【気になるPC】世界初!これがVista対応の″SideShow″搭載ノートPC「W5Fe」


ASUSTeK Computer Inc.(以下、ASUS)は2007年3月9日(金)、都内 六本木のクラブ「ROPPONGI FLOWER」において、ノートパソコンの新製品の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界で初めてWindows Vista対応の"SideShow"を搭載した「W5Fe」、プロフェッショナルのためのスリムノートPC「U1F」、ランボルギーニとのコラボレートモデルの第2弾となる「VX2」、最高級の本牛革ノートPC「S6F」の4機種。いずれの製品もOSはWindows Vistaを搭載する。

■"SideShow"を搭載した「W5Fe」など4種類の新製品

初のWindows Vista対応の"SideShow"を搭載「W5Fe」
「W5Fe」は、世界初のSideShow搭載ノートパソコン。SideShowとは、Windows Vistaで使う補助ディスプレイで、Wondows Vistanの"SideShowガジェット"というソフトウェアを利用することができる。SideShowガジェットは、一般ユーザーの開発環境も用意されており、Windows Vista標準搭載のものだけではなく、ユーザー自身が作成することもできるため、多様で便利なガジェットが登場すると期待されている。

ノートパソコンにSideShowが搭載してある場合、パソコンがスタンバイ状態であっても、携帯電話のようにスケジュールやメール受信などの情報を確認することができる。その際、ユーザーはノートパソコンを起動することなく、会議のスケジュール、電話番号、住所、最近の電子メール メッセージを確認できるため、利便性の向上や時間とバッテリの節約に繋がると期待されている。

写真:世界初のSideShow搭載ノートパソコン「W5Fe」

発表会では、実機によるSideShowのデモンストレーションを行なったが、まだ試作機ということもあり、動作を確認できたのは、ミュージックプレーヤーやPCの状態(バッテリー残量)などの一部の機能に限られた。

写真:SideShowのミュージックプレーヤー
写真:SideShowのPCの状態

主なスペックは、CPUがインテルのモバイル用デュアルコアプロセッサであるCore 2 Duoプロセッサー T5500を採用し、チップセットがモバイル インテル 945GM Express+インテル ICH7-M、1GBのDDR2 SDRAM、1GバイトのDDR2 SDRAM、
約80GBのハードディスクを内蔵する。そのほかの特長としては、無線LAN、Bluethooth、マイク、130万画素カメラ、8in1メモリカードリーダーなどの機能を備える。

ピアノ調塗装の薄型ノートPC「U1F」
「U1F」は、高級感あふれるピアノ調塗装の薄型コンパクトノートパソコン。ピアノ調の塗装をほどこしたLCDカバーと、革張りのパームレストが大きな特長となっている。パームレストは、キーボードを打つ際、常に手のひらから手首が触れるため、使えば使うほど革がなじみ、味が出てくるという。

写真:薄型コンパクトノートパソコン「U1F」

液晶画面に使われているバックライトには、LEDを採用。LEDは、従来のノートパソコンに使われている冷陰極管と比べて発光効率が高く、同じ明るさをより少ない電力で実現できる。またインバーターが不要なため、省スペースや軽量化が可能なため、より薄型・軽量な本体のノートパソコンを提供することができたという。さらに、水銀や不活性ガスを使用しないため、環境にもやさしい製品となっている。

本製品には、専用の外付け光学ドライブが同梱される。U1F側にはUSB端子の隣に電源供給用の専用端子があるため、専用ケーブルを利用することでスマートに接続ができる。光学ドライブは、スーパーマルチドライブを採用しており、DVD±Rの2層書き込みにも対応している。

ランボルギーニ社とのコラボモデル第2弾「VX2」
「VX2」は、スーパーカーで知られる自動車メーカーのランボルギーニ(Lamborghini)とのコラボレートモデルの第2弾。先に発売されているVX1 Golden Editions同様、現時点での最先端技術と、高い品質、洗練されたデザインなどを採用し、最高を目指して完成させた同社の自信作であるという。

写真:ランボルギーニとのコラボレートモデル第2弾「VX2」

VX1 Golden Editionで採用されたアルミニウム合金を使用した4層塗装のイエローモデルのほかに、5層構造のカーボンファイバーをLCDカバーに採用したカーボンブラックモデルを新たに用意。軽量なだけでなく優れた耐衝撃性も備え、立体感を備えた高級感あふれる外装を実現している。パームレストは、2モデルともに革張りで、高級感とフィット製を高めている。

写真:「VX2」のパームレスト

最高級の本牛革コンパクトノート「S6F」
「S6F」は、最高級の本牛革コンパクトノートパソコン。2006年にグッドデザイン賞を受賞した革張りのコンパクトノートパソコン「S6F」の強化製品で、S6F優れたデザインをそのままに、CPUやメモリーを大幅にパワーアップさせた。一般的なノートパソコンは、使えば使うほど汚れが目立ち、見ためが古くさくなってくるが、S6Fmの場合には、使えば使うほど革がなじみ、味が出てくる新しいスタイルのノートパソコンとなっている。

最高級の本牛革コンパクトノート「S6F」

革は本牛革を使用し、本体の天板部分と、もっとも手に触れやすいパームレスト部分に使用している。職人が一つ一つ手作りで仕上げられているよいう。天然の革を使用するので、1台として同じデザインの製品が存在存在しないことも特徴となっている。

■世界第6位のシェアを目指す - ASUS ケビン・ドゥー氏

ASUSは、世界でもトップクラスの開発チームを誇る企業で、資本金1,220億円で1989年に創設された。従業員は、2007年3月現在、まもなく10万人に到達しようとしている。同社の海外拠点は35箇所。同社の2005年度連結決算は、1USドル=110円換算で売上高1兆2,100億円。2006年度は、1兆7,600億円の見込み。本年度は、2兆6,000億円を目標としている。

写真:ASUS 売上げ推移

ASUSの製品ラインナップはマザーボードやビデオカード、光学ストレージなどのコンポーネントから始まり、現在ではデスクトップベアボーンシステム、サーバー、ノートパソコン、携帯情報端末(PDA)、ネットワークデバイス、ブロードバンド機器、携帯電話にまでおよぶ。

製品戦略としては、マザーボードやグラフィックスカードなどの「コンポーネント(Component)」、サーバーやノートパソコンの「コンシューマーエレクトロニクス(Consumer Electronics)」、PDAや携帯電話、ワイヤレスLANなどの「コミュニケーション(Communications)」という3つの意味を込めた「3C インテグレーション プロダクト ストラテジー」を掲げている。2005年度のマザーボード総出荷数は5,200万台で、世界総生産台数の1/3を占めているが、ノートパソコンにも注力していく。

写真:「3C インテグレーション プロダクト ストラテジー」の説明

日本を統括するケビン・ドゥー氏は、「ASUSブランドのノートパソコンは、2006年度の出荷実績で全世界270万台、本年度の目標は450万台。昨年度の世界シェアは、第三四半期でNECを上回り、第8位となった。今年は、ソニー、NEC、アップルよりも高い、世界第6位のシェアを目指す」と、ノートパソコン市場における目標を述べた。

写真:ASUS ケビン・ドゥー氏

同社は今後、「3C インテグレーション プロダクト ストラテジー」を提供するプロバイダとして、新しい時代に対応する製品とサービスラインナップを提供していくとしている。

■これもオススメ!ASUS関連記事
デザインも性能もセレブ! ランボルギーニの名を受け継ぐ贅沢なノートPC
気品とエレガンス!使い込みたくなる本革張りモバイルノート「S6F Leather Collection」
[新製品]ASUS、Windows Vista向け機能を搭載するVista Editionマザー
ASUS、OCでFSB2,296MHz/メモリクロック1,300MHzを記録! Intel P965搭載ハイエンドマザー「COMMANDO」
[新製品]ASUS、牛革張りのVista搭載ハイスペックノートPC「W6Fp」

ASUS

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows …

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…