ワイモバイル向けスタンダードスマホ「Libero 5G II A103ZT」におけるAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が一時停止



Y!mobile向けスタンダードスマホ「Libero 5G II A103ZT」のソフトウェア更新が一時停止!

ソフトバンクは22日、携帯電話サービス「Y!mobile」向け5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Libero 5G II(型番:A103ZT)」に対して2022年11月21日(月)より提供していたより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を停止したとお知らせしています。

同社では「確認すべき項目が検知」されたためとしており、ソフトウェア更新の再開については準備ができ次第、案内するとしています。なお、対象のビルド番号は「2.0.0_U」となっており、すでに更新した場合についての記載はないため、そのまま利用していて良いのだと思われます。


Libero 5G IIはSoftBankやY!mobileから販売されているZTEの「Libero」シリーズとして昨年11月に発売されたミッドレンジモデルで、同シリーズ初の5G対応製品となった前機種「Libero 5G(型番:A103ZT)」に続いて価格を抑えつつも防水・防塵やおサイフケータイ(FeliCa)に対応した5G対応のスタンダードスマホです。

ディスプレイはアスペクト比9:19.5の約6.5インチFHD+(1080×2340ドット)TFT液晶からアスペクト比9:20の約6.67インチ(1080×2400ドット)TFT液晶に大画面化・高解像度化し、さらにパンチホールも左上から中央に移動されています。パンチホール部分には約800万画素CMOS/広角レンズのフロントカメラが内蔵されています。



生体認証は顔認証には対応していませんが、指紋センサーを搭載しており、Libero 5Gでは背面にありましたが、Libero 5G IIは右側面の電源キー部分に内蔵されました。また新たにクイックスイッチアダプター(試供品)が同梱され、他社のスマホからでも手間なく簡単に乗り換えが可能となています。背面には以下のトリプルカメラを搭載。

・約1600万画素CMOS/広角カメラ
・約800万画素CMOS/超広角カメラ(画角118°)
・約200万画素CMOS/被写界深度カメラ

主な仕様はMediaTek製チップセット(SoC)「Dimensity 700」(オクタコアCPU「2.2GHz×4+2.0GHz×4」)および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、3900mAhバッテリー、急速充電(USB PD)、USB Type-C端子、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPSなど)、緊急速報メール、Wi-Fiテザリング(10台)など。

サイズは約169×78×8.8mm、質量は約200g、本体カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色展開。携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通りで、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)のスロットが1つに加え、新たにeSIMにも対応したデュアルSIMとなっています。その他の詳細な製品情報は『ソフトバンク、Y!mobile向け5Gスタンダードスマホ「Libero 5G II A103ZT」を発表!12月上旬以降発売。6.67型FHD+液晶やDimensity 700など - S-MAX』をご参照ください。

5G NR: n3, n28, n77(3.4GHz, 3.7GHz)
4G LTE: Band 1, 2, 3, 8, 41, 42
3G W-CDMA: Band I, II, IV, VIII
2G GSM: 900, 1800, 1900MHz

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Libero 5G II 関連記事一覧 - S-MAX
・Libero 5G IIをご利用中のお客さまへ 〜Android 12提供のお知らせ〜 / 2022/11/21|サポート情報|お知らせ|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
Libero 5G IIを購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)
Libero 5G IIを購入(eSIM)|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)
・【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…