ることが出来ることは私が保証する。」と、レビューアーは付け加えている。

厳しい選考を潜り抜けてレビューアーに当選しただけあり、性能や機能なだけでなく、サポート体制や長期使用でのコストなど、見逃されがちなポイントのチェックもあり、目から鱗が落ちるようだ。

この記事を読んで、「Bamboo Fun」が急に欲しくなった人やワコムの好感度を上げた人も、きっといそうだ。

zigsowでは、今後も各ジャンルでプレミアムレビューを予定しているという。
レビューアーの選考基準は、抽選ではなく、zigsowでの情報発信力、活発な活動などが評価対象となるだけに、自分が好きなもの、興味を持つものであればレビューアーとなり、商品もゲットできるチャンスがあるわけだ。興味を持った企画があれば、力だめしに応募してみては如何だろうか。

zigsowプレミアムレビュー ワコム「Bamboo Fun」
いいモノを広める情報蓄積型のレビューコミュニティ「zigsow」

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】記事バックナンバー

・人気声優になるための4大法則 - 2008年10月31日10時00分・フィギュア原型師、アニメ見本市、初音ミクのイベント潜入記 - 2008年10月24日10時00分・あややから江頭2:50まで。謎の発掘グッズ探訪 - 2008年10月17日10時00分・「タメシ買…

【アキバ物欲】″弘法は筆を選ぶ?″できるユーザーこそ、キーボードとマウスにこだわる

パソコンの一番身近な周辺機器といえば、キーボードとマウス。日常的に使うデバイスということもあり、こだわりを持っている人も多い。キーボードやマウスを購入する人は、製品のどこを見て購入を決めているのだろうか。また、キーボー…

【世界のモバイル】売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本

携帯電話の全世界マーケットにおける日本メーカーのシェアは「その他」に入れられてしまうほど低く、海外の調査会社によるマーケットシェアの結果に、単独メーカーの数字が出てくることもここ数年は無くなってしまった。SonyEricssonが…

【世界のモバイル】記事バックナンバー

・「Twitterケータイ」が登場、SNS端末はトレンドになるか・Palmの復活なるか? Palm Preがヨーロッパで発売・Androidの皮を被った中国製「Ophone」は、本家Google携帯を凌ぐか・シェア急上昇!iPhoneを上回ったBlackBerryの戦略・Vodaf…

【ケータイラボ】記事バックナンバー

・ウォークマンとケータイ 2つの顔とカラーのWalkman Phone Xmin - 2009年01月26日10時00分・ドコモ反撃ののろし PROシリーズ「HT-01A(Touch Pro)」 - 2009年1月19日10時00分・ウエアラブルへ AQUOSケータイ FULLTOUCH SoftBank 931SH…