ファーウェイ・ジャパンが6月2日に新製品発表会開催を予告!最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40」シリーズを発表へ



ファーウェイが最新フラッグシップスマホ「P40」シリーズを日本で投入か!?新スマホを6月2日に発表予告

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は21日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )などにて2020年6月2日(火)に新製品発表会をオンラインで開催して新しいスマートフォン(スマホ)を発表するとお知らせしています。

なお、発表会の模様はインターネット経由によるライブストリーミングを予定しているとのこと。合わせてティザー画像も公開しており、発表するスマホと見られる外観の他にハッシュタグ「#想像を超えた写真をその手に」と示されています。

その画像からHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)がグローバルで最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40」シリーズのティザーに用いた画像と同一であることからHUAWEI P40シリーズを日本へ投入するのではないかと見られます。

なお、HUAWEI P40シリーズはベースモデルのHUAWEI P40の他に上位モデル「HUAWEI P40 Pro」や最上位モデル「HUAWEI P40 Pro+」、下位モデル「HUAWEI P40 lite」などが海外では発表されています。


HUAWEI P40シリーズは昨年発売された「HUAWEI P30」シリーズに続く同社の最新フラッグシップスマホで、日本では4月に発売されたプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」と同じく5Gに対応したハイエンド向けチップセット(SoC)「HUAWEI Kirin 990 5G」を搭載した高性能スマホです。

新たにカメラ機能がさらに強化されたほか、HUAWEI P40 ProおよびHUAWEI P40 Pro+は本体前面の上下左右ともに端を湾曲させた「HUAWEI Quad-curve Overflow Display」によってさらなる全画面デザインへと進化し、満たされたカップの縁からあふれ出る水を連想させるフォルムとなっています。


HUAWEI P40シリーズのHUAWEI P40・P40 Pro・P40 Pro+

3機種とも共通で画面左上に横長なパンチホールが配置され、ディスプレイはHUAWEI P40がアスペクト比9:19.5の縦長な約6.1インチFHD+(1080×2340ドット)有機EL(OLED)、HUAWEI P40 ProおよびHUAWEI P40 Pro+がアスペクト比9:19.8の縦長な約6.58インチ1200×2640ドットOLEDで、HUAWEI P40 ProおよびHUAWEI P40 Pro+は90Hzのリフレッシュレートにも対応。

本体カラーはHUAWEI P40およびHUAWEI P40 Proが光沢ガラスのIce WhiteおよびDeep Sea Blue、Blackと屈折マットガラスのSilver FrostおよびBlush Goldの5色展開、HUAWEI P40 Pro+がキルン加工によって研磨された滑らかなナノテクセラミック背面パネルのWhite CeramicおよびBlack Ceramicの2色展開となっています。

一方でOSはAndroid 10ベースとなっていますが、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gと同じくアメリカによる制裁(いわゆる「[[ファーウェイ問題]]」)によってGoogle PlayストアやGmailなどのGMS(Google Mobile Service)に対応せず、独自のHMS(Huawei Mobile Service)に対応した製品となっています。

そのため、特にHUAWEI Pシリーズの下位モデルはここ数年毎年販売台数を伸ばして人気機種となっているだけに例年通りに下位モデルのHUAWEI P40 liteも含めた豊富なラインナップとなるのかを含めてどのような展開となるのか注目したいところです。その他の詳細な製品は以下の記事をご覧ください。

・Huawei、5G対応の最新フラッグシップスマホ「P40」と「P40 Pro」、「P40 Pro+」を発表!欧州などで4月7日より順次発売 - S-MAX
・新ミッドレンジスマホ「HUAWEI P40 lite」が発表!6.4型FHD+液晶やクアッドカメラ、Kirin 810、6GB RAMなど。Google Playには非対応 - S-MAX



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI Community|【PR】6月2日(火)ファーウェイ新製品発表会開催!
・スマートフォン, タブレット, PC, ウォッチおよびブロードバンド | HUAWEI JAPAN

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…