5G対応、それが問題だ!iPhone 12シリーズを購入する場合は料金プランやSIM(契約)などに注意が必要。auでは4G契約のままでは利用不可



5Gに対応したiPhone 12シリーズの購入に際する注意点をまとめて紹介!

既報通り、Appleが新たに5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」を発表しました。日本ではAppleの直営店と公式Webストア(Apple.comと専用iOSアプリ「Apple Store」)のほか、NTTドコモとau、SoftBankから販売されます。

発売日と予約開始日時は各販路とも同じで、iPhone 12とiPhone 12 Proが2020年10月23日(金)に発売、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxが2020年11月13日(金)に発売され、iPhone 12とiPhone 12 Proは10月16日(金)21時より予約開始、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月6日(金)より予約開始となっています(Appleでは11月6日22時より)。

価格(金額はすべて税込)はこちらの記事にまとめていますが、AppleではiPhone 12 miniが82,280円から、iPhone 12が94,380円から、iPhone 12 Proが117,480円から、iPhone 12 Pro Maxが129,580円からで、有償保証サービス「AppleCare+」はiPhone 12 miniとiPhone 12の通常プランが18,480円、盗難・紛失プランが20,680円、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの通常プランが25,080円、盗難・紛失プランが27,280円となっています。

そんなiPhone 12シリーズですが、最大の特長でもある“5G対応”によって注意が必要なことがあり、例えば、NTTドコモやau、SoftBankで購入する場合には5G契約となるため、5Gに対応した料金プランを選ぶ必要があるほか、auでは5G契約にしたSIMカードでないと使えないなど、予約・購入前に事前にスムーズに移行できるか調べておきたいところです。

【NTTドコモ】

NTTドコモにてiPhone 12シリーズを新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で契約を伴って購入する場合は5G契約となって5Gに対応した料金プランへの変更が必要です。なお、機種変更については正確にはXi(4G)→5Gの契約変更となります。

そのため、通常のXi→Xiなどの機種変更では登録手数料2,200円ですが、Xi→5Gなので契約事務手数料3,300円がかかります。新規契約(MNP含む)は契約事務手数料2,200円で、ドコモオンラインショップではこれらの各手数料が無料です。


料金プランは「5G ギガホ」もしくは「5G ギガライト」があり、Xiの「ギガホ」や「ギガライト」を契約している場合にはそれほど違いがないため、スムーズに移行できると思いますが、古い料金プランでシェアパック・2台目プラスなどを利用している場合は注意が必要です。

「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」のご予約・ご購入手続きについて | 販売情報 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
5Gスマートフォンご購入時の注意事項について(更新) | お知らせ | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ


また一度、5G契約にした場合、5G契約のSIMカードと4G対応製品の組み合わせでは通話・通信などが利用できない場合があり、詳細は公式Webページ( https://www.nttdocomo.co.jp/area/5g/notice.html )にて案内しているので、仮にSIMカードを差し替えて使おうという場合には注意が必要です。

一方、逆にNTTドコモの4G契約のまま、AppleなどでiPhone 12シリーズのSIMフリー版を購入し、SIMカードだけを差し替えた場合、NTTドコモでは4G契約のSIMカードで5G対応製品の利用は動作保証外としていますが、現時点では5G対応のAndroidではそのまま使えるため、自己責任になるものの、同様に恐らく使えると思われます。




ドコモオンラインショップにてiPhone 12シリーズを予約・購入
https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/iphone/index.html



【au by KDDI】

auにてiPhone 12シリーズを新規契約および機種変更、MNPで契約を伴って購入する場合も5G契約となり、auでも機種変更は正確には契約変更となります。料金プランは「ピタットプラン 5G」や「データMAX 5G」などがあり、4G契約の「ピタットプラン」や「データMAX」とほぼ同様の内容で使えます。

しかしながら、auでも古い料金プランを利用している場合には5Gの料金プランに変更しなければならないので事前にピタットプラン 5GやデータMAX 5Gなどの5G向け料金プランをしっかりと調べておきたいところです。手数料は新規契約(MNP)および契約変更ともに3,300円がかかります。



また契約を伴って購入する場合はSIMカードが交換されるものの、自動的に5G契約に切り替わりますが、auの4G契約のまま、別途、AppleなどでiPhone 12シリーズのSIMフリー版を購入してSIMカードを差し替えた場合、auでは利用できないので注意が必要です。

この点についてはAppleでも公式Webサイトで「契約中の通信事業者がKDDIの場合、iPhone 12をアクティベートするには新しいnano-SIMカードが必要です。詳しくはKDDIにお問い合わせください。」と案内しており、SIMカード自体は4G契約も5G契約も同じですが、そのままでは使えないのです。



この場合は店頭もしくは電話サポート「お客さまセンター」に電話で、5G契約にするための契約変更手続きが必要で、店頭の場合には契約を伴って購入する場合と同様にSIMカードが交換され、お客さまセンターへ電話した場合にはSIMカードの交換は不要です。

ただし、お客さまセンターへ電話した場合には手続き完了までに時間がかかる場合があるため、すぐに使いたい場合には店頭に来店したほうが良いでしょう。なお、店頭でもお客さまセンターでも5G契約への切り替えは契約変更手続きとなるため、通常の手数料3,300円がかかります。

またauでは5G契約にしたSIMカードは4G対応製品では原則使えないとしています。一部の製品では実際には使えることもありますが、直近では「Pixel 4a」については当初は5G契約のSIMカードでも使えたものの、その後に使えなくなったりしており、継続して使う場合には不安があると思われます。

au Online ShopにてiPhone 12シリーズを予約・購入
https://www.au.com/mobile/



【SoftBank】

SoftBankでもiPhone 12シリーズを新規契約および機種変更、MNPで契約を伴って購入する場合も5G契約となり、同様に機種変更は正確には契約変更となります。料金プランは4Gと同じ「メリハリプラン」や「ミニフィットプラン」、「スマホデビュープラン」があります。

SoftBankでは4Gと同じ料金プランにメリハリプランなら5G基本料、ミニフィットプランとスマホデビュープランなら5Gサービス利用料(月額0円)を追加する形となっています。なお、5G基本料の月額料金相当を1年間割り引く「5G 1年おトクキャンペーン」が実施されており、キャンペーン終了後は月額1,100円が追加でかかります。


そのため、契約を伴って購入する場合はこれらのG基本料や5Gサービス利用料を追加すれば、自動的に5G契約に切り替わり、4G契約のまま、別途、AppleなどでiPhone 12シリーズのSIMフリー版を購入してSIMカードを差し替えた場合でも利用可能なほか、同様に店舗やオンラインサポート「My SoftBank」にて5G基本料や5Gサービス利用料を追加すれば、5Gも使えるようになります。

なお、SoftBankでは3G契約の場合には5G対応製品で使えず、5G契約のSIMカードは4G対応製品では使えるものの、3G対応製品では利用できないということです。その他、SoftBankでは新規契約(MNP含む)および機種変更、契約変更ともに手数料3,300円がかかり、ソフトバンクオンラインショップやソフトバンク電話店では「Webトクキャンペーン」で自宅受け取りなら手数料相当が割り引かれて実質無料となっています。

ソフトバンクオンラインショップにてiPhone 12シリーズを予約・購入
https://www.softbank.jp/online-shop/special/products/lineup/iphone/?agncyId=sbm



【サブブランド(Y!mobile・UQ mobile)およびMVNO】

最後にY!mobileやUQ mobileといったサブブランドや“格安SIM”とも呼ばれる仮想移動体通信事業者(MVNO)でiPhone 12シリーズを使う場合ですが、これらの事業者ではiPhone 12シリーズを少なくとも現時点では販売しないので別途、AppleでSIMフリー版を購入するか、NTTドコモやau、SoftBankで購入した製品をSIMロック解除して使うことになります。

ただし、MVNOの場合にはNTTドコモ回線のMVNOならNTTドコモの製品、au回線のMVNOならauの製品、SoftBank回線のMVNOならSoftBankの製品についてはSIMロック解除を行わずに使えます。別途、購入した製品にサブブランドやMVNOのSIMカードを装着すれば自己責任とはなりますが、恐らく使えると思います。

なお、例えば、MVNOのインターネットイニシアティブ(IIJ)が提供している「IIJmio」では初の5G対応のiPhoneということもあり、IIJmioでの利用可否の確認が必要だと考え、実際にiPhone 12シリーズが使えるかどうかについての動作確認を行うため、購入を検討している場合でも購入はIIJによる動作確認を待つよう案内しています。

・IIJmio:Apple iPhone 12シリーズの動作確認予定につきまして


IIJmioにおける動作確認は発売日に行われる予定

ただし、当然ながら一部の「LinksMate」などの5G対応サービスを提供している事業者以外では、4G対応サービスのみを提供しているため、SIMカードを装着して使えたとしても5Gは利用できません。また特にMVNOではAppleから直接iPhoneシリーズを取り扱っているわけではないので、過去に急に使えなくなってりしたこともあります。iOSのアップデートなどを含め、各社の動作確認はしっかりとチェックしたいところです。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPhone 12 mini 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhone 12 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhone 12 Pro 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhone 12 Pro Max 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhone - Apple(日本)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【ケータイラボ】新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」

auがリリースしてきたオシャレで個性的な端末"au design project"。その6番目として登場したのが「MEDIA SKIN」である。単にデザイン重視というだけでなく、世界初の26万画素有機ELメインディスプレイの採用や、ワンセグに対応、131万…