iPhoneや3D映像に対応!映画館並みの大画面を手軽に見られるアイテム


シネックスは2010年3月31日、ドイツCarl Zeiss社製の3D対応iPod/iPhone向けのビデオアイウェア「cinemizer plus(シネマイザー プラス)」の発売を開始した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、5万4,800円(税込み)。

■迫力の大画面とサウンドを実現
cinemizer plusは640×480の高解像度に対応し、約2メートル先にある45インチのディスプレイを視聴するのと同等の、迫力の画面を楽しむことができる。

ピント調節機能(-3.5Dから+3.5Dまで)により、普段メガネを使用している人でも裸眼にてクリアな映像を観ることが可能だ。さらに、ビルトインイヤホンによる臨場感溢れるサウンドを満喫できる。

■3Dゲームや3D映画を手軽に体験
cinemizer plusのもうひとつの魅力が3D映像を手軽に楽しめる点だ。
cinemizer plusはサイド・バイ・サイド方式による3D動画の再生に対応しており、手持ちのiPod/iPhoneやDVD、Blu-Ray、3D対応のゲームなどに接続すれば、いつでも3D映像※を体験することができる。

フル充電の状態から約4時間再生可能な大容量バッテリーを内蔵しているので、長時間の移動や旅先でも快適に映像を楽しむことが可能だ。
※3D動画を視聴する際には、再生機の出力またはコンテンツ側の作成フォーマットがサイド・バイ・サイド方式に対応している必要がある。

製品情報
シネックス

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■モバイル関連の記事をもっとみる
値下げで勝負に出たか!ASUS、ノートパソコンの価格変更
auスマートフォン「IS series」スペシャルサイトの開設
写真で見よう!QWERTYキー搭載のWindows phone「IS02」
写真で見よう!Android搭載スマートブック「IS01」

iPhone HACKS! 楽しんで成果を上げるハイセンス仕事術
小山龍介
宝島社
売り上げランキング: 11292

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…