ソニーが5Gスマホ「Xperia 5 II」のメーカー版「XQ-AS42」を9900円値下げで6万9300円に!256GBストレージ&デュアルSIM対応モデル



SIMフリーフラッグシップスマホ「Sony Xperia 5 II XQ-AS42」がさらに9,900円値下げで69,300円に!

ソニーマーケティングは18日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II」のメーカー版(SIMフリー製品)「XQ-AS42」(ソニー製)の価格(金額はすべて税込)を2022年11月18日(金)より改定したとお知らせしています。

同製品の価格はオープンながら市場想定価格およびソニーストアでの販売価格では発売時には115,000円で、その後、2021年7月に5,500円値下げ、2021年10月に9,900円値下げ、2022年1月に9,900円値下げされて89,100円となっていましたが、今回さらに9,900円値下げされて69,300円となっています。

すでにソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも販売されており、ヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpなどの主要販売拠点でも同様の値下げが行われており、量販店などでは1%と還元率は低いものの、ポイントバックも実施されています。

なお、Xperia 5 IIはNTTドコモ版「Xperia 5 II SO-52A」やau版「Xperia 5 II SOG02」、SoftBank向け「Xperia 5 II(型番:A002SO)」も販売されていましたが、Xperia 5 II XQ-AS42は内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB RAM+256GBストレージで、nanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応しています。


Xperia 5 II XQ-AS42はSonyブランドの「Xperia」シリーズにおける2020年後半のフラッグシップモデル「Xperia 5 II」のメーカー版で、映画のスクリーンの縦横比と同じ6.1インチシネマワイドディスプレイを搭載し、Xperia 1 IIとほぼ同等のカメラ機能を搭載しながらも小型化した製品となっており、日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。

主な仕様は約6.1インチFHD+(1080×2520ドット)有機ELおよびQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 865 5G Mobile Platform」、microSDXCカードスロット、4000mAhバッテリー、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、Wi-Fi 6、Bluetooh 5.1、NFC Type A/B、位置情報取得(GPSなど)、防水、防塵、約800万画素CMOSフロントカメラ、指紋認証など。


リアカメラはXperia 1 IIからToFカメラが省かれているものの、それ以外は同じで構成は以下の通りとなり、メインの広角カメラにはZEISS」レンズを採用し、T*コーティングによって反射を低減してクリアな撮影を実現することで被写体の微細な質感までを忠実に再現できるようになっているとのこと。これにより、光学3倍相当や画角124°のワイド撮影に対応しているほか、Photography ProやCinematography Proなどにも対応。

・1/1.7型の約1200万画素CMOS「Exmor RS for mobile」/広角レンズ(画角82°・焦点距離24mm相当・F1.7)、デュアルPDAF
・1/2.55型の約1200万画素CMOS「Exmor RS for mobile」/超広角レンズ(画角124°・焦点距離16mm相当・F2.2)、PDAF
・ 1/3.4型の約1200万画素CMOS/望遠レンズ(画角34°・焦点距離70mm相当・F2.4)、PDAF

サイズは約158×68×8.0mm(最厚部9.1mm)、質量は約163g、本体カラーはブラック、グレー、ブルー、ピンクの4色展開。携帯電話ネットワークは5G(NR方式)におけるSub6(6GHz未満の低周波数帯)のみに対応し、対応周波数帯は以下の通り。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご参照ください。なお、Xperia 5 II XQ-AS42は発売時よりAndroid 11をプリインストールしており、Android 12へのOSバージョンアップが提供予定となっています。

・Sony、新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」を発表!120Hz駆動6.1型有機ELや4K HDR 120fpsスローモーション撮影など。日本でも発売へ - S-MAX
・ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」のSIMフリーモデル「XQ-AS42」を日本で5月28日に発売!FeliCaやデュアルSIMに対応で11万5千円 - S-MAX
・5G対応の6.1型シネマワイドディスプレイ搭載フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」を写真で紹介!auとSoftBankでは10月17日発売【レポート】 - S-MAX
・120Hzの高リフレッシュレートディスプレイを手に入れた!ソニーの5G対応高性能スマホ「Xperia 5 II SO-52A」を写真で紹介【レポート】 - S-MAX

[5G]
NR: n77, n78, n79

[4G]
LTE: Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42

[3G]
UMTS: Band 1, 5, 6, 8, 19

[2G]
GSM: 850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz

ソニー Xperia5II / SIMフリースマホ / 【日本正規代理店品】 / 防水/防塵/Snapdragon 865 / ストレージ256GB / グレー/XQ-AS42 H
ソニー
2021-05-28

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia 5 II 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia 5 II(XQ-AS42) 購入 | Xperia スマートフォン | ソニー
・Xperia SIMフリーモデル買うならソニーストア 〜SIMフリーモデルなら、通信回線が自分で選べる〜|Xperiaでスマホ改革 ソニーストアが、はじめます! | Xperia スマートフォン | ソニー
・ヨドバシ.com - Xperia 5 III XQ-AS42 通販【全品無料配達】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…