ソフトバンク、SoftBank向け5Gスマホ「AQUOS zero6」を発表!10月上旬予定、9月29日予約開始。eSIMやミリ波に対応



SoftBank 5Gスマホ「AQUOS zero6」が登場!eSIMとミリ波に対応

ソフトバンクは28日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS zero6」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2021年10月上旬以降を予定しており、発売に先立って2021年9月29日(水)10時より事前予約受付を開始します。

販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格は後日案内予定とのこと。

また発売を記念してSoftBankのAQUOS zero6発売日から2021年11月30日(火)までに購入し、購入した機種から2021年12月7日(火)までに専用Webページで応募した人にもれなく5,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントするキャンペーン( https://k-tai.sharp.co.jp/campaign/zero6cp/softbank/index.html )をシャープとソフトバンクが共同で実施します。

AQUOS zero6は同日にシャープから発表された5G対応スマホ「AQUOS zero6」のSoftBank版で、チップセット(SoC)に「Qualcomm Snapdragon 750G 5G Mobile Platform」を採用して価格を抑えながらも高い性能を備えているミッドハイレンジスマホです。詳細な製品情報は『シャープ、5G対応の新スタンダードスマホ「AQUOS sense6」を発表!6.1インチIGZO有機ELと4570mAhバッテリーでより電池持ちが良く - S-MAX』をご覧ください。

本体カラーはSoftBankではブラックおよびホワイト、パープルの3色がラインナップされ、本体には引き続いて「SoftBank」ロゴや型番はなく、背面の中央に「AQUOS」ロゴ、下部に「SHARP」ロゴが記載されています。なお、現時点でAQUOS zero6はauからも取り扱いが発表されていますが、auではパープルがなく、ミリ波にも対応していません。

最大通信速度は測定中とのこと。またAQUOS zero6はnanoSIMカード(4FF)スロットに加え、eSIMにも対応していることがシャープから発表されましたが、SoftBankのAQUOS zero6もきちんとnanoSIMカードとeSIMのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。

携帯電話ネットワークの対応周波数帯は5Gのn3およびn28、n77、n78、n257、4GのBand 1および2、3、4、5、7、8、12、17、18、38、41、42となっています。その他、連続通話時間は約2060分、連続待受時間は約610時間、充電時間は約130分(USB Type-C PD対応ACアダプター利用時)。

なお、総務省のガイドラインによって今年10月以降は原則としてSIMロックは禁止となりますが、すでに各社では先行して新製品についてはSIMロックをかけずに発売しており、SoftBankでもAQUOS zero6についてSIMロックはかかってないSIMフリー製品として販売するということです。

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・SHARP AQUOS zero6 関連記事一覧 - S-MAX
・“ソフトバンク”、世界最軽量の5G対応スマートフォン「AQUOS zero6」を発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
・5G対応スマートフォン「AQUOS zero6」をソフトバンク株式会社の“ソフトバンク”より発売|ニュースリリース:シャープ
・AQUOS zero6 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
・AQUOS 2021 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…