新型コロナウイルスによる全国一斉臨時休校を受けベネッセが進研ゼミ「春の総復習ドリル」無償配布やライブラリー解放などによる小中高への学習支援を表明


ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)は、新型コロナウイルス感染症対策のための小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休校を受け、2020年3月2日(月)17:00から3学期の学習の総まとめができる小中高向け「春の総復習ドリル」を学年ごとに無償配布する。また出版社9社と映像提供会社3社からの協力も得て、選び抜かれた約1,000冊の書籍および動画(またはビデオ、番組)が自由に閲覧できる「電子図書館 まなびライブラリー」も同時に開放する。また今後の動向により他教材サービスでの無償提供も検討していく。

2020年2月27日に開催された「第15回新型コロナウイルス感染症対策本部」において、安倍 晋三総理大臣が、全国の小学校・中学校、高校及び特別支援学校等に、2020年3月2日から春休みに入るまで臨時休校を要請する考えを表明した。それを受け、小・中・高校生向けベネッセ「進研ゼミ」では多くの家庭で自宅学習・対策に追われている現状を考慮し、学習コンテンツの無償提供を行うことを決定したとのこと。

今回はインターネットやデバイスの環境が整っていない家庭や学習デジタルコンテンツの使用が不慣れな学生も多く存在するのではないか、学童などの現場でも学習デジタルコンテンツへの対応の難しさもあるのではないかということで、“今やるべき”3学期学習の総まとめをオリジナル版として新たに制作し、「春の総復習ドリル」として冊子を無償配布する。申込んだ家庭に順次送付するが、状況により、少し時間がかかる場合もあるとしている。また、郵送での配布となることに加え、家庭ですぐに活用できるように、ホームページ上からのPDFでのダウンロードも今後検討していく。

また、今回の臨時休校を受け、急激に長くなった「自宅にいる時間」を子供自身にも有効に活用してもらうため、進研ゼミと出版社や映像提供会社が厳選した1,000冊以上の書籍・映像等が自由に閲覧できる「電子図書館 まなびライブラリー」の開放も実施する。インターネットがつながる環境があれば、自分が持っているデバイスで利用することができる。さらに「まなびライブラリー」内において、先着1万名に書籍を自宅に届けるキャンペーンも実施する。



■春の総復習ドリル
■電子図書館 まなびライブラリー

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・コロナ蔓延で自宅作業すなわち自宅飯が増えることを受けクックパッドが有料機能の「人気順検索」の無料開放を実施
・モスバーガーの新作スイーツ!抹茶とホワイトチョコが2層になったお手頃スイーツ「ひんやりドルチェ 柚子抹茶ショコラ」を発売
・老いに対する意識を変えたい!現役介護福祉士兼モデルの上条百里奈さんが語る介護とは
・テレビアニメ「SHIROBAKO」ニコニコ生放送にて無料一挙放送が決定!劇場版『SHIROBAKO』全国公開日から放送開始
・オフィスや販売・飲食向けのスペース作りをサポート!IKEA for Businessが渋谷にオープン

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるトレンド用語】出版革命のキンドル(Amazon端末)って何?-iPodの成功を電子書籍で

電子書籍は次世代の本として期待されて久しいサービスです。電子書籍は既存の書籍のデジタル化や携帯小説のようにデジタルからはじまり紙の書籍化されるものまで身近で話題の多い分野ですが、まだ普及しているとは言えないサービスです…

メイドロボットも夢ではない!ここまできた「家庭用ロボット」最前線【最新ハイテク講座】

マンガや映画の世界で大活躍する「ロボット」は、すでにSFだけのものではない。現実世界でもロボットは、テレビや自動車を組み立てたり、産業の分野で人間の役に立っているだけではなく、一般家庭にも入り込み「家庭用ロボット」という…

トヨタもワークシェアリングを導入! 日本でも実施したほうがいいの?【気になるトレンド用語】

世界的な景気後退の中、トヨタが米国工場にて創業初の「ワークシェアリング」導入を発表しました。ワークシェアリングは、仕事を従業員同士で分け合うことで、雇用を確保する方法です。一定の仕事量を分け合うため、労働時間の短縮や賃…

面倒な接待が簡単になった!家庭でもスイスイPC同士のデータ共有【いまから知っ得 Windows 7】

今ではパソコンもずいぶんと安くなったものだ。ネットブックの登場が低価格パソコンの増加に拍車を掛けているわけだが、パソコンの価格が安くなれば、パソコンも一家に一台からひとり1台、一人2台などと増えた人も多いだろう。家庭や職…

電気は家庭でつくる時代へ!燃料電池「エネファーム」【最新ハイテク講座】

省エネルギーと地球温暖化を防止する切り札として各方面から注目を集めている「燃料電池」が、ついに一般家庭へ普及しようとしている。新日本石油と三洋電機が合弁で設立したENEOSセルテックは2009年7月1日、家庭用燃料電池「エネファー…