ソニー、5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 5 III」を日本向けに発表!NTTドコモやau、SoftBankから11月中旬に発売予定。FeliCaに対応



新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 5 III」がdocomoとau、SoftBankから登場!

ソニーは30日、同社がグローバル市場向けに今年4月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III(エクスペリア・ファイブ・マークスリー)」を日本でも発売すると発表しています。

合わせて移動体通信事業者(MNO)のNTTドコモが「Xperia 5 III SO-53B」を、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」から「Xperia 5 III SOG05」を、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」から「Xperia 5 III」をそれぞれ2021年11月中旬以降に発売すると案内しています。

販路はドコモショップやauショップ、au Style、ソフトバンクショップ、量販店などのドコモ取扱店・au取扱店・SoftBank取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」などで、NTTドコモとauではすでに9月30日(木)10時より事前予約受付を開始しています。

なお、SoftBankでも後日、事前予約受付を実施する予定とのこと。また各社ともに価格については後日お知らせするとしています。NTTドコモおよびau、SoftBankから販売される日本市場向けXperia 5 IIIについては各機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、販売時にSIMロックはかかっておらず、SIMフリー製品となっています。

また発売を記念してソニーマーケティングが「Xperiaで好きを極める!体験クーポンプレゼントキャンペーン」( https://xperia.sony.jp/campaign/taiken-present/ )を実施し、NTTドコモおよびau、SoftBankのXperia 5 IIIもしくは「Xperia 1 III」、「Xperia 5 II」、「Xperia 1 II」を2022年1月10日(月)までに購入して2022年1月17日(月)10時までに応募した人にもれなく3つの特典をプレゼントします。

特典は画像処理サービス「Adobe Lightroom」の2か月間無料クーポンおよび音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」の3か月間無料クーポン、ゲーム「Call of Duty:Mobie」の5,000円相当ゲーム内ポイントとなっています。キャンペーンは対象機種を購入後に製品にプリインストールされているアプリ「Xperia Lounge Japan」で必要情報を入力して応募します。


Xperia 5 IIIは昨年発売されたXperia 5 IIの後継機種で、同様に120Hzリフレッシュレートや240Hzタッチサンプリングレートに対応したノッチやパンチホールなどの切り欠きのないアスペクト比9:21の縦長な約6.1インチFHD+(1080×2520ドット)有機EL「シネマディスプレイ」しています。

また新たにXperia 1 IIIと同じく世界初の可変式望遠ズームに対応したほか、残像低減技術「Motion Blur Reduction」によって240Hz相当のリフレッシュレートにも対応し、さらにソニーの映像制作用カメラやハイエンド映像制作機器のブランド「CineAlta」によってチューニングされた「Creator mode」や映像技術「X1 for mobile」にも対応したとのこと。

他にもディスプレイはDCI-P3 100%や10億色色調、ITU-R BT.2020(REC.2020)をサポートし、標準光源・色温度からホワイトバランスを選択できる設定が追加され、画面の色味を用途や好みなどに合わせて変更可能となっているため、D65に設定することで印刷した写真の色味をディスプレイで再現できるようになっています。


外観はXperia 5 IIを踏襲しており、ディスプレイを覆うガラスや背面パネルは「Corning Gorilla Glass 6」を採用し、サイズは約157×68×8.2mm、質量は約168g、本体カラーはフロストブラックおよびフロストシルバー、グリーン、ピンクの4色が用意され、NTTドコモとauでは4色ともに販売されますが、SoftBankではピンクがない3色のみが販売されます。

また背面は従来通りにSoftBankはメーカーモデルと同様に中央に「SONY」ロゴ、下部に「XPERIA」ロゴ、auではこれに加えて「XPERIA」ロゴの下に小さく型番「SOG05」が追加されているものの、「au」ロゴはなく、NTTドコモは中央に「SONY」、下部に「docomo」ロゴと「XPERIA」ロゴが記載されています。

主な仕様はチップセット(SoC)はQualcomm製のハイエンド向け「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」を搭載し、Xperia 5 IIが搭載するSnapdragon 865と比べてCPUが約25%、GPUが約35%高速となり、電力効率が約25%向上しています。また内蔵メモリー(RAM)は8GB LPDDR5、内蔵ストレージ(UFS)は128GB、外部ストレージはmicroSDXCカードスロット(最大1TB)とのこと。

バッテリーは容量がXperia 5 IIの4000mAhから4500mAhに増え、最短30分で50%充電できる急速充電(USB PD)や電池消費を抑えて電池持ちを良くする「STAMINAモード」などに対応し、Xperia独自の充電最適化技術と「いたわり充電」によって充電時のバッテリーへの負荷を軽減して3年使っても劣化しにくいバッテリーの長寿命化を実現します。なお、ワイヤレス充電(Qi)や他の機器をワイヤレス充電できる「おすそ分け充電」には非対応。


ソニーにレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズで培った技術を取り入れた動きに強い以下の構成のトリプルレンズカメラと被写体までの距離を瞬時に測定する3D iToFセンサーを搭載し、すべてのレンズカメラにはデュアルフォトダイオードセンサーを搭載して高速・高精度・高追従なコンティニュアスAFを実現しています。これにより、光学0.67〜4.4倍までに対応し、り被写体にクローズアップした撮影ができるなど、構図の自由度がさらに広がります。

・1/1.7型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」(1画素1.8μm)+広角レンズ(焦点距離24mm相当/画角82°/F1.7)
・1/2.9型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」+望遠レンズ(焦点距離70mm相当/画角34°/F2.3、焦点距離105mm相当/画角23°/F2.8)
・1/2.5型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」+超広角レンズ(焦点距離16mm相当/画角124°/F2.2)

加えてリアカメラすべてがデュアルPDAF対応かつZEISS(ツァイス)レンズ搭載で、階調、色再現、透明感、立体感、ぼけ味など、被写体の微細な質感までを忠実に再現するほか、T*(ティースター)コーティングによって画質低下の原因ともなるフレアやゴーストを最小限に抑え、クリアな描写を実現しています。またソニー独自のAIを活用し、デジタルズーム時の画質劣化を補正する「AI超解像ズーム」を新搭載し、遠くの被写体撮影時も美しい写真を残せます。Photography ProやCinematography Proにも対応。

フロントカメラはXperia 5 IIや「Xperia 5」などから据え置きで、1/4型の約800万画素CMOS(1画素1.12μm)/広角レンズ(画角78°・F2.0)となっており、顔認証には対応せず、生体認証としては側面指紋センサーを搭載しています。また防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)に対応し、USB Type-C端子(USB 3.1 Gen1)や3.5mmイヤホンマイク端子と搭載。OSはAndroid 11をプリインストール。

マルチメディア面ではDolby Atmosやハイレゾ音源、フルステージフロントデュアルスピーカー、360 Reality Audio、360 Spatial Sound、DSEE Ultimate、HSパワーコントロール、オーディオイコライザー、Qualcomm Snapdragon Elite Gaming、PS4リモートプレイ、DUALSHOCK4コントローラー、ダイナミックバイブレーションシステムなどに対応。

その他の仕様では位置情報取得がA-GNSS(GSP、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS)、無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(2.4および5.xGHz)、BluetoothはVersion 5.2に加え、NFC Type A/Bにも対応。携帯電話ネットワークは5G(NR方式)におけるSAおよびNSAをサポートし、nanoSIMカード(4FF)スロットが1つのシングルSIMモデルとなっています。

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Sony Xperia 5 III 関連記事一覧 - S-MAX
・ソニー株式会社 | ニュースリリース | 5Gプレミアムスマートフォン 『Xperia 5 III』を国内市場で発売
・報道発表資料 : 「ドコモスマートフォン Xperia 5 III SO-53B」を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
「Xperia 5 III SO-53B」のご予約・ご購入手続きについて | 販売情報 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
・au、ハイエンドスペックの撮影・音楽・ゲーム体験をコンパクトサイズに凝縮した「Xperia 5 III」を11月中旬以降発売 | 2021年 | KDDI株式会社
・“ソフトバンク”、トリプルレンズの高性能カメラを搭載した手のひらサイズの5Gスマートフォン「Xperia 5 III」を発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
・Xperia 5 III SO-53B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ
・Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー) SOG05 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・Xperia 5 III | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
・Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)| Xperia(エクスペリア)公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…