誰もが驚愕の映像!3Dテレビ「3D VIERA」が美しい理由【最新ハイテク講座】


東京国際フォーラム ホールB7において、パナソニックの3Dテレビ「3D VIERA」の全貌がついに明らかとなった。来場者は別室に設けられた試写室にて、「3D VIERA」による3次元の映像を視聴することができた。あまりにリアルな3D映像に、誰もが驚きを隠せないといった反応であった。
時代は3Dへ!パナソニック、次世代の3Dテレビと3D対応レコーダーを発表

パナソニックでは「3D VIERA」を4月23日より発売する予定。価格はオープンプライスだが、市場想定価格は54型が53万円前後、50型が43万円前後の見込みだ。

一般の液晶テレビに比べて高価格だが、価格に見合う高画質な3次元映像を実現しているというメーカーの自信が伝わってくる。

これほどの高画質な3次元映像は、どのような技術で実現できたのだろうか。今回は、かつてない臨場感を実現した「3D VIERA」にフォーカスしてみた。

■美しい3D映像!フル・ブラックパネル
3D映像を実現する技術はいくつかあるが、パナソニックが「3D VIERA」で採用した3D技術は「フレームシーケンシャル方式」と呼ばれるものだ。

フレームシーケンシャル方式は、左眼、右眼、交互に再生される映像を、専用シャッターメガネを通して見る方式である。視差による奥行き感を脳が認識し、3D映像が楽しめるという仕組みだ。

3D映像の表示には、左眼、右眼用の映像を、従来の2D表示の2倍となる1/120秒で交互に表示する必要があり、このため表示ディスプレイには「高速表示レスポンス」が求められることになる。

プラズマディスプレイは、元来、インパルス発光方式で、応答が速い特性を持っており、この点で3D表示に有利な特性をもつ表示デバイスと言えるのだ。

この特性を活かし、さらに高画質の3D表示を目指して開発したのが、「3D VIERA」でも採用されている3D対応「フル・ブラックパネル」というわけだ。

●クリアな3D映像が楽しめる秘密
3D表示の高画質化において、重要になるのが「2重像」の処理だ。「2重像」というのは、残像による左右映像の重なりのことだ。
右眼、左眼用のそれぞれの映像が高画質でも、交互の表示の残像で左右映像が重なりあって見えるようなことがあれば、せっかくの高画質も台無しとなってしまう。

また、この2重像は、黒レベルを調整し黒く塗りつぶしてしまうことで見えなくする手法もあるが、この場合には、暗部の微妙な色や明るさの違いが表現出来なくなってしまう。

「3D VIERA」は、高速応答表示の特性を持つプラズマディスプレイの特長を活かし、さらに、短残光の新「高密度蛍光体」や、新発光制御により、2重像を抑えたクリアな映像を実現した。

短残光の新「高密度蛍光体」
「高密度蛍光体」は、プラズマパネルを光らせている正体だ。
パナソニックは、大幅な発光効率の向上により、蛍光体の残光時間を従来品の約3分の1まで短くすることで、残光の少ない発光を実現した。

これにより、残光時間を短くした新発光制御とあわせ、3D映像でも、キレのよいクリアな映像を表示することができる。さらに、短残光蛍光体により、2D、3D表示を問わず、一層精細感の高いくっきりしたキレイな映像を楽しむことができる。

「残光時間を短くした新発光制御」
プラズマパネルは時分割発光で、従来「暗」「明」の順序で発光させていた。今回、大幅な発光効率の向上により、「明」「暗」の順序で発光させることに成功。これにより、一画面の表示において、残光は、「最大輝度からの残光」「最小輝度からの残光」となり、残光時間の大幅な低減を実現した。

■「3Dグラス」で2重像をさらに低減
「3D VIERA」に同梱のアクティブシャッター方式「3Dグラス」にも、美しい3D映像を実現できた秘密がある。
「3Dグラス」は、プラズマテレビの発光と「レンズ部」の開閉タイミングをシンクロさせ、パネルが発光していない間は「めがね」のシャッターを閉じる。

発光にあわせた「3Dグラス」のシャッターの開閉動作により、不要光をカットすることで、2重像を低減するというわけだ。


「3D VIERA」は、3D対応「フル・ブラックパネル」と「3Dグラス」の両面から2重像を低減し、クリアな3D映像を実現できたというわけだ。

「VIERA」製品情報
パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

最新ハイテク講座をもっとみる
そこが知りたい!最新CPU Core i5/i3がスゴイ理由
電池切れにさよなら!充電しないで使える「燃料電池」
速いだけじゃない!高い互換性を持った「USB3.0」の秘密
マイクロソフトが本気になった! コンテンツ強化されたWindows phoneの凄さ

【エコポイント対象商品】 Panasonic VIERA 32V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ TH-L32X1-K ディープブラック
パナソニック (2009-02-01)
売り上げランキング: 21070
おすすめ度の平均: 4.0
4 ベーシックな機能が一通り揃ったモデル

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【アキバ物欲】パソコンの高速化からテレビ化まで!Vista対応周辺機器特集

2007年1月31日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)が発売された。同社が販売するコンシューマー向けのOSとしては、Windows XPの発売以来5年ぶりのOSとなるだけあり、パソコンユーザーの反響も大きく、パソコ…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【ケータイラボ】二つのアンテナで感度アップ!どこでもワンセグ放送を楽しめるパナソニック「P903iTV」

パナソニックのケータイでワンセグ放送対応の「P903iTV」が発売になった。去年の3月にドコモの"ワンセグケータイ"の第一弾として登場したのが「P901iTV」。約1年を経てのパナソニック端末第2弾の登場である。■本格派ワンセグケータイ…