XperiaやiPhoneが海外で使える!便利なWi-Fiルーターレンタルサービス【世界のモバイル】


NTTドコモのXperia(SO-01B Sony Ericsson製)の発売で日本のスマートフォン市場が大きく活気づいている。今月にはソフトバンクからHTC Desire(X06HT)も発売されることから、スマートフォン新製品の話題が毎日のようにネット上を賑わしているほどだ。Apple iPhoneのヒットもあり、スマートフォンを利用する層も大きく拡大している。スマートフォンは一般的な「高機能携帯電話」とは違い、単体の機能や通信事業者のサービスとの連携よりもインターネットサービスの利用に適した製品でもある。日常の情報収集やブログなどの利用、Twitterなど、スマートフォンを日夜活用している人の数は日々増えているようだ。

このように便利なスマートフォンを、ゴールデンウィークで海外旅行に持って行き活用したいと考えている人もいるだろう。空港からホテルまでの経路を調べたり、観光地の地図を見たり、そしてオンライン翻訳サービスを使った現地での会話の手助けなど、スマートフォンは海外利用がとても便利なのだ。

しかし日本で購入したスマートフォンを海外で利用する場合は通信料金に気をつけなくてはならない。海外での利用は国際ローミング扱いとなり、通信料は国内よりも割高になるからだ。国内で利用しているパケットフルなどの定額サービスは適応されないのだ。NTTドコモは特定国でのパケット料金が12万パケットまで2000円になる特定事業者向け割引料金も出しているが、それを超えると利用した分だけ課金される。携帯電話と違いスマートフォンではちょっとしたWEBページを見るだけでもデータ量はあっという間に数メガバイトに達してしまうため、12万パケット(約14.6メガバイト)では足りない場合も多い。
iPhoneでGoogleマップを開いて地図を1枚見ただけでデータ通信量は数百キロバイトに達する。

もしも日本で購入したスマートフォンにSIMロックがなければ、海外のプリペイドSIMカードを購入して装着すれば、、現地の安い料金で利用することができる。だが現時点では日本のXperiaやiPhoneなどは通信事業者が販売するSIMロックモデルしか存在しておらず、海外のSIMカードに入れ替えて使うことはできない。

そのため普段自分の使っているスマートフォンを海外で利用する場合は、携帯電話回線のデータ通信利用は使わないようにして、現地のホットスポットやホテルなどで無線LANを利用したほうがよい。これで後から高額なローミングパケット料金が請求される心配は無くなるだろう。とはいえ無線LANはどこでもアクセスできるものではないし、有料の場合もある。また車や電車などでの移動中は利用できない。

せっかくのスマートフォンを海外で思う存分活用できる方法は無いのだろうか?
そこでぜひ利用したいのが、海外現地の電話回線を利用できるWi-Fiルーターのレンタルサービスだ。

これはイーモバイルのPocket WiFiと同類の製品で、これを利用すればXperiaやiPhoneなどのスマートフォンとWi-Fiルーターを無線LANで接続し、あとは現地の安価なパケット料金でインターネットアクセスが利用できるのだ。海外携帯電話のレンタル業者がサービスを提供しており、価格も定額でリーズナブルだ。これらのレンタル業者はすでにノートパソコン用のUSBモデムの定額利用レンタルを始めているが、Wi-Fiルーターの登場でこれからはスマートフォンでも海外で定額データ利用が可能になるのだ。

例えばレンタル大手のテレコムスクエアはWiFiルーター使い放題レンタルプラン「Wi-Ho!(ワイホー)」を提供している。アメリカ向け、中国向けなどで、料金は1500円/日。1週間の旅行/出張なら約1万円となる計算だ。海外で国際ローミングを利用してパケット通信を行えば1万円はあっという間に達してしまう金額であるし、ホテルのインターネットサービスが有料ならば、このレンタルサービスのほうが料金が安い場合もあるだろう。また同時に数回線の接続が可能なため、同行者や友人同士で一緒に使って支払いをシェアしてもいいだろう。もちろんスマートフォンだけではなくノートPCや無線LAN内蔵ゲーム機からも利用できるため活用範囲は広い。何よりも料金は定額なので、つなぎっぱなしにしていても料金を金しなくてよい安心感もある。観光地から写真を撮影してすぐにブログにアップしたり、移動するたびに「XXなう」とTwitterを使ってリアルタイムに居場所をつぶやくことも自在にできるわけだ。

なおPocket WiFiを利用している人は気づかれていると思うが、Wi-Fiルーターの電池の持ちは数時間。毎晩ホテルで充電するのはもちろんだが、1日中使い続けたい人はエネループなどの補助電源をもて行くのもよいだろう。Wi-Fiルーターのレンタルは他の携帯電話レンタル社も開始しており、スマートフォンユーザーは「海外に行くときはWi-Fiルーターを借りていく」ようにするといいだろう。今度のゴールデンウィーク、海外に行く予定のある人はさっそく活用してみてはいかがだろうか?
成田空港などにカウンターのあるテレコムスクエア。オンライン申し込み後、宅配またはカウンターで受け取ることも可能

中国向け(左)とアメリカ向け(右)のWi-Fiルーター。中国向けはPocket WiFiの同系端末だ


山根康宏
著者サイト「山根康宏WEBサイト」

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

【世界のモバイル】の記事をもっとみる
話題騒然のiPad、日本での販売方法はどうなる?
SIMフリーの海外スマートフォンが日本で使える日が来た
ブレイク必至!今後のトレンド「mini」スマートフォンってなんだ
第二の黒船となるか!iPadが変える携帯電話の売り方

ソニー・エリクソン公式 Xperia(エクスペリア)ガイドブック (日経BPパソコンベストムック)
戸田覚&アバンギャルド
日経BP出版センター
売り上げランキング: 65

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…