KDDI、オンライン専用の料金プラン「povo on au」を3月23日0時受付開始!サービスやオプションを利用者と共創する「povo Lab」も5月開設



いよいよオンライン専用の料金プラン「povo on au」が明日3月23日スタート!

KDDIおよびKDDI Digital Lifeは22日、携帯電話サービス「au」において3月23日(火)0時に申込受付が開始されるオンライン専用の新料金プラン「povo(ポヴォ)」( https://povo.au.com/ )において利用者の声を反映したトッピング(オプション)やサービス開発を推進する共創の場として「povo Lab」を東京都・虎ノ門に2021年5月に開設すると発表しています。

またpovo Labの開設に先立って「povo Power User Program」のメンバーを最大10人採用をめざしてプレエントリー( https://krs.bz/povo_entry/m?f=1 )を3月22日(月)から開始し、本エントリーの開始日は別途公式Webサイトでお知らせするとのこと。応募対象は通信業界での経験は不問で、スマートフォン(スマホ)の使い方や活用方法に精通しており、サービス向上のために自立自走して業務を進められる人となっています。

またpovoのサービス提供に伴って新テレビCM「povo 登場篇」を3月24日(水)から全国で放映し、新CMにはトッピングを象徴するキャラクターが登場し、キャラクターはpovoの名称の由来のひとつである「ab ovo」から白いタマゴをモチーフに描かれており、トッピングが増えるにつれてキャラクターもさまざまな姿形となり進化していくということです。


povo Labイメージ

povoはシンプルで柔軟性の高いプラン設計をコンセプトとしており、月額2,480円(金額はすべて税抜、税込では2,728円)で使える月間高速データ容量20GBに加え、オンラインで自由に選択可能なさまざまな追加オプション(トッピング)が用意されます。主なサービス仕様は以下の通り。

povoの由来は前半の「pov」(point of view「視点」)と後半の「ab ovo」(ラテン語で「卵から・最初から」)の2つの言葉の組み合わせとなっており、新たな視点によるサービスの誕生、そして成長を意味しています。これにより、KDDIでは「君にピッタリの自由へ、一緒に歩んでくれる、あなたのパートナー」だとしています。

【povoの主な仕様】
ブランド/プラン名povo on au
提供開始日2021年3月23日(火)
契約できる人20歳以上の個人
月額料金2,480円
月間データ容量20GB
20GB超過時の速度最大1Mbps
通話料金20円/30秒※1
SMS送信:1通当たり3円(70文字まで)※2
受信:無料
ネットワーク5G(2021年夏提供開始予定)および4G LTE
eSIM新規契約とMNPにて対応しています。
トッピング5分以内通話かけ放題※3500円
通話かけ放題※31,500円
データ使い放題24時間※4200円
データ追加1GB500円
キャリアメール非対応
+メッセージ対応
留守番電話サービス非対応
テザリング対応(無料)
国際ローミング提供予定(開始時期は別途案内)
あんしんフィルター for au対応
家族割プラス割引・カウント対象外(2021年夏までの加入者は早期申込特典として家族人数のカウント対象となります)
auスマートバリュー割引対象外
家族割(家族間通話料・SMS利用料の割引)割引対象外
スマイルハート割引割引対象外
対応端末iPhone 6s以降やAndroid(合計189機種)
かえトクプログラム
アップグレードプログラムNX
アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムEX
アップグレードプログラム
auからpovoへの移行後も継続して利用できます
(アップグレードプログラムNXを除き、2021年夏以降に特典の利用が可能となります)
キャリア決済auかんたん決済(通信料合算)を利用できます
au契約期間引き継げません
手数料契約事務手数料0円
契約解除料0円
au/UQ mobile/povo間の移行手数料0円※5
申込窓口/問い合わせ窓口オンライン限定
※1 0570(ナビダイヤル)や衛星船舶電話など、料金が異なる通話先があります。
※2 機種によって最大全角670文字まで送信可能です。ただし、全角134文字までは2通分、それ以降は全角67文字ごとに1通分の送信料がかかります。
※3 0570(ナビダイヤル)や衛星船舶電話など、かけ放題の対象外となる通話があります。
※4 ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。
※5 「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにおいて当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「契約事務手数料(UQ mobileでは「SIMパッケージ料金)」」が一度請求されますが、翌月以降の移行先の利用料金から割り引きします。

なお、現在、事前申し込みを行って2021年5月31日(月)までにpovoを契約した人対象に3,000円相当のau PAY残高をプレゼントする「povo先行エントリーキャンペーン」を実施しています。なお、特典のプレゼントは1人につき1回まで。


povo Labロゴ

そうしたpovoの特徴のひとつであるトッピングについて利用者の声を反映する場としてpovo Labが開設され、KDDI以外で本業に従事する個人や学生に参加してもらい、より良いサービスを実現するためのターゲット市場調査やアイデア立案を行うpovo Power User Program実施します。

まあたそこで生まれたアイデアのサービス化に向けてさまざまな企業と連携してサービス開発・検証を行う「povo Business Partner Program」も用意され、これらの2つのプログラムによってよりオリジナリティーの高いトッピングやサービスを共創していくということです。


新テレビCM「povo 登場篇」に登場するキャラクターイメージ

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・povo 関連記事一覧 - S-MAX
・povo、お客さまとトッピングを共創する「povo Lab」を開設 | 2021年 | KDDI株式会社
・3月24日から始まるpovoの新CMに、キャラクター登場〜君にピッタリの自由へ、一緒に。〜 | スマートフォン・携帯電話 | au
・povo Lab│モバイルユーザーとの共創プロジェクト
・新発想の料金プラン「povo」誕生|au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…

【気になるトレンド用語】ネットは終わったか?″悪″にされたオンラインストレージ

5月22日、今後の日本のインターネットを揺るがしかねない判決が東京地方裁判所で下りました。訴訟の内容は、"オンライン・ストレージサービス"に関するものです。オンラインストレージ・サービスといえば、ポータル最大手のYahoo!の「Y…

【気になるトレンド用語】消える1円ケータイ!?奨励金モデルのからくりと転機を迎える料金体系

6月21日、総務省がケータイ業界に一石を投じる方針を決めたことが業界を激震させるほど話題となりました。それは、ケータイ端末の料金を値引きするため、携帯電話会社が販売店に支払う"販売奨励金"の回収のしくみを改めるよう、各キャ…