2021年夏・最新高性能スマホのカメラで撮り比べ:人物編!Xperia 1 IIIやAQUOS R6、Galaxy S21 Ultra 5G、OPPO Find X3 Pro、Mi 11 Ultra、iPhone 12 Pro Max【レビュー】



各社ハイスペックモデルのカメラ性能を徹底比較!第3回目は人物の写真を比較

2021年夏までに発売された各社フラッグシップモデルといえるハイエンドスマートフォン(スマホ)のカメラ撮り比べ連載の第3回目のテーマは「人物」だ。

今回の企画で利用した6機種のスマホの紹介や、各機種の搭載カメラおよび標準カメラアプリの解説は第1回の「UI/風景編」を参照いただきたい。なお、第2回は「花」と「食べ物」をテーマに撮り比べてみたのでそちらも併せてご覧いただきたい。

・2021年夏・最新高性能スマホのカメラで撮り比べ:UI/風景編
・2021年夏・最新高性能スマホのカメラで撮り比べ:花/食べ物編

【各機種で人物のテスト撮影】

今回の人物撮影は、他のレビュー記事でも度々モデルとして登場してもらっている有里彩(ありさ)さんに協力してもらった。やや暗い屋内とあまり環境は良くないが、ポートレートモードでの背景のボケみがわかりやすいよう背景と奥行のある場所で撮影した。

全身写真と、バストアップほどは寄らずに上半身が収まるように近付いて撮影した写真を紹介する。Xperia 1 IIIは「BASIC」(標準)モードのみ、その以外の機種は背景をボカした撮影モードを使って撮影した。なお、すべての画像はクリック(タップ)で拡大表示する。

・Xperia 1 III


全身と上半身寄り

・AQUOS R6


全身。標準(画像=左)、背景ぼかし(画像=右)


上半身寄り。標準(画像=左)、背景ぼかし(画像=右)

・Galaxy S21 Ultra 5G


全身。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)


上半身寄り。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)

・OPPO Find X3 Pro


全身。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)


上半身寄り。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)

・Mi 11 Ultra


全身。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)


上半身寄り。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)

・iPhone 12 Pro Max


全身。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)


上半身寄り。標準(画像=左)、ポートレートモード(画像=右)

一見するとそれほど差がないようにも見えるが、色味の違いはもちろん、機種によっては標準モードとポートレートモードでカメラが切り替わり、画角の違いが見受けられるものもある。また、背景のボケみもほとんどの機種が撮影前に手動でコントロールできるため、デフォルト(初期値)で撮影したもののみを掲載している。

Xperia 1 IIIとAQUOS R6以外の機種は、ポートレートモードへの切り替え操作はほぼ同じで、できあがる写真のイメージもしやすい。この辺りの機種と比較すると、やはりXperia 1 IIIやAQUOS R6は独特なカメラアプリやカメラの仕様であることが気になる。

【セルフィーのテスト撮影】

本連載は基本的にリアカメラの標準モードでの撮り比べだが、今回はフロントカメラによるセルフィー(自分撮り)でも比較をしてみたいと思う。上記で紹介したリアカメラのポートレートモードも現在では既に標準機能化しているが、フロントカメラもポートレートモードが標準機能となってきているため、フロントカメラでの操作画面と実際に撮影した写真を紹介していく。

・Xperia 1 III


「Photography Pro(フォトグラフィ プロ)」のBASICモードでの自撮り画面(画像=左)、BASICの標準モードで撮影(画像=右)

・AQUOS R6


自撮り画面(画像=左)、「写真」モードで撮影(画像=右)

・Galaxy S21 Ultra 5G


カメラアプリの画面。「写真」モード(画像=左)、「ポートレート」モード(画像=右)


「写真」モードで撮影(画像=左)、「ポートレート」モードで撮影(画像=右)

・OPPO Find X3 Pro


カメラアプリの画面。「写真」モード(画像=左)、「ポートレート」モード(画像=右)


「写真」モードで撮影(画像=左)、「ポートレート」モードで撮影(画像=右)

・Mi 11 Ultra


カメラアプリの画面。「写真」モード(画像=左)、「ポートレート」モード(画像=右)>


「写真」モードで撮影(画像=左)、「ポートレート」モードで撮影(画像=右)

・iPhone 12 Pro Max


カメラアプリの画面。「写真」モード(画像=左)、「ポートレート」モード(画像=右)>


「写真」モードで撮影(画像=左)、「ポートレート」モードで撮影(画像=右)

自撮りもほとんどの機種でボケの調整ができ、他にも美白効果や肌を滑らかにするビューティ機能などを搭載する。そうした機能はすべてデフォルトのままで撮影したが、ボケみや肌の滑らかさの強弱は幅広く調整できるため、ここに掲載した写真はあくまでも一例だと認識してほしい。

それにしても、ボケみもかつての機種では不自然さが目立つものもあったが、現在ではだいぶ不自然さも抑えられるようになっていると感じた。リア、フロントの両カメラともだが、今回の被写体は1人だったが、これが2人3人と増えていくと不自然さが出てくるかもしれない。現時点では複数人であれば標準モードで撮影するのが無難だろう。

次回は夜景の写真を紹介する。

撮影協力:有里彩さん
記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・2021年夏カメラ比較 関連記事一覧 - S-MAX
・2018年夏カメラ比較 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia 1 III 関連記事一覧 - S-MAX
・AQUOS R6 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy S21 Ultra 関連記事一覧 - S-MAX
・OPPO Find X3 Pro 関連記事一覧 - S-MAX
・Mi 11 Ultra 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhone 12 Pro Max 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…

【デジカメ調査室】世界最薄!広角28mmズームレンズ搭載のお嬢様カメラ「FX30」

「FX30」は、世界最薄※1広角28mm※2ズームレンズ搭載コンパクトスリムデジタルカメラ。スタイリッシュな女性をメインターゲットにした「お嬢様カメラ」として2月22日より販売を開始する。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、…