丸亀製麺の“技”と株式会社 TOKIO の“力”で生まれた共創の一杯!豚汁だけど、豚汁じゃない『俺たちの豚汁うどん』


株式会社丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、株式会社TOKIOの松岡昌宏さんと共同開発をした『俺たちの豚汁うどん』を2022年11月29日(火)より全国の丸亀製麺にて期間限定で販売する。また、共に構想を練った株式会社TOKIOの3名が出演する新TVCM丸亀製麺「誕生!俺たちの豚汁うどん」篇 予告を11月26日(土)から11月28日(月)の3日間、11月29日(火)からは丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇も全国(一部の地域を除く)で放送開始する。

『豚汁だけど、豚汁じゃない。手づくりできたてのうどんに最高に合う、他にはない味わいを目指し誕生した『俺たちの豚汁うどん』。こだわりが詰まったこの冬の新たな自信作を、ぜひご賞味いただき心も身体も芯から温まってください。 』

■きっと驚く、うどんに最高に合う唯一無二のおいしさ『俺たちの豚汁うどん』
昨年の秋、期間限定商品として販売し、今年の夏に再復活となるほど人気となった『トマたまカレーうどん』に次ぐ、丸亀製麺と株式会社TOKIO松岡さんが共同開発をおこなった共創の一杯がこの冬に新登場。その名も『俺たちの豚汁うどん』。

寒い冬に食べてほしい、「これが豚汁?」と驚くような、最高にうどんに合う「豚汁」をつくりたいという想いで商品開発を進めました。丸亀製麺のうどんへのこだわりと技、そして松岡さんならではのアイデアと知識が合わさったうどんに最高に合う一杯が、約一年の構想期間を経て完成した。

うどんに最高に合う味わいの決め手は、特製味噌だし。コク・甘み・旨みを感じられるよう厳選しブレンド。具沢山の野菜や豚肉の旨みが味噌と合わさり、コクと甘さ、そして濃厚な香りを味わえる。さらに、味づくりに欠かせない隠し味としてコチュジャン、オイスターソースを加え、濃厚で深みのある味わいに仕立てました。もちもち食感の茹でたて麺に濃厚な特製味噌だしがしっかり絡み合う一杯だ。

『仕上げに、白胡椒をかけることで味が締まり、旨みがより引き立ちます。食べ進めるたびに身体の芯から温まる、寒い冬にもぴったりな『俺たちの豚汁うどん』をぜひご賞味ください。』

■新発見のおいしさ!『俺たちのニラバタ豚汁うどん』
刻み生ニラとまろやかなバターで味変を楽しめ、やみつきになる一杯。刻み生ニラは、お店でカットしているため、口に入れた瞬間にニラ特有の爽やかな香りが広がる。さらにシャキっとした食感も楽しめる。

『熱々の特製味噌だしにバターを溶かすことで、濃厚で芳醇な香りとまろやかさが加わり、コクがより深まり。少しずつ溶かしながら味の変化をお楽しみください。箸が止まらないほど、やみつきに!』



■豚汁だけど、豚汁じゃない『俺たちの豚汁うどん』

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・世界で最高のスープNo1に選ばれたタイ料理!「チェンマイカレーヌードル “カオソーイ”」
・クリスマス、年末年始も休まずオープン!「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」公開へ
・ラグジュアリーな車内で広島の幸を堪能!飲食ができる路面電車「TRAIN ROUGE(トラン・ルージュ)」【ひろしま エナジー旅体験ツアー】
・濃厚な味わいが特徴の広島県産牡蠣を銀座で堪能!ひろしまブランドショップTAU にて「かき祭り in TAU」開催
・広島の街に残る被曝遺産を地元ガイドと自転車で巡るピースツアー【ひろしま エナジー旅体験ツアー】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【アキバ物欲】元気はじける!キャナァーリ倶楽部、アキバでミニライブ&握手会

つんく♂プロデュースの新グループ“キャナァーリ倶楽部”は、2007年11月23日 都内 秋葉原UDXビルでミニライブ&コンサートを開催した。ライブは、「週アス 秋葉まつり」の目玉イベントとして、多くの観客でにぎわった。キャナァーリ倶楽部…

最高峰の逸品まで登場!「キーボード」へのこだわりを探る【最新口コミ モノ・トレンド】

パソコンのキーボードは、文字入力に欠かせないものというだけでなく、こだわりを持っている人も多い。パソコンコーナーには、さまざまな種類のキーボードが陳列されているのも、それだけ多くのユーザーがキーボードに対してこだわりを…

レグザの最高峰か!東芝、液晶テレビ「3Dレグザ」見参【CEATEC JAPAN 2009】

3次元映像が見られる液晶テレビ「3Dレグザ」東芝のブースでは、液晶テレビ「レグザ」の次世代モデル「CELLレグザ」をメインに展示。ブースの片隅にひときわ人が集まるコーナーを発見したので、人混みをかき分けて行ってみると、そこには…

ノートPCに朗報!パナ、業界最高容量の電池を量産へ

パナソニック株式会社は2009年12月18日、ノートパソコン等で使用されている18650サイズ(直径18mm 高さ65mm)のニッケル系正極を採用した3.1Ah高容量リチウムイオン電池(エネルギー密度675Wh/L)を開発し、本年12月より量産を開始する…

世界最高水準!東証、次世代株式売買システムを稼働

株式会社東京証券取引所は2010年1月4日、富士通株式会社の協力のもと、次世代株式売買システム「arrowhead(アローヘッド)」を同日より稼働させたと発表した。■市場競争力を強化「arrowhead」は、注文応答時間や情報配信スピードの高速…