どこがスゴイのか?ついに発売された次世代OS「Windows 7」【ハイテク講座】


マイクロソフトは、Windowsシリーズの最新版となる「Windows 7」の発売を2009年10月22日より開始した。東京 秋葉原をはじめ、一部の地域では22日0時から深夜販売を行ったが、マイクロソフトから正式発表によると売れ行きは好調のようだ。

Windows 7はユーザーから指摘されたWindows Vistaの不満点を解消し、より快適で信頼性の高いOSへと進化しているが、「いったい、どこがスゴイのか?」と思っている人もいるだろう。

そこで今回は、これから導入する人やパソコン初心者のためにWindows 7の機能にフォーカスしてみた。

■3つの機能に注目
マイクロソフトは、「Your PC, simplified(あなたとPCに、シンプルな毎日を。)」をコンセプトに、Windows 7の開発にあたった。Windows 7を使えば、毎日の作業はもっとシンプルに、そしてユーザーのやりたいことがもっと簡単にできるようになる。

Windows 7で注目すべき機能は、次の3つに分類することができる。

1.できることを、簡単に。
Windows 7を導入すると、日ごろの作業がより速く、簡単になるというものだ。

たとえば、Windowsサーチでスタートメニューの検索ボックスに検索したいキーワードを入力するだけで、パソコンの中に保存されているドキュメント、電子メール、楽曲を素早く検索することができる。

いつも利用するファイルはジャンプ リストに追加することで 2クリックでいつでも開くことができるようになる。
スナップ機能を使って、ウィンドウを画面の端にドラッグするだけで、ウィンドウの最大化や整列ができ、使いやすいウィンドウのサイズもすばやく変更することができる。

Webブラウジングがもっと簡単になる。Webスライスを使うと、ニュース、株式情報、オークション、天気情報、スポーツの結果などのさまざまな更新情報を確認するために、何度もサイトにアクセスする必要がなくなるのだ。

ネットワークがよりわかりやすく、使いやすくなっている。ホームグループで、ホーム ネットワーク上のWindows 7マシンとつながって、写真、音楽、ファイルだけでなくプリンターにも接続することができる。さらに、パソコンとつなげられるWi-Fi、ブロードバンド、ダイヤルアップ、VPNなどを簡単に見つけ、接続することができる。


2.やりたいこと、軽快に。
Windows7は、パソコンのパフォーマンスを向上するように設計されているので、より速く、より安全で、そして信頼性の高い環境を構築することができる。Windows 7が搭載されたパソコンなら、やりたいことがより軽快にできるようになるのだ。

Windows7は、スリープと再起動から素早く起動するように設計されているし、指示に対する応答がより早くなっている。

インターネットにつなげる以上、セキュリティ対策は大切だ。InternetExplorer 8のSmartScreenフィルターは、データ、プライバシー、ID を危険にさらしてコンピューターや重要データが損なわれる原因となるマルウェアや悪意のあるソフトウェアが不注意からインストールされてしまうことを防止してくれる。

新しいOSだと、互換性も気になるところだろう。Windows 7は、Windows XPで動作していた多くのプログラムを WindowsXP Modeを使って動作させることができる。


3.新しいこと、目の前に。
Windows7を使うと、スムーズでシンプルなやり方で、簡単に新しいことを体験し、楽しむことができる。

Windows Media Centerを使えば地上デジタル、BSデジタル、CSデジタルのデジタル 3波放送が視聴することができる。外出先からでもリモートメディアストリーミングによって自宅のPCに保存した写真や音楽、ビデオに簡単にアクセスすることも可能だ。

リモート再生を使えば、パソコンに保存された音楽やビデオが簡単にネットワークデバイスにストリーミング配信できる。たとえば、ルーターを経由してパソコンのハードディスクに保存したビデオを液晶テレビに映し出すことも可能となる。

Windows 7は、Direct X11テクノロジーによってハッと息をのむようなリアルなゲームを体験できるようになっている。

Windows 7は、ユーザーにパソコンの快適な作業環境を提供してくれるばかりか、液晶テレビと繋がったり、今までにないリアルなゲームで遊ぶことができるようになる、そんなOSなのだ。


システム要件
CPU:1GHz以上
メモリー:1GB以上 (64bit版:2GB以上)
ハード ディスク:16GBの空きスペース (64bit版:20GBの空きスペース)
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0 以上のドライバーで稼動する DirectX 9 対応グラフィクス デバイス

Windows 7 製品情報
マイクロソフト

■もっとパソコン関連の記事をみる
互換性も万全だ!ハリーポッターを上回る予約数を記録した「Windows 7」が発売
光学式ポインターを搭載!極小ボディの新モバイルPCが登場
不要ソフトをサクサク整理!「プログラムの追加と削除」を高速表示
豪華なゲストが登場するイベント直前情報! いよいよ今晩、Windows 7が販売へ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】買うならどっち?初めてのデジタル一眼

昨年9月に発売されたCanonのEOS Kiss Digital Xと、同年12月に発売されたNikonのD40と、現在人気の2台のエントリーモデルを比較してみた。キヤノンのEOS Kiss Digital Xは、デジタル一眼レフブームの火付け役になったEOS Kiss Digital…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【アキバ物欲】ショップブランドに魅力あり!Vista搭載パソコン特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。Vistaは、同社が5年ぶりにパソコン市場へ投入するOSであるので、パソコンユーザーの中には、Vistaの登場を待ち望んでいた人も多いであ…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【アキバ物欲】パソコンの高速化からテレビ化まで!Vista対応周辺機器特集

2007年1月31日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)が発売された。同社が販売するコンシューマー向けのOSとしては、Windows XPの発売以来5年ぶりのOSとなるだけあり、パソコンユーザーの反響も大きく、パソコ…