NTTドコモが15歳以下の新規契約・MNPで毎月最大1500円割り引く「U15はじめてスマホ割」の提供を中止!考慮すべき事項が判明



docomoがU15はじめてスマホ割の実施を中止!

NTTドコモは30日、15歳以下の人を対象に新規契約および他社から乗り換え(MNP)と同時に対象の料金プランに申し込むと月額料金を1年間毎月最大1,500円(金額はすべて税抜)割り引く「U15はじめてスマホ割」の実施を見合わせると発表しています。

同社ではU15はじめてスマホ割を7月1日より提供する予定でしたが、考慮すべき事項が判明したことから提供を中止し、今後、新たな施策を検討し、詳細が決まったらお知らせするとしています。

項目内容
対象プラン5Gギガホ、ギガホ5Gギガライト、ギガライト
割引金額1年間毎月1,500円割引1年間毎月1,000円割引
割引適用期間対象プランが適用された月から最大12か月間※1
対象となる手続き新規契約(MNP含む)
適用条件・「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」を契約すること
・申し込み時点で利用者※2が15歳以下であること
申込方法適用条件を満たした場合には自動的に適用されます。
※1 申込日に関わらず、初回適用月を1か月目として起算し、月額料金を最大12か月間割り引きます。なお、契約が月途中の場合、初回適用月の割引額は申込日に応じて日割計算となります。
※2 契約者名義とは別に「U15 はじめてスマホ割」の対象である利用者を契約者が指定し、事前に登録する必要があります。登録時には利用者の健康保険証や住民基本台帳カードなどの書類(コピー可)が必要となります。「U15 はじめてスマホ割」適用中に利用者年齢が16歳になった以降も割引は継続適用となります。

U15 はじめてスマホ割は15歳以下の人が新規契約(MNP含む)と同時に対象の料金プラン(5Gギガホおよび5Gギガライト、ギガホ、ギガライト)を申し込むと月額料金から毎月最大1,500円を最大1年間割り引く割引施策です。

受付期間は7月1日からで、現時点で終了時期は未定とされていましたが、今回、対象が新規契約およびMNPに限定される点について総務省から電気通信事業法に抵触する可能性があると指摘されたため、実施を見合わることになったということです。

なお、近いサービスではauが「U15 スマホスタート割」を6月19日から提供していますが、こちらは新規契約・MNPに加えて3Gケータイからの機種変更も対象となっており、NTTドコモでも内容を精査して新たな施策を検討するとしています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・「U15はじめてスマホ割」の提供を中止(PDF形式:155KB)
・U15はじめてスマホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。ドコモショップに聞いてみると、問い合わせ…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…