モトローラ、エントリー向けSIMフリースマホ「moto g50 5G」を発表!日本で10月1日発売、価格は3万2800円。プレゼントキャンペーンも



モトローラから低価格なSIMフリースマホ「moto g50 5G」が登場!10月1日発売で32,800円

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は28日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおいて5G対応ながらも低価格なAndroidスマートフォン(スマホ)「moto g50 5G(モデル名:XT2149-1)」(Motorola Mobility製)を日本市場にてSIMフリー製品として発売すると発表しています。

発売日は2021年10月1日(金)を予定し、発売に先立って9月28日(火)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」では32,800円で、販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっています。

現時点ではMVNOではIIJmioやイオンモバイル、QTmobile、goo Simseller(OCN モバイル ONE)、NifMo、Fiimoなど、量販店ではエディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラなど、ECサイトではAmazon.co.jpやe-TREND、ひかりTVショッピング、murauchi.com、楽天市場などとのこと。

また1928年9月25日にアメリカ・シカゴで創業したMotorolaは今年で93周年を迎え、今回、この記念日を祝して「Who is Motorola? Twitterキャンペーン」を10月11日(月)までの14日間に開催し、同社のアンバサダーに就任している中田英寿氏が出演する動画コンテンツを閲覧してクイズに答えた人の中から抽選で5人にmoto g50 5Gをプレゼントします。


moto g50 5Gは購入しやすい価格帯ながらもしっかりと使える性能を備えたmoto gシリーズにおける最新機種で、チップセット(SoC)にMediaTek製「Dimensity 700」を採用して価格を抑えた5G対応ミッドレンジスマホで、90Hzのリフレッシュレートに対応したアスペクト比は9:20の縦長な約6.5インチHD+(720×1600ドット)IPS液晶「Max Visionディスプレイ」を搭載しています。

画面上部中央にしずく型ノッチが配置され、ノッチ部分に約1300万画素CMOS(1画素1.12μm)/広角レンズ(F2.0)のフロントカメラを搭載し、顔認証に加えて背面の「M」ロゴ部分に指紋センサーを搭載。画面占有率は85%で、サイズは約167×76.4×9.26mm(最薄部)、質量は約206g、本体カラーはメテオグレイ(型番:PAR70000JP)とテンダーグリーン(型番:PAR70001JP)の2色展開。






背面パネルはプラスチック製で、生活防水(IPX2)および防塵(IP5X)に対応。バッテリー容量は5000mAhで、急速充電(最大15W)に対応。ただし、同梱されているACアダプターは10Wまでのみに対応。外部接続はUSB Type-C端子(USB 2.0)および3.5mmイヤホンマイク端子を搭載し、外部スピーカーはモノラルで、マイクは2つ搭載しています。Google アシスタントキーも搭載。

リアカメラは以下のトリプル構成で、メインとなる広角カメラは4つの画素を1つにまとめて明るく撮影できるクアッドピクセルテクノロジーに対応し、さらにナイトビジョンモードに対応しているため、暗い場所でも鮮明で明るい写真を撮影できます。またマクロレンズでは自然の姿やミニチュアモデルなどの細部に2.5倍まで近づくことが可能です。

・約4800万画素CMOS(1画素0.8μm、4-in-1)/広角レンズ(F1.7)
・約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/マクロレンズ(F2.4)
・約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/デプスカメラ(F2.4)


主な仕様は4GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大512GB)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPSなど)、FMラジオ、加速度センサー、近接センサー、ジャイロセンサー、環境光センサー、SARセンサーなど。

nanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMモデルがあり、片方がmicroSDXCカードと共有となっています。携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通り。付属品はACアダプター(10W)、USB Type-C ケーブル、ヘッドセット、ケース、SIM取り出しピン、簡易取扱説明書などの紙類となっています。

5G:Sub-6GHz band n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78

4G:LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41/B42/B43/B66

3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8/B19

2G:GSM 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・moto g50 5G 関連記事一覧 - S-MAX
・「moto g50 5G」販売開始のお知らせ | モトローラ公式オンラインストア
・moto g50 5G | モトローラ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…