【気になるトレンド用語】陰陽師が″レッツゴー″ってなんだ?愉快痛快「レッツゴー!陰陽師」の謎


最近、インターネットを見ていて「レッツゴー!陰陽師」という意味不明?摩訶不思議な言葉を目にしたことはないでしょうか?

陰陽師といえば、原作・夢枕獏、野村萬斎や伊藤英明が出演している"安倍晴明"を描いた映画を思い浮かべる人もいるでしょうが、インターネットで話題になっている陰陽師は、それとはちょっと違うようです。

実は「レッツゴー!陰陽師」は、人気ゲームのなかのプロモーションビデオなんです。でも、どうしてゲームのなかの映像が、ネットで人気や話題になったのでしょうか?

さて、今日は、その謎をひもといてみましょう。

■「レッツゴー!陰陽師」とは?

「レッツゴー!陰陽師」は、もともと2006年5月に発売された「豪血寺一族」シリーズのゲームに収録されたプロモーションビデオ(以下、PV)で、いわゆる特典映像、はやい話が"オマケ"です。

この曲は、同シリーズのゲーム『新豪血寺一族 闘婚 -Matrimelee-』、『新豪血寺一族 −煩悩解放−』のステージBGMとして使用されています。内容は、陰陽師である「矢部野彦麿(やべのひこまろ)」が、巫女の「琴姫」や3人の坊主ダンサーズと歌って踊る衝撃的なPVで、ゲームの中では脇役だった彼らが、PVでは見事に主役を張って踊りまくっています。

●「レッツゴー!陰陽師」のキャラクター
そもそもこの矢部野彦麿、ゲームでは格闘キャラクターとしては登場しません。主にゲーム進行上のキャラクターで地味な存在でしたが、BGMの「レッツゴー!陰陽師」は、ゲームプレーヤーの間では高い人気となっていたそうです。

●「レッツゴー!陰陽師」のブレイク
当初はステージBGMだった「レッツゴー!陰陽師」ですが、『新豪血寺一族 −煩悩解放−』から一定の条件をクリアすると表示されるボーナスPVとして登場し、そこから人気に火がついたようです。

さらに、YouTubeを経由して「ニコニコ動画(β)」にPVが掲載されるやいなや、同サービスがアクシデントで一時閉鎖されるまでの約1ヶ月半に、再生回数200万回以上を記録、ネットで大きな話題となりました。再開された「ニコニコ動画(γ)」サービスでも、いまだに高い人気を誇っています。

ちなみに「ニコニコ動画」で人気を博した背景には、制作者が「大勢の人に楽しんでもらえたから」と著作権に関する問題について、黙認的な対応を取ったことが大きいと評価されているようです。

●「レッツゴー!陰陽師」のCD化
「レッツゴー!陰陽師」は、「ニコニコ動画」管理元であるdwangoと正式契約を結ぶことで、着うたサイトでの配信を開始します。また、ノイズファクトリーがフルコーラスバージョンのサウンドトラックCDを通販したところ、大量の注文が殺到するに至り、一般店でも販売することになりました。

■豪血寺一族とは?

対戦格闘ゲームながら、ラスボスを含む、登場する全ファイターが血縁関係にあるという特徴をもつゲームです。

●どんな種類がある?
・豪血寺一族
・豪血寺一族2
・豪血寺一族外伝 最強伝説
・グルーヴ オン ファイト 豪血寺一族3
・新豪血寺一族 闘婚 -Matrimelee-
・新・豪血寺一族 煩悩解放

●人気の秘密はカルト性?
登場するファイターが血縁関係といだけでも十分"濃い"わけですが、初期作品に人気イラストレーターの村田蓮爾氏がデザイン参加していたことも、カルト的な人気を呼ぶ要因となっているようです。

●歌にこだわる電波的な音楽性
音楽、とくにBGMへのこだわりが特徴的で、田中敬一氏が作曲するBGMは、一部を除いてほぼ歌が入っています。ゲームを盛り上げる迫力あるものから、一歩間違えば電波ソングに間違われるようなものまで、とにかく壮大な曲が多いようです。

■CD情報

「新豪血寺一族 −煩悩解放−」
商品番号:DPCD-1001(CD)+DPBA-1001(DVD)
発売元:ドワンゴミュージックパブリッシング
販売元:ダイキサウンド
価格:¥2,800(税込)
発売日:2007年4月18日(水)


■こちらもオススメ!気になるトレンド用語
"○"じゃない!とっても怖いマルウェアってなに?
いまさら聞けない?初心者のためのツンデレ
コレなくしてネット長者になれない!SEOの秘密とは
イタイ?楽しい?あなたの知らない"腐女子(ふじょし)生活"
電光石火のゼロデイ攻撃!防御は可能なのか?

ニコニコ動画(γ)
新・豪血寺一族 −煩悩開放− レッツゴー!陰陽師 PV - YouTube

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【アキバ物欲】超便利アイテムも登場! 携帯電話グッズ特集

携帯電話の春モデルが各社から一斉に発表された。携帯電話は、今や私たちの生活に必要不可欠なアイテムとなっているとおり、年を追うごとに多機能化している。本体機能の高機能化にあわせて、携帯電話のサプライメーカーも、携帯電話を…

【デジカメ調査室】縦置きスタイルも登場!新PowerShot 2機種発表へ

キヤノンは、PowerShotシリーズの新製品として、光学手ブレ補正付きの光学10倍ズームを搭載した「PowerShot TX1」、光学手ブレ補正付き光学4倍ズーム搭載の「PowerShot A570 IS」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、オ…