携帯電話サービス「LINEモバイル」が月間データ通信量500MB以下なら基本料0円に!ソフトバンク回線は料金そのままでデータ通信容量も2倍に



LINE MOBILEにて7月から2つのキャンペーンが実施!月500MB以下なら基本料が0円に

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは7日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において「ソフトバンク回線限定データ容量2倍」と「利用データ量500MB以下の月は基本料0円」の2つのキャンペーンを7月から実施するとお知らせしています。

ソフトバンク回線限定データ容量2倍はLINEモバイルのソフトバンク回線によるサービスにおいて月額基本利用料はそのままでデータ容量を2倍にするとのこと。これにより、例えば、料金プラン「ベーシックプラン」の500MBで契約している場合には月間高速データ通信容量が現在の2GBから4GBになります。

また利用データ量500MB以下の月は基本料0円は全回線・全SIMタイプ・全プランが対象で、月間データ通信量が500MB以下の場合に月額基本利用料が0円となるとのこと。なお、500MB以下にはデータフリー対象サービスの通信(一部除く)は含まれません。通話料やオプション料、ユニバーサルサービス料などはかかります。

なお、LINEモバイルはすでに新規申込受付を終了しており、既存の利用者のみが対象です。ただし、すでに利用している場合、SIMタイプや
料金プランなどの変更は可能なため、NTTドコモ回線やau回線を契約している場合にソフトバンク回線にすることでソフトバンク回線限定データ容量2倍が適用されます。SIMタイプ変更手数料は無料。


ソフトバンク回線限定データ容量を2倍キャンペーンはソフトバンク回線の全SIMタイプ・全プランにて現在の月間高速データ通信容量が2倍になります。NTTドコモ回線やau回線の契約者は対象外。これにより、各プランにおける月間高速データ通信容量は以下のようになります。なお、これらの2つのキャンペーンの詳細な日程については6月中に追って案内するとしています。

[ベーシックプラン(新プラン)の場合]
・500MBで契約(現2GB)→ 4GBに増量
・3GBで契約(現5GB)→ 10GBに増量
・6GBで契約(現10GB)→ 20GBに増量
・12GBで契約(現30GB)→ 60GBに増量

[LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+(旧プラン)の場合]
・1GBで契約 → 2GBに増量
・3GBで契約 → 6GBに増量
・5GBで契約 → 10GBに増量
・7GBで契約 → 14GBに増量
・10GBで契約 → 20GBに増量

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・LINEモバイル 関連記事一覧 - S-MAX
・【告知】7月からのダブル&ゼロキャンペーンのお知らせ : LINE MOBILE 公式ブログ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…