Amazon、15.6インチスマートディスプレイ「Echo Show 15」を発表!壁掛けやスタンドで縦・横向きどちらでも使用可能。価格は2万9980円



15.6インチスマートディスプレイ「Echo Show 15」が登場!近日発売で29,980円

Amazonは29日(現地時間)、同社のスマートディスプレイ「Echo Show」シリーズにおいて最大サイズの約15.6インチFHD(1080×1920ドット)ディスプレイを搭載した新商品「Echo Show 15」を発表しています。近く予約・販売開始される予定で、メールアドレスを登録すると予約開始をお知らせしてくれるとのこと。

合わせて日本法人のアマゾン ジャパンは29日、同社が運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( http://www.amazon.co.jp )にてEcho Show 15を後日発売予定だと発表しています。価格(金額はすべて税込)は29,980円で、1%(300ポイント)還元となっています。また専用スタンド(別売)も販売予定(価格未定)です。


Echo Show 15は15.6インチFHDディスプレイを搭載したAlexa対応のスマートディスプレイで、壁掛けや専用スタンド(別売)で設置して縦・横向きのいずれでも利用でき、一家のまとめ役として家族みんなの大切な情報や用事を整理したり、エンターテイメントを楽しんだり、離れて暮らす大切な人とつながることができるさまざまな機能を提供するということです。

また次世代の「Amazon AZ2 Neural Edge Processor」を搭載し、ホーム画面にコンテンツをローテーション表示できるほか、ウィジェット機能によって好きなようにカスタマイズできるように再設計され、家族と共有したいスケジュールの表示・更新、買い物リストへの追加・削除、やることリストの確認などが簡単に行えるほか、キッチンやダイニングに設置すれば、レシピを見ながら料理をすることもでき、ウィジェットは常時更新されるため、最新の情報を把握可能だとしています。



さらに利用者を登録することでEcho Show 15の前にその人が立つと、Alexaが認識してホーム画面が自動的に更新されてその人に合ったスケジュールやリマインダー、家族からのメモなどを表示することができる「ビジュアルID機能」にも対応し、ホーム画面のパーソナライズが可能となるなど、さまざまな新しいAlexa機能を順次提供予定となっているとのこと。

なお、Amazonでは何重ものプライバシー保護対策を用いてAlexaおよびEcho製品を設計しており、マイクやカメラのオン・オフボタンや内蔵カメラを覆うためのカメラカバーの搭載から音声録音の削除機能の提供までAlexaの利用における透明性及びコントロールが確保されているとし、ビジュアルID機能はオプション設定で利用の際は事前登録が必要となり、ビジュアルID機能用のプロファイルはEcho製品やAlexaアプリからいつでも削除できるようになっているということです。



主な仕様は約500万画素CMOSカメラやデュアル1.6インチ(40mm)フルレンジドライバー搭載スピーカー、Amlogic製チップセット(SoC)「PopcornA(Pop1)」(オクタコアCPU)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth、RGB周囲光センサー(ALS)、加速度センサーなど。

本体にはカメラカバーやマイク・カメラのオン・オフボタンが搭載され、音楽ストリーミングサービスや音声・ビデオ通話や、家電の操作(別売の対応機器が必要)、リモコン家電の操作(別売のスマートリモコンが必要)に対応しています。ただし、Echo Show 10が対応しているスマート家電の簡単セットアップには非対応。サイズは約402×252×35mm、質量は約2.2Kg。

【新登場】Echo Show 15 (エコーショー15) - 15.6インチフルHDスマートディスプレイ with Alexa、家族の情報共有もスマートに
Amazon
2024-12-31

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Amazon Introduces Echo Show 15 to Help Keep Families Organized, Connected, and Entertained | Amazon.com, Inc. - Press Room
・Amazon Newsroom - Amazon、家族みんなの情報共有に役立つスマートディスプレイ、「Echo Show 15」を発表

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…