自分にもしもの時、ペット飼育費を遺したい ペットのための「遺言サービス」に注目


楽天インサイト株式会社が2021年2月に発表した「ペットに関する調査」によると、コロナ禍の影響もあり2020年にペットを飼い始めた人は、前年・前々年に比べて10ポイント以上増加しています。一方で自分自身が高齢に迫ることで本当はペットを飼育したいけど自身の将来に不安があることで断念している方も多いといいます。実際、三井住友信託銀行株式会社が50代以上の「犬・猫を飼いたいけど、事情があり飼えない、飼うのが難しい」という人を対象に行った調査によると「自身の年齢」を理由と回答した人(犬45.9%、猫36.6%)が最多でした。

そこで注目したいのが6月22日より提供が開始された、ペットのための遺言書作成、保管、執行を実現するサービス「遺言信託(ペット安心特約付)」です。

このサービスでは、飼い主が自分にもしもの事があった際にペットへの希望を書いた遺言書と、ペットの年齢や性格、健康、美容などペットのお世話してくれる人に伝えたいことを記す「ペット手帳」が保管されます。

ペットへの想いは一般社団法人安心サポートを通じて実現されるということです。

また周りにペットを託せる人がいる場合は、その方に想いを託すとともに、遺産の中から飼育費をお渡しすることも可能。これは、遺言によって民法の法定相続分と異なる相続分の指定ができるためです。ペットを託せる相手がいない場合は、法人や団体等への遺贈も可能だそう。

長く一緒にいるためにも、もしもの時の備えは重要。対象となるペットは、犬と猫に限られますが、このサービスを利用することで、これからの人生をペットともに安心して過ごせますね。■遺言信託(ペット安心特約付)概要
商品名:遺言信託(ペット安心特約付)
提供開始日:2021年6月22日(火)
取扱店舗:三井住友信託銀行、関東圏・中京圏・関西圏の対象店舗 
内容:犬・猫に関する遺言の相談、遺言の作成のアドバイス、遺言書の保管、遺言の執行など
基本手数料:44万円プランと99万円プランの2種類。その他、遺言保管料、変更手数料、執行報酬がかかります。 ※税込み金額です。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【大人の物欲 工作】自分の描いた絵が動く!電脳パラパラ漫画″はこアニメ″

子供の頃、教科書や辞書の余白に絵を描いてパラパラ漫画を作った経験をお持ちの人はいないだろうか? パラパラ漫画は、アニメーションの原理と基本的に同じで、高速にページをめくることで、動画の世界を手軽に楽しめる。今回の工作特集…

【気になるPC】個性豊かなモデルが続々登場!自分好みのノートPCを見つけよう/PC特集

どこにでも持ち歩けるノートPCは、手のひらサイズの小型ノートPCからペン入力ができるタブレットPCまで、各社からさまざまな特徴を持つモデルが販売されています。これから新たにノートPCを購入したい人、買い換えを検討している人は、…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…