ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1 II」がPhoto ProアプリなどにてRAW保存に対応!日本ではまずはau版にて更新開始



最新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 1 II」にてRAW撮影に対応するソフトウェア更新が提供開始!

KDDIは30日、携帯電話サービス「au」向け最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II SOG01」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)において機能向上などを行うソフトウェア更新を2020年7月30日(木)より提供開始したとお知らせしています。

これまでにソニーモバイルコミュニケーションズでは「Xperia 1 II」に搭載されているカメラアプリ「Photography Pro(以下、Photo Pro)」などにおいてRAW撮影(.DNG形式での保存)にソフトウェア更新によって対応予定としていましたが、今回、これが実施されています。

今後、NTTドコモ向け「Xperia 1 II SO-51A」においても同様の更新が行われるものと見られます。Xperia 1 II SOG01の更新は本体のみで携帯電話回線(5G/4G)もしくは無線LAN(Wi-Fi)回線によるネットワーク経由(OTA)が用意されているほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続した方法も用意されています。

更新時間は約10分で、更新ファイルサイズは約190MB。ファイルサイズはそれほど大きくないですが、Wi-Fiが推奨されています。更新後のビルド番号は「58.0.C.7.41」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」にて確認可能。更新による主な変更点は以下の通り。

・通信速度の向上(※1)
Photo ProアプリでRAW形式ファイル保存に対応
音量が勝手に変動する場合がある。
セキュリティ機能の改善
Androidセキュリティパッチを適用します。セキュリティパッチレベルが2020年7月となります。

Androidセキュリティ機能についての詳細は こちら をご確認ください。

※1 最大通信速度は、エリアや通信規格により異なります。詳しくはエリアマップでご確認ください。
サービスエリア

※更新されるソフトウエアには、上記以外に、より快適に Xperia 1 II SOG01をご利用いただくための改善内容が含まれております。



Xperia 1 IIは昨年発売された「Xperia 1」の後継機種として同じく映画のスクリーンの縦横比と同じシネマワイドディスプレイを搭載したソニーの最新フラッグシップスマホで、新たにソニー初の5G対応機種となるほか、各種性能が向上しています。また日本向けはおサイフケータイ(FeliCa)や地上デジタルテレビ(ワンセグ・フルセグ)に対応しています。

主な仕様は約6.5インチ4K HDR(1644x3840ドット)有機EL「シネマワイドディスプレイ」やSnapdragon 865、8GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、4000mAhバッテリー、ワイヤレス充電(Qi)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、Wi-Fi 6、防水・防塵など。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・NTTドコモ、5Gスマホ「Xperia 1 II SO-51A」を発表!4月下旬発売で価格は12万3552円。FeliCaやフルセグに対応 - S-MAX
・5G対応のNTTドコモ向け「Xperia 1 II SO-51A」とau向け「Xperia 1 II SOG01」を写真で紹介!4K HDR有機ELでエンタメを存分に楽しめる高性能スマホ【レビュー】 - S-MAX

リアカメラは約1200万画素CMOS(F2.2、広角レンズ)+約1200万画素CMOS(F1.7、超広角レンズ)+約1200万画素CMOS(F2.4、望遠レンズ)+ToFカメラのクアッド構成となっており、新たにソニーの一眼カメラ「α」シリーズの技術と使い勝手を継承した新機能としてPhoto Proが利用可能となっています。

なお、Photo ProはNTTドコモのXperia 1 II SO-51Aの発売に合わせてNTTドコモとauからソフトウェア更新によって6月18日から利用可能となっています。今回のソフトウェア更新によってau版のXperia 1 II SOG01ではそのPhoto ProでのRAW撮影に対応しているほか、Redditによると、Xperia 1 IIの海外モデルではリアカメラのToFカメラ以外の3つのカメラにおいて標準のカメラアプリでもRAW撮影が可能だとのこと。また従来のJPEGでの保存とRAWでの保存に加え、JPEG+RAWの同時保存にも対応しているということです。

その他、au版のXperia 1 II SOG01では今回の更新によって「Galaxy S20 5G SCG01」および「Galaxy S20+ 5G SCG02」、「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」に続いて5Gの通信速度の向上も実施されており、これまでは下り最大2.8Gbpsおよび上り最大183Mbpsでしたが、下り最大3.4Gbpsおよび上り最大183Mbpsとなっています。なお、下り最大3.4Gbpsは現時点では埼玉県と広島県の一部地域に限られるとのこと。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia 1 II 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)SOG01 アップデート情報 | 製品アップデート情報 | au
・TECHNOLOGIES Photography Pro | Xperia スペシャルサイト「PASSIONS」 | Xperia(エクスペリア)公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…