iPadを視野に入れたか!電子書籍バリアフリー化に向けWord用アドインを無償で提供


2010年は「国民読書年」であり、国内外において電子書籍・電子出版に関する動きが活発になってきている。実は、文書が適切なフォーマットで電子化されることにより、紙媒体の活字図書の読書が難しい人のバリアが軽減される可能性があるのだ。

DAISYコンソーシアム、財団法人日本障害者リハビリテーション協会およびマイクロソフト株式会社は、電子書籍のバリアフリー化への取り組みで協力し、多くの電子書籍や学習教材に採用されているファイルフォーマット「DAISY(デイジー)」形式の文書を、Microsoft Wordで作成できるWordのアドインソフトウェア(日本語版)の無償提供を2010年4月6日より開始した。

DAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会およびマイクロソフトは協力して、多くの人が電子媒体による書籍や教材の利点を享受でき、学習や趣味に役立てられるよう取り組みを推進していくとしている。

■誰でも簡単!電子書籍向けの文章作成
「DAISY」フォーマットで作られた文書は、文章を音声で読み上げたり、読まれている文章をハイライト表示させることができたり、世界中で視覚障碍(しょうがい)や読字障碍のある子どもの学習にも広く利用されている。しかしこれまでは「DAISY」フォーマットの文書を作成するためには専門の知識が必要で、専用の編集ソフトウェアを使用する必要があった。

今回無償提供を開始したアドインソフトウェア「DAISY Translator」をWordにインストールすることにより、専門知識を必要とせずに、飛躍的に短い作成時間で「DAISY」の文書を作成することができるようになる。このアドインソフトウェアは日本障害者リハビリテーション協会のWebサイトから無償でダウンロードすることができます。

これにより、特に視覚障碍や読字障碍のある子どもの教育の現場において、「DAISY」フォーマットの学習教材が容易に作成され、授業や家庭での学習に役立てられることを想定している。また、今後広く電子書籍が普及する際に、容易に電子書籍を作成するツールとして広く利用されることも想定している

■今回の取り組みについて
今回の取り組みについてのエンドースコメントは、以下のとおり。

国立国会図書館長 長尾 真 氏
「国立国会図書館では所蔵図書の電子化を進めており、全ての国民の知る権利が保障される読書のバリアフリー化を重要視しております。DAISYは国際的に開発と普及が進められているアクセシブルな情報フォーマットであり、今回の取り組みにより、多くの方の読書や学習の環境が改善されることを歓迎します。」

日本電子出版協会 会長 関戸 雅男 氏 (研究社 代表取締役社長)
「日本電子出版協会(JEPA)はWordのアドインソフトウェア「DAISY Translator」の提供など今回の取り組みを歓迎します。現在JEPAでは、米国の電子書籍標準化団体IDPFと共に、世界標準となりつつある EPUBの日本語要求仕様案を策定中です。EPUBとDAISYは密接な関係にあり、今後、縦書き、ルビなどのDAISYへの実装も視野に入れ、アジアの国々とも連携して標準化を推進しています。」

ISO/IEC JTC1 SC34/WG4(Office Open XML) 委員長 村田 真 氏
「DAISY Translatorの中心となるのは、国際規格ISO/IEC 29500(Office Open XML)に規定された適合性クラスTransitionalからDAISYへの変換です。DAISY自体も、ANSI/NISO Z39.86 という規格になっています。DAISY Translator日本語版を歓迎し、今後とも規格に準拠しつつ発展していくことを期待します。」

社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長 竹中 ナミ 氏
「プロップ・ステーションは20年にわたり、ICTを駆使してチャレンジド(障碍のある人)のスキルアップと就労を促進する活動を続けてきました。昨年よりは、DAISYの可能性に着目し、発達障碍のチャレンジド学生たちがDAISY図書製作技術を学ぶセミナーの支援活動を行っています。多様な障碍像のチャレンジドたちの社会参画と就労促進のため、DAISYがますます活用されんことを心から願っています。」

シナノケンシ株式会社 代表取締役社長 金子 元昭 氏
「シナノケンシは、1990年代のDAISYフォーマット策定段階から、DAISY対応機器をプレクストークのブランド名で開発・商品化を続けており、障碍のある方への読書環境の提供に努めてまいりました。当社は、今回のWordへのDAISY自動作成機能の提供を歓迎します。これにより、DAISYフォーマットによるアクセシブルな情報の制作が容易となるため、DAISY再生機等を用いてより多くの情報が広く利用されることを期待します。」


DAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会およびマイクロソフトは、このアドインソフトウェアを使っての「DAISY」の学習教材作成の講習会などの普及活動も、協力して行っていくとしている。

DAISYコンソーシアム(英文)
日本障害者リハビリテーション協会 DAISY研究センター
マイクロソフト アクセシビリティ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
際立つデザイン!ソニー、個人向けVAIOの新製品を発表
エンタメも快適!ASUS、ビデオ内蔵の高性能ネットブックを発表
2DのDVD映画を3Dに変換!画期的なPCソフトが登場
ワイヤレスで便利!テレビにパソコンの画面を映し出すマル秘アイテム

Wordのストレス解消読本 -Wordの「本当の」使い方教えます[2007/2003/2002対応]
西上原 裕明
技術評論社
売り上げランキング: 88865

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【知っ得!虎の巻】WordやExcelで作った書類を素早く印刷したい

業務の打ち合わせや会議などの場では、Wordで作った報告書や各種提出書類、Excelで作った表などを紙に印刷して利用する機会が多いだろう。最近では、形式的な書類はサンプルや書籍のかたちで提供されているので、手を加えずに印刷するだ…

【知っ得!虎の巻】Office 2007で作成したファイルが開けない

Windowsユーザーの中には、文書の作成にWord、表の作成にExcel、プレゼン資料の作成にPowerPointといった具合に、マイクロソフトのOffice製品を利用している人が多いのではないだろうか。そんなOffice製品を使って自宅で作成したファイ…

【IT革命児】WordやExcelを開発した天才は、宇宙旅行の夢もかなえた「チャールズ・シモニー」

現代のビジネスシーンでは、Officeソフトは必要不可欠なものとなっている。報告書や申請書などの書類作成にはWord系、経理や集計の表計算にはExcel系、企画書やプレゼンテーションにはPowerPoint系など、IT企業だけでなく一般企業におい…

【気になるトレンド用語】出版革命のキンドル(Amazon端末)って何?-iPodの成功を電子書籍で

電子書籍は次世代の本として期待されて久しいサービスです。電子書籍は既存の書籍のデジタル化や携帯小説のようにデジタルからはじまり紙の書籍化されるものまで身近で話題の多い分野ですが、まだ普及しているとは言えないサービスです…

まだ間に合う!ネットブックでも使える「年賀状作成サイト」【知っ得!虎の巻】

いよいよ今年もカウントダウンが近づいてきた。ネット上には、年賀状を作成してくれるサイトがある。こういったサイトでは、年賀状のデザインもビジネス向けに利用できる落ち着いたデザインから個人用に使えるかわいいイラストが入った…