ゲリラ豪雨も予測できるか!富士通、「世界最速クラスのCPU」への挑戦【CEATEC JAPAN 2009】


「SPARC64 VIIIfx」300mmウェーハ(拡大)


富士通ブースでは、「世界最速クラスのCPU」コーナーにおいて開発中の世界最速CPU「SPARC64 VIIIfx」についてのプレゼンテーションが来場者の注目を集めていた。
「SPARC64 VIIIfx」300mmウェーハ

「SPARC64 VIIIfx」は、これまでサーバ向けCPUとして開発してきたSPARC64シリーズの特長を受け継ぎつつ、ペタスケールコンピューティング向けに開発されたCPUだ。
左が「SPARC64 VII」、右が「SPARC64 VIIIfx」

富士通は「SPARC64 VII」を搭載したスーパーコンピューター「FX1」を宇宙航空研究開発機構(JAXA)に納入し、納入当時は実行効率が91.2%と世界一だったが、2007年にNECのスーパーコンピューター「SX-9」に世界最速の座を奪われた。

45nmプロセスで生産され、約2cm角のダイ上に現行の「SPARC64 VII」の2倍となる8つのコアと5MBの共有L2キャッシュとともにメモリコントローラを内蔵する。

アーキテクチャーはSPARC-V9に独自のHP向け命令セット拡張となる「HPC-ACE」となる。ピーク性能は、演算性能が[email protected]ソケット※、64GB/sメモリープット。消費電力は58W(TYP、摂氏30度)。

担当者は「スパコン向けに独自の機能を持っています。(現在は予測が難しい)ゲリラ豪雨も予測可能になるかもしれません。」とのこと。

「SPARC64 VII」は2012年以降の製品化を目処に、現在さまざまな評価が進められている段階そうだ。同CPUの登場により現在よりも緻密な気象観測が可能となり、生命科学の謎を解明する科学の最前線でも活躍することが期待されている。

富士通

ITライフハックがブログでもオープン

■もっとCEATEC JAPAN 2009の記事をみる
折りたたみ式で2画面を実現!10.1型ワイド液晶ノートパソコン
type Xよりも薄いVAIOも?自在に曲がる有機ELディスプレイ
さらば電池切れ!KDDI、燃料電池内蔵ケータイ
手で触れるくらいの迫力!ソニー、迫力の液晶テレビ「3Dブラビア」
ため息が出る美しさ!東芝、次世代テレビ「CELLレグザ」を初披露
3D映像技術も展示!最先端IT総合展「CEATEC JAPAN 2009」を開催

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】モバイルノートPCでもVistaが動作!富士通のタブレットPC「LOOX P70U/V」フォトレポート

富士通の「LOOX P70U/V」は、Windows Vistaを搭載し、ワンセグ放送も受信できるタブレットPC。本体サイズは232×167×34.5mm※のA5ファイルサイズで、重さは約997g※と、携帯性に優れたマシンに仕上がっている。価格は、富士通ショッピング…

【アキバ物欲】インテル vs AMD!最強4コアCPUの真実 - アキバの″神様″こと、インテル天野氏が語る

2007年5月26日(土)、秋葉原のPCショップ"TSUKUMO eX."において、「インテル最強Quadイベント in ツクモ 天野伸彦氏が語るQuadの世界(おまけ+)」と題されたプレゼンテーションが行われた。タイトルからもわかるとおり、アキバの"神…

【気になるPC】重さ580gのモバイルノートPC!小さくても本格派な 富士通「LOOX U」

富士通は2007年6月12日、本体約580gの世界最小コンバーチブル型Ultra Mobile PC(以下UMPC)「LOOX U」の個人向け発売を開始した。「LOOX U」は、インテルの"Ultra Mobile Platform 2007"を採用したUMPC(Ultra-Mobile Personal Computer…

【気になるトレンド用語】学歴詐称の危険もあったサイバー大学の現在と今後

サイバー大学で本人確認を怠るという問題が発生し、学長が謝罪されたことでも、今話題となっています。一般の大学と異なり株式会社というサイバー大学は、そもそもどういう大学なのでしょうか。今回は"サイバー大学"が、どのようなとこ…

【最新ハイテク講座】一家に1台のスパコンを実現したPS3のCPUパワーの秘密

ソニーが2006年11月11日に発売したPLAYSTATION3(PS3)は、ハイエンドなグラフィックスを楽しめる次世代ゲーム機だ。そんなPS3は「Cellプロセッサー」と呼ばれる高性能な中央演算処理装置(CPU)を搭載していることから、ゲーム以外の用…