サムスン電子ジャパン、Androidタブレット「Galaxy Tab S8+」を約8%、「Galaxy Tab S8 Ultra」を約33%値上げ!来年1月6日より順次



ハイエンドAndroidタブレット「Galaxy Tab S8+」と「Galaxy Tab S8 Ultra」が順次値上げに!

サムスン電子ジャパンは22日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8+(型番:SM-X800)」」および「Galaxy Tab S8 Ultra(型番:SM-X900)」(ともにSamsung Electronics製)のメーカー推奨価格を2023年1月6日(金)以降に順次改定するとお知らせしています。

改定後はGalaxy Tab S8+が約8%値上げ、Galaxy Tab S8 Ultraが約33%値上げとなるとされており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら現在、量販店やECサイトなどではGalaxy Tab S8+が127,050円、Galaxy Tab S8 Ultraが155,980円で販売されているため、Galaxy Tab S8+が137,200円前後、Galaxy Tab S8 Ultraがが207,500円前後となりそうです。

なお、同社では改定の理由として生産効率の向上や経費削減などを継続し、価格維持に努めてきたものの、昨今の世界的な原材料費や輸送費の高騰に加え、為替レートの円安基調に伴うとしており、引き続いてさらなる品質・サービスの向上に努めていくとしています。


Galaxy Tab S8+およびGalaxy Tab S8 Ultraは「Galaxy」シリーズにおける最新フラッグシップタブレットの上位モデルと最上位モデルで、日本では現時点ではベースモデル「Galaxy Tab S8」は販売される予定はありません。主な違いは画面サイズに伴う大きさや重さ、電池容量となっています。

各機種ともにSペンに対応し、Sペンは本体にマグネットで装着するだけで充電できるようになっています。また外観はアーマーアルミフレームによって外部の衝撃からあなたのタブレットを保護してくれ、Galaxyタブレット史上で最も薄くて強くなっており、超軽量でスリムなデザインでありながらも優れた耐久性を備えています。

製品Galaxy Tab S8Galaxy Tab S8+Galaxy Tab S8 Ultra
画面11インチTFT液晶
WQXGA(2560×1600ドット)
最大120Hz、276ppi
12.4インチSuper AMOLED
WQXGA+(2800×1752ドット)
最大120Hz、266ppi
14.6インチSuper AMOLED
WQXGA+(2960×1848ドット)
最大120Hz、240ppi
大きさ165.3×253.8×6.3mm185.0×285.0×5.7mm208.6×326.4×5.5mm
重さWi-Fi:503g
5G:507g
Wi-Fi:567g
5G:572g
Wi-Fi:726g
5G:728g
SoCSnapdragon 8 Gen 1(4nmプロセス製造)
CPU64bitオクタコア(3.0GHz Cortex-X2×1+2.5GHz Cortex-A710×3+1.8GHz Cortex-A510×4)
GPUAdreno 730
RAM8GB、12GB8GB、12GB8GB、12GB、16GB
内蔵ストレージ128GB、256GB128GB、256GB128GB、256GB、512GB
外部ストレージmicroSDXC(最大1TB)
電池容量8000mAh10090mAh11200mAh
背面カメラ1300万画素/広角
600万画素/超広角
(フラッシュ対応)
前面カメラ1200万画素/超広角1200万画素/超広角1200万画素/広角
1200万画素/超広角
指紋認証側面画面内画面内



また専用キーボード「2-in-1 Book Cover Keyboard」をワンタッチで装着でき、仕事をするときなどには取り付けるだけでタブレットを垂直に設置できるので、作業モードにさっと切り替えることができます。さらにGalaxy Tab S8シリーズをパソコン(PC)のサブディスプレイとして使えるようになっており、生産性が2倍に向上するということです。

共通仕様はWi-Fi 6E(IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠)やBluetooth 5.2、USB Type-C端子(USB 3.2)、急速充電「Super Fast Charging 2.0」(最大45W)、マイク×3、AKGによってチューニングされてクアッドステレオスピーカー、Dolby Atmos、加速度センサー、地磁気センサー、ジャイロセンサー、光センサー、ホールセンサー、位置情報取得(A-GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)、Android 12、OneUI 4.1など。

またカメラ機能は自動フレーミングによって被写体にピントが合わせ続けられるほか、Galaxy Tab Sシリーズ史上初の超広角カメラを搭載し、撮影した写真は大画面でそのまま編集することが可能です。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・Samsung、新フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8」および「Galaxy Tab S8+」、「Galaxy Tab S8 Ultra」を発表!日本でも発売へ - S-MAX
・新フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8+」と「Galaxy Tab S8 Ultra」を写真と動画で紹介!Tab Sシリーズは7年ぶり【レポート】 - S-MAX

Galaxy Tab S8+/グラファイト [Galaxy純正 国内正規品]SM-X800NZACXJP
by Galaxy
2022-04-21

Galaxy Tab S8 Ultra タブレット,256GB,14.6インチ/120Hz/画面内指紋認証 有機ELディスプレイ,11,200mAh,S Pen同梱,グラファイト
by Galaxy
2022-06-23

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Tab S8+ 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy Tab S8 Ultra 関連記事一覧 - S-MAX
・「Galaxy Tab S8+」「Galaxy Tab S8 Ultra」 メーカー推奨価格改定に関するお知らせ|Galaxyのプレスリリース
・Galaxy Tab S8+ & S8 Ultra (ギャラクシータブ S8+ & S8ウルトラ)|Galaxy公式(日本)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…