ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 6 ZS630KL」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始



エイスースのSIMフリーフラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」がAndroid 11に!

ASUS JAPAN(以下、エイスース)は13日、昨年8月に発売したSIMフリーフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月13日(水)15時より順次提供開始すると発表しています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話回線(LTE・3G)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新ファイルサイズは約1.37GBとなっているため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。対象モデルは日本市場向けの「ZS630KL-BK128S6」および「ZS630KL-SL128S6」、「ZS630KL-BK256S8」、「ZS630KL-SL256S8」、「ZS630KL-BK30ASUS」。

同社では今回のアップデートによってAndroid 11になり、ジェスチャーナビゲーションによる操作や現在地情報の権限がより細かく設定できるようになるなどに加え、パフォーマンス改善、また多くの新機能が使えるようになるとのこと。更新後のビルド番号は「WW_18.0610.2011.107」。主な変更点は以下の通り。

■Android 11で利用可能となる主な機能
(1)「メディアコントロール」に新しい機能が追加:動画や音楽を再生すると、クイック設定パネルに「メディアコントロール」が表示されます。Android 11では音楽や動画のコントロールボタンとして再生/停止、スキップが表示されるほか、音声の出力先(内蔵スピーカーやBluetoothイヤホンなど)を簡単に変更することができるようになりました。
(2)機内モード使用時にBluetoothが強制切断されないように変更:Android 10までは、Bluetoothを使用中に機内モードをオンにするとBluetoothが強制的に切断される仕様でしたが、Android 11からは、Bluetoothを接続している状態で機内モードをオンにしても、Bluetoothが強制的に切断されずにそのまま利用することが可能になりました。
(3)「ワンタイム・パーミッション」に新しい設定が追加:アプリがGPSなどの位置情報にアクセスする際に「アプリ使用時のみ」がAndroid 10から追加されましたが、Android 11では「今回のみ許可する」が追加され「アプリ使用時のみ/今回のみ/許可しない」の3択からアクセス許可を選択できるようになりました。
(4)「サイレント通知」機能に新しいオプションが追加:Android 10から追加された「サイレント通知」機能は、Android 11からサイレント通知を非表示にできるオプションが新規追加、さらにサイレント通知の通知履歴を確認することも可能になりました。
※システムアップデート後も、従来のナビゲーション表示がデフォルト設定になります。[設定] -> [ディスプレイ] -> [システムナビゲーション]から、新規追加された「ジェスチャーナビゲーション」へ変更することができます。


ZenFone 6 ZS630KLはエイスースの2019年のフラッグシップスマホで、背面側に収納されてるデュアルカメラが回転して前面側に向いてフロントカメラにもなるフリップ式を採用し、リアカメラだけでなくフロントカメラとしても高性能なカメラ機能が利用可能で、デュアルカメラの構成はソニー製の約4800万画素裏面照射積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」(1/2型・1画素0.8μm)と35mm換算で26mm相当(画角79°)のF1.79レンズ(6枚構成)となっています。

主な仕様はノッチやパンチといった切り欠きのないアスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)IPS液晶ディスプレイやSnapdragon 855、5000mAhバッテリー、microSDXCカードスロット(最大2TBまで)、nanoSIMカード(4FF)スロット×2、2x2 MIMOに対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージは8GB RAM・256GBストレージモデルと6GB RAM・128GBストレージモデルの2モデルが販売されています。画面占有率は92%に達したオールスクリーンナノエッジディスプレイデザインで、サイズは約159.1×75.4×8.4〜9.1mm、質量は約190g、本体カラーはミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの2色展開。また30周年記念モデル「ZenFone 6 Edition 30」(12GB RAM・512GBストレージ)もラインナップ。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・ASUS JAPAN、最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を8月23日に発売!SIMフリーで価格は6GB RAM・128GBストレージが7万5060円、8GB RAM・256GBストレージが8万9100円 - S-MAX
・フリップカメラを搭載した最新フラグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を写真と動画で紹介!ASUS設立30周年記念モデルも登場【レポート】 - S-MAX


ZenFone 6 ZS630KLは発売時にはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をプリインストールされており、その後、2019年12月よりAndroid 10が配信されいましたが、今回、最新のAndroid 11が提供開始されました。なお、日本においてASUSTeK Computerの製品でAndroid 11が提供されたのははじめてとなります。更新方法および更新に際しての注意事項は以下の通り。

■Android 11へアップデート時の注意事項:
Android 11へのアップデート後に、「片手モード」と「プライベートリスニング」機能、ZenUIのメニューから「フィードバック&ヘルプ」が削除されます。

■アップデート方法:FOTA (Firmware On-The-Air) Update:
(1)ホーム画面に更新通知メッセージが表示されるので、矢印をタップし、ファームウェアのアップデートを実行します。
(2)アップデートをすぐに実行する場合は、「インストール」をタップします。
(3)インストールが完了すると、デバイスは自動で再起動します。デバイスの再起動後、「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の部分に記載されている数字が、以下の番号になっていることをご確認ください。

■最新のビルド番号とファイル容量:
ZenFone 6 (ZS630KL)
WW_18.0610.2011.107 ※約1.37GB

■注意事項
アップデートを行うと元のバージョンに戻すことはできません。
※アップデート中は電源を落とさないでください。デバイスが起動しなくなる恐れがあります。アップデート中は電源が切れないようにACアダプターを接続して行ってください。
※アップデートは、デバイスに保存されたデータを残したまま行うことができますが、状態によっては、データの保護ができない場合があります。アップデートを行う際、大切なデータは事前にバックアップを行ってください。
※現在お使いのアプリが、Android 11には対応していない場合があります。Android 11へアップデート後のアプリの不具合に関しては、各アプリベンダー様へお問い合わせください。

ASUS ZenFone 6 ミッドナイトブラック (8GB/256GB) 【日本正規代理店品】 ZS630KL-BK256S8/A [エレクトロニクス]
Asustek
2019-08-23

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ZenFone 6 ZS630KL 関連記事一覧 - S-MAX
・「ZenFone 6 (ZS630KL)」に、Android 11への FOTAアップデート開始

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…

【アキバ物欲】普及へ進むか? 生活に革命をもたらすBluetoothの現状を探る

無線LANの普及により、ケーブルレスの家庭インターネット化は急増し、ネット接続だけでなく、パソコン周辺機器の無線化も着々と浸透している。無線機器の最大の利点は、いうまでもなく、ケーブル接続によるわずらわしさや見苦しさがない…

【気になるPC】快適ケータイ&パソコン!最新のBluetooth製品 一挙紹介

Bluetoothとは、東芝、エリクソン、インテル、IBM、ノキアが中心となり策定した短距離無線接続の規格。無線LANは文字通りにネットワークへの接続を前提としているのに対して、Bluetoothは様々な機器を無線で接続できる点が大きな魅力と…