ソニーが5Gスマホ「Xperia PRO-I」と「Xperia 1 III」のメーカー版を最大1万8700円値下げ!PRO-IはVlog Monitorとセット購入で2万円還元




ソニーマーケティングは11日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応プレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia PRO-I」および「Xperia 1 III」(ともにソニー製)のメーカー版「Xperia PRO-I(型番:XQ-BE42)」と「Xperia 1 III(型番:XQ-BC42)」の価格を改定したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はソニーストアではこれまでXperia PRO-I XQ-BE42が198,000円、Xperia 1 III XQ-BC42が149,600円でしたが、Xperia PRO-I XQ-BE42が18,700円値下げされて179,300円、Xperia 1 III XQ-BC42が9,900年値下げされて139,700円となっています。なお、ソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも値下げされています。

またソニーストアではXperia PRO-I XQ-BE42と専用アクセサリー「Vlog Monitor(型番:XQZ-IV01)」(ソニーストアでの価格は24,200円)を同時購入すると20,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを同日より開始しています。キャンペーンは購入期間が2022年8月1日(月)23:59まで、応募期間が2022年8月8日(月)10:00まで。


Xperia 1 III XQ-BC42はXperia 1 IIIのメーカー版として昨年11月に発売され、先に発売されていたNTTドコモ版などと同様に日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、メーカーモデルではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、さらに新色「フロストグリーン」がラインナップされ、さらに内蔵ストレージも512GBとなっています。

一方、Xperia PRO-I XQ-BE42はXperia 1 IIIをベースにカメラ機能がさらに強化されたXperia PRO-Iのメーカー版として昨年12月に発売され、こちらもおサイフケータイ(FeliCa)やnanoSIMカードスロットが2つのデュアルSIM、512GB内蔵ストレージなどとなっています。なお、Xperia PRO-Iは日本ではメーカー版のみが販売されています。

・ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 1 III」のSIMフリー版「XQ-BC42」を日本で11月19日に発売!FeliCaやデュアルSIMに対応で15万9500円 - S-MAX
・ソニー、1型センサーカメラ搭載の5G対応プレミアムスマホ「Xperia PRO-I」を発表!日本でもSIMフリー版「XQ-BE42」が約20万円で12月15日発売 - S-MAX

更新中。

ソニー Xperia PRO-I/SIMフリー / 5G / Snapdragon 888 / 12GB・256GB (RAM・ROM) / バッテリー4500mAh / XQ-BE42
ソニー
2021-12-15

ソニー Xperia 1III / SIMフリー / 【日本正規代理店品】 / 5G / Snapdragon 888 / 12GB・512GB (RAM・ROM) / バッテリー4500mAh / フロストグリーン/XQ-BC42 G
ソニー
2021-11-19

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia PRO-I 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia 1 III 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia PRO-I&Vlog Monitor購入で20,000円キャッシュバックキャンペーン | Xperia(エクスペリア)公式サイト | Xperia スマートフォン | ソニー
・Xperia PRO-I(XQ-BE42) 購入 | Xperia スマートフォン | ソニー
・XQZ-IV01 購入 | Xperia スマートフォン | ソニー
・Xperia 1 III(XQ-BC42) 購入 | Xperia スマートフォン | ソニー
・Xperia スマートフォン | ソニー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…