クリエイター&デベロッパーといった本格パワーユーザー向け!ユニットコムからiiyama PCブランドの第3世代AMD Ryzen Threadripperを積んだ高級BTOモデル


ユニットコムは、「iiyama PC」ブランドより、第3世代AMD Ryzen Threadripperを搭載したBTOパソコンを発売した。

■本格派クリエイター、デベロッパー向けの高価格帯モデル
第3世代Ryzen Threadripperはクリエイター、デベロッパー、パワーユーザー向けに設計された高価格帯デスクトップ向けのプロセッサーだ。

第3世代Ryzen Threadripperは第3世代Ryzenと同じZen2アーキテクチャを採用しており、優れた電力効率を達成しつつ、コンテンツ制作でのマルチタスクや処理負荷の高いワークロードにおいて優れたパフォーマンスを発揮する。

また、AMD TRX40チップセットと組み合わせることで、PCI Express 3.0の2倍の帯域を持つPCI Express 4.0 を最大で72レーン使用することができる。今後登場してくるPCI Express 4.0対応のグラフィックスカードやM.2 NVMe SSDなどの高速・高性能なデバイスの性能を余すところなく引き出すことができる。

最安値でも368,980円からとなっており、60万円を超える構成も用意されており、おいそれと手を出せる価格ではないことに注意。その価格に見合った作業を行いたいという人におススメだ。

■SENSE-RCTZ-LCRT39-QTX [Windows 10 Home]
販売価格:368,980円〜(税別)/ 405,878円〜(税込)
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU: AMD Ryzen Threadripper 3960X [24コア / 48スレッド]
チップセット:AMD TRX40 [ASUS PRIME TRX40-PRO]
メモリ:DDR4-2666 DIMM 8GB×4(計32GB)
M.2 SSD:500GB M.2 SSD / NVMe対応
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス:NVIDIA Quadro P620 2GB GDDR5
電源:850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源



■LEVEL-FCTZ-LCRT3W-XYVI [Windows 10 Home]
販売価格:554,980円〜(税別)/ 610,478円〜(税込)
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:AMD Ryzen Threadripper 3970X [32コア / 64スレッド]
チップセット:AMD TRX40 [ASUS PRIME TRX40-PRO]
メモリ:DDR4-2666 DIMM 8GB×4(計32GB)
M.2 SSD:500GB M.2 SSD / NVMe対応
HDD:2TB HDD / 2.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6
電源:850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源



■SENSE-RCTZ-LCRT39-QTX [Windows 10 Home]
■LEVEL-FCTZ-LCRT3W-XYVI [Windows 10 Home]
■AMD Ryzen Threadripper 特集ページ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・ソケットAM4対応で16コアで32スレッドの爆速CPUとなるAMDのRyzen 9 3950Xを搭載したハイエンドゲーミング向けパソコン『GALLERIA AXZ 3950X搭載』がサードウェーブから登場
・インバースネット、10000番台インテル Core X搭載デスクトップパソコン3機種発売
・90mmの大型2連ファンで冷却性能をアップ!CFD販売よりGIGABYTEのNVIDIA GTX 1650 Super搭載グラフィックボード「GV-N165SWF2OC-4GD」登場
・MacOSとWindowsに対応!レトロチックなキーボード「AZIO Retro Classic」の日本語キーボードの発売開始!
・リンクスより7.1chバーチャルサラウンド対応で50mmネオジウムドライバー採用のワイヤレスゲーミングヘッドセット「CORSAIR Gaming HS70 PRO WIRELESS」

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…