ヴィレヴァン店員のアイデアが商品化! 「おにぎりアイデアグランプリ」受賞作が本日から「ほんのり屋」で販売スタート




株式会社 JR 東日本クロスステーション フーズカンパニーが展開するおむすび処「ほんのり屋」は、農林水産省が展開する「ニッポンフードシフト」の推進パートナーとして、おにぎりから日本の食や農の課題について考えるきっかけづくりを推進するプロジェクトに参画。5月13日からは株式会社ヴィレッジヴァンガードと農林水産省の連携企画「おにぎりアイデアグランプリ」の 3 つの受賞作品を商品化順次販売をスタートしました。
■ヴィレバン店員が考案したおにぎりが商品化!


「おにぎりアイデアグランプリ」では全国のヴィレッジヴァンガード店員からおにぎりのアイデアを募集。98もの作品が集まったということです。その中から今回商品化されたのが名古屋のモーニング文化から影響を受けた「小倉むすび」、見た目もかわいい「国産鶏のオムライスむすび」、バジルの香りが食欲をそそる「焼きサバのバジルむすび」の3つです。ほんのり屋では、発案者の思いを形にするため試作を重ねて商品化を実現したということです。



バターライスであんこをむすび、きな粉をまぶした「小倉むすび」。ほんのり屋ではあまいおにぎりの販売はこれが初めて。無塩バターだと旨みが出ないと、有塩バターを採用しました。



ひよこの表情作りにもこだわったというのが「国産鶏のオムライスむすび」です。開発者の一人が目の位置にもこだわったということ。冷めてもおいしいチキンライスが玉子シートで包まれたおにぎりです。

そして「焼きサバのバジルむすび」。ほんのり屋では初めてバジルを使ったそう。焼サバとバジルがご飯によく馴染んでいるのが特徴です。

Suica等の交通系電子マネーで税込1,000円以上購入すると、ヴィレッジヴァンガードオリジナルデザインのクリアファイルのプレゼントキャンペーンも実施。また、SNSキャンペーンも同時開催ということです。

共有する

関連記事

【気になるトレンド用語】ネットの自分で変身!アバターってなに?

ブログやセカンドライフなど、ネット上でよくみかけるようになったかわいいキャラクター"アバター"。ところでこれって何に使うんでしょう。アニメっぽいキャラクターや3Dのキャラクターまでありますが、何に使うのかというと、あれ、よ…

仲間も、ネット起業も、コストダウンも手に入るレンサバのマネタイズ【デジタルネイティブと企業】

インターネットで買い物したり、やニュースや人の日記を読んだり、動画や写真を見たりと、すっかり身近となったインターネット生活。一人で楽しむだけなら、企業が提供しているブログ・SNS・ネットオークションなどのサービスを利用すれ…

レンサバでマネタイズへの第1歩 どうやって登録するの【デジタルネイティブと企業】

インターネット時代の今、レンタルサーバを上手に活用すれば、既存のブログやSNS、ネットショップ出店などのサービスを利用するより、すくない費用で自分だけのいろいろなネットビジネスやネット活動ができることがわかりました。では、…

ネットで稼ごう計画!野望その1 レンサバ移行術

インターネットの普及により、ちょっとしたアイデアとガッツがあれば、少ない時間と労力で成功をつかめる時代がやってきた。なかでもレンタルサーバーは、うまく利用すれば誰でも自分のホームページやブログ、通販サイトまで持てるので…

暮らしが便利に!3社がデジタルライフ推進協会を設立

株式会社アイ・オー・データ機器と株式会社デジオン、株式会社メルコホールディングスのPC周辺機器関連3社は2010年2月1日、地上デジタル放送への移行やパソコンでのテレビ視聴など、新たな視聴形態を「デジタルライフ」と位置づけ、利用者…