お風呂で満天の星空を眺めてストレス解消!「ホームスタースパ」【大人の物欲 08夏特集】


現代はストレス社会と言われて久しい。通勤ラッシュや職場での人間関係をはじめ、家族や家庭の悩みなど何かしらのストレスにさらされている。ストレスは度を超すと、うつ病など健康を害するケースもある。ストレスと上手に付き合うことは、現代社会の生活術に一番大切なことでもある。

一般にストレス解消法といえば、海や山へレジャー、スポーツなどがあるが、休日は家でゆっくりしたいというインドア派の人もいるだろう。そういう人にお勧めなのが家庭のお風呂で星空が眺められる「ホームスタースパ(HOMESTAR Spa)」だ。
※試作機であるため、製品版と異なる部分もある

■ホームスタースパが誕生するまで
ホームスター(HOMESTAR)シリーズとは何なのか。ホームスタースパはどのように誕生したのだろうか。

●ホームスターってなに?
「ホームスター」は、できる限り本物の星空を家庭で楽しんでもらうことを目指し、「世界で最も先進的なプラネタリウム」としてギネスでも認定された「メガスターII - Cosmos」の製作者である大平貴之氏との共同開発により誕生した。

今回の「ホームスタースパ」は、「ホームスターPRO」、「ホームスターPURE」に続くホームスターシリーズの4代目にあたる最新モデルだ。


●ホームスタースパ誕生物語
都会では、夜間照明やネオンなどの影響により夜空の明るさが増したことで星が見えなくなる「光害(ひかりがい)」が進んでいる。田舎に行くと星がきれいに見えるのは、空気がすんでいることもさることながら、周囲が暗いからだ。

そんな星空の美しさをひとりでも多くの人に家庭のお風呂で体験してほしいという願いを込めて開発されたのがホームスタースパだ。業務用プラネタリウムにある惑星の投影機能などは備えていないが、誰でも手軽に楽しめるように作られている。

本体は外形寸法が約210×210×140mm、重さが約750g(乾電池を外した状態)、消費電力が焼く2.8W。単三アルカリ乾電池×3本で約3.5時間の連続駆動が可能。使用温度は10度〜45度(湯温)。
写真1「ホームスタースパ」のセット内容写真2「ホームスタースパ」を組み立てた状態


■ホームスタースパで癒されてみよう
ホームスタースパでリラックスできるか。実際に実験してみよう。

●星空を投影する準備
ホームスタースパは、防水加工が施された本体の内側から投影フィルムをライトで照らし、そのフィルムの映像を天井や浴槽の中に投影する仕組みだ。
具体的な手順を示せば、下記の3ステップとなる。

1.フィルムカバーの内側に好みの投影フィルムを取り付ける
2.本体に電池を入れ、フィルムカバーを装着する
3.本体をリング状スタンドに装着し、本体下部の電源スイッチを入れる

ホームスタースパは異空間の雰囲気を楽しむことを目的としているので、ピント調整機能は付いていないが、誰でも手軽に楽しめるように操作がわかりやすく作られている。

ホームスタースパにはタイマー機能が内蔵され、電源をオンにしてから約20分間放置すると、自動的にオフにしてくれる。電源スイッチを入れ直せばライトは再び点灯するが、約20分後には再びオフになり、タイマーを解除することはできない。


●使ってみよう
まずリング型スタンドを開いた状態で湯船に浮かべれば、天井に投影ができる。リング型スタンドを開いた状態で本体を上下逆さにして湯船に浮かべると、お風呂の中に投影することができる。さらにリング型スタンドをくの字型に折ると、浴室の床や棚に本体を置いて天井や壁に投影が可能だ。
写真3 リング型スタンドを開いた状態で、湯船に浮かべた状態写真4 リング型スタンドをくの字型に折ると、本体を床に置いて壁に投影できる


ホームスタースパには、「バススター(BathStar)」「ローズバス(RoseBath)」「ディープブルー(DeepBlue)」という3種類の投影フィルムが付属されている。

バススターは星空をイメージした投影フィルム。天井に投影すると、ニューカレドニアの7月の星空が再現され、オープンバス気分を楽しめる。
写真5「バススター」を投影してみた

ローズバスはバラ風呂をイメージした投影フィルム。お風呂の中に投影すれば、目にも鮮やかなバラ風呂の気分を満喫できる。
ディープブルーはゆったりとした海をイメージした投影フィルム。天井に投影すると、あたかも自分が海底にいるかのような気分を楽しめる。お風呂の中に投影すれば、海に浸っている気分を満喫できる。
写真6「ローズバス」を壁に投影してみた写真7「ディープブルー」を浴槽に投影してみた

実際にホームスタースパを使ってみると、浴室が明るいと投影がはっきりと見えないことがわかる。これは電球で投影フィルムを照らしている機構上、仕方のないところだ。浴室が明るい昼間に使うにはツライものはあるが、夜、会社や学校から帰宅して夜ひとりで楽しむリラックスアイテムとして魅力ある商品に仕上がっている。

日頃の疲れを自宅で癒したい人は、ホームスタースパで星空とお風呂によるリラクゼーションを楽しんでみるとよいであろう。


製品名:セガトイズ「ホームスタースパ」
希望小売価格:7,140円(税込み)
実売予想価格:5,500円前後(税込み)

ホームスタースパ
セガトイズ


■こちらもオススメ!大人の物欲 最新ニュース
音を作る喜びを味わえる「アナログシンセサイザー」
氷を使わずに美味しいアイスクリームをつくる!アウトドアでもOKな「くるりんアイスクリン」
歌を忘れたカナリアに歌を教える「鳥オルガン」
手のひらの熱で動く?スターリングエンジン
ニンテンドーDS Lite vs PSP!テレビを見るならどっち? - ワンセグ比較 編
【大人の物欲】記事バックナンバー

編集部:関口哲司

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】お風呂で使える!防水ケータイ「F703i」

「F703i」は、お風呂やキッチンなどの水まわりでも安心して使える防水ケータイ。厚さ17.9mmのコンパクトデザインで、1mの水深に30分間放置しても浸水しないIPX 7等級に加え、全方向からの水の噴射を受けても本体内部に浸水しないIPX 5…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…

【デジカメ調査室】光学3倍ズーム搭載で乾電池駆動のコンパクトデジカメ「LS75」

「LS75」は、720万画素CCDと「トリプルブレ補正」を搭載し、乾電池駆動のコンパクトデジタルカメラ。2月9日より発売を開始し、カラーバリエーションはシルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、2万5,000円前後の見込…

【カオス通信】神フィギュア誕生はいつだ!超人気☆美少女グレンラガン″ヨーコ″を予測せよ

今回はフィギュアについて書いてみます。題材として取り上げるのは、何かと話題のTVアニメ『天元突破グレンラガン』です。4話で作画が崩壊したとか、mixi炎上で取締役辞任とか、違った意味でも注目されておりますが、作品自体は普通に…

【ケータイラボ】お風呂でテレビや通話が楽しめる!ウォータープルーフ・ワンセグ「W52CA」

■濡れても大丈夫なケータイはありがたい多機能で便利になったケータイだが、まだ困ることは多い。例えば、水洗いをしたりして手が濡れているときに電話がかかってきたときだ。そのまま電話にでることはできないので、手を拭いてから電話…