【モバイル通信の実力チェック】屋外でもADSL並みの高速通信!″SoftBank Connect Card C01SI″を徹底検証


"モバイル通信の実力チェック"は今回で4回目を迎えるが、今までの実地検証より、外出時のデータ通信は最大3.6Mbps※1のHSDPA通信サービスが実際も高速であることがわかった。通信速度は、アクセスポイントの混み具合で大きく変化するため、あくまでひとつ目安に過ぎないが、イー・アクセスの"EM・ONE"が最速1.67Mbps、NTTドコモの"FOMA M2501 HIGH-SPEED"が最速2.28Mbpsを記録した。

そんなHSDPA通信サービスをソフトバンクモバイルも提供しているので、今回は同サービスを利用できるデータ通信カード"SoftBank Connect Card C01SI"※2でパフォーマンスを検証した。
写真:ソフトバンクモバイルのHSDPA通信対応データ通信カード"SoftBank Connect Card C01SI"
※1 通信速度は、下りが最大3.6Mbps、上がりが最大384kbps
※2 評価版であるため、製品版とは異なる場合がある

■"SoftBank Connect Card C01SI"の特徴と通信エリア

ソフトバンクモバイルの"SoftBank Connect Card C01SI"は、下り最大3.6Mbps※1高速データ通信サービス"3Gハイスピード"対応の通信カードだ。同サービスに未対応のエリアであれば、W-CDMAによる下り最大384kbpsや、64Kデジタルデータ通信による下り最大64kbpsを利用する方法もある。

"SoftBank Connect Card C01SI"は、CFカード型なので、PCカードが使えるパソコンだけでなく、CFカードスロットを搭載した一部の携帯情報端末(PDA)でも使用可能だ。PCカードスロットを備えたノートPCでは、付属のPCカードアダプターにカードを装着して、PCカードスロットに差し込むだけで良い。
写真:"SoftBank Connect Card C01SI"は、CFカード型なので、対応のPDAでも使用できる

通信エリアは2007年4月現在、国道16号線内の首都圏と東海・名古屋市および周辺の主要都市、静岡市(清水区は除く)となっている。"SoftBank Connect Card C01SI"は、日本国内専用カードであるので、"SoftBank Connect Card VC701SI"のように、海外のサービスエリアでの使用はできない。

ノートパソコンで"SoftBank Connect Card C01SI"を使用するためには、デバイスドライバを組み込まなければならないが、付属CD-ROMのセットアッププログラムを使用すれば、画面の指示に従うだけで、通信に必要なデバイスドライバの組み込みからダイヤルアップ接続に使用する「ソフトバンク コネクトカード ユーティリティ for C01SI」までを自動的にインストールしてくれる。デフォルトで設定済のアクセスインターネットを利用するのであれば、プロバイダとの契約手続きなしで、インターネットへ接続できる。
写真:付属CD-ROMによるセットアップ画面

■通信エリア・実際の速度チェック

測定点は今までと同様に、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba、新宿アルタ前、六本木ミッドタウン、汐留、三鷹駅の5箇所で、下りの通信速度を計測した。

表1.測定ポイントでの通信速度
測定ポイント1回目2回目3回目4回目
新宿アルタ前1.65Mbps1.75Mbps1.75Mbps1.76Mbps
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba1.47Mbps1.49Mbps1.5Mbps1.49Mbps
六本木ミッドタウン1.41Mbps1.46Mbps1.38Mbps1.35Mbps
共同通信社ビル前(汐留)0.35Mbps0.38Mbps0.38Mbps0.38Mbps
世界連邦平和像前(三鷹)1.45Mbps1.53Mbps1.48Mbps1.53Mbps


受信感度は、「ソフトバンク コネクトカード ユーティリティ for C01SI」のアンテナの本数で確認できる。アンテナバーが1本以上あれば、通信が可能であり、今回はすべての測定点で最高感度(アンテナ4本)であった。
写真:「ソフトバンク コネクトカード ユーティリティ for C01SI」の画面

■HSDPA対応エリアなら快適 - 通信プランを考えて

通信結果を見れば明らかであるが、新宿アルタ前では、1.65〜1.76Mbpsと、ほかの測定点に比べて高速な通信ができた。時間帯によっては、"FOMA M2501 HIGH-SPEED"のように2Mbpsを超えたかもしれない。共同通信社ビル前(汐留)は、0.35M〜0.38Mbpsの通信速度しか出ていないが、これは測定ポイントがHSDPA通信ではなく、W-CDMA(下り最大384kbps)のサービスエリアだったのではないだろうか。
写真:新宿アルタ前

今回の測定では、共同通信社ビル前(汐留)を除いた測定点で、快適な通信速度が得られた。1Mbps以上の通信速度があれば、フラッシュ動画が掲載されているサイトでも、ストレスなく見られるパフォーマンスがある。実際に、いくつかのニュース系サイトをWebブラウズしてみたが、いずれのサイトもまるで自宅にいるかのごとく、スムーズな表示に驚いた。

"SoftBank Connect Card C01SI"には、定額料金プランがないので、通信のデータ量に応じた従量課金となる。ソフトバンクモバイルでは、年間の割引や無料通信料の異なる複数の料金プランを用意している。「ソフトバンク コネクトカード ユーティリティ for C01SI」を使用すれば、パケット数を確認できるので、自分の利用状況に応じたプランをさがしてみると良いだろう。
写真:「ソフトバンク コネクトカード ユーティリティ for C01SI」では、設定により、契約の通信プランに応じた通信料金の表示ができる

■これもオススメ!最新モバイルニュース
【モバイル通信の実力チェック】PHS高度化通信の限界に挑戦!W-OAM typeG対応通信カード"AX530IN"を徹底チェック
【モバイル通信の実力チェック】ついに夢の2Mbps超え!高速通信カード"FOMA M2501 HIGH-SPEED"を徹底チェック
【モバイル通信の実力チェック】高速・低コスト!ブロードバンド端末 "EM・ONE"は、本当に高速か?
モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート
超!!薄いケータイ、ソフトバンクの708SCを買ってみた

SoftBank Connect Card C01SI
ソフトバンクモバイル

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コ…