NTT Com、MVNOによる携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の新料金プランを発表!11月20日から提供され、最低利用期間・解約違約金なしで月額748円から



OCN モバイル ONEが縛りなしの新料金プランを発表!11月20日から申込開始

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は19日、NTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )において新しい料金コースの提供を2019年11月20日(水)より開始すると発表しています。

新料金コースは月当たりの高速データ通信容量が1GBから30GBまで6つのコースから選択でき、音声対応SIMの1GBコースでは月額980円(金額はすべて税抜)から電話とインターネットを最低利用期間なし、解約違約金なしで利用できます。

また月額850円で提供している「OCNでんわ 10分かけ放題オプション」を月額300円で最大12カ月間利用できるとのこと。さらに新コース開始に合わせ、NTTレゾナントが運営する「goo Simseller」において最新機種を含む人気スマートフォン(スマホ)とOCN モバイル ONEとのセット商品を取り揃えた大特価セールを開催します。

大特価セールは「ZenFone Max (M2)」や「HUAWEI nova lite」が1円で購入できるなど、12月24日(火)11時まで実施します。加えてgoo SimsellerではOCN モバイル ONEの利用者や購入を検討しているお客さまが、お客さま同士で情報を交換したり、疑問を解決することができる「Q&Aコミュニティサイト」の提供開始するということです。


新コースの新規契約およびコース変更受付は11月20日10時より開始されており、携帯電話ポータビリティー制度(MNP)を利用した他社から乗り換えでは毎月の利用料から合計4,000円割引するキャンペーンも実施



新コースの各料金。コース変更の場合は12月分より適用開始


 音声対応SIMデータ通信専用SIM(SMS対応)データ通信専用SIM
月額基本料OCN光モバイル割適用時月額基本料OCN光モバイル割適用時月額基本料OCN光モバイル割適用時





1GB1,180円980円
3GB1,480円1,280円1,000円800円880円680円
6GB1,980円1,780円1,500円1,300円1,380円1,180円
10GB2,880円2,680円2,400円2,200円2,280円2,080円
20GB4,400円4,200円3,920円3,720円3,800円3,600円
30GB5,980円5,780円5,500円5,300円5,380円5,180円
最低利用期間なし
解約違約金なし
容量追加オプション500円/1GB
OCNでんわ10分かけ放題オプション300円

新料金プランの各コースにおける月額料金や主な仕様は上表の通り。同社ではライトな利用者向けの1GBコースから動画をよく観るヘビーユースの利用者向けの30GBコースまでニーズに合わせた全6コースを従来よりも安価な料金で提供するとし、他社と比べても業界最安値水準となっているとしています。

さらに例えば、OCN光とセット契約すると割り引かれる「OCN光モバイル割」の対象となる場合なら音声対応SIMが月1GBで月額980円で利用可能で、新コースでは音声対応SIMについても最低利用期間および解約違約金がないため、気軽に申し込むことができます。


さらに新コースで音声対応SIMを申し込むと、通常は月額850円で提供しているOCNでんわ 10分かけ放題オプションを最大12カ月間は月額300円で利用可能となります。加えて月ごとの基本通信容量を超えてしまった際は専用アプリ「OCN モバイル ONEアプリ」から簡単に容量を追加することができます。

また同アプリから申し込む場合は1GBにつき500円の業界最安値水準で追加することが可能。なお、追加した容量は3カ月後の月末まで繰り越し可能なため、月末に追加しても無駄になってしまう心配がないのも嬉しいところ。




その他、OCN モバイル ONEでは通信回線の増強をはじめとして品質向上のためにさまざまな取り組みを行っていき、今回、提供する新コースではより多くの人が快適に利用できるように低速通信(「節約モード」ONの場合を含む)についても通信容量に制限を設けることで通信回線の混雑緩和を行うとしています。

新しい方式では最大200kbpsでの低速通信について基本通信容量の半分を基準とし、これを超えた際に200kbpsを下回る速度に制限する場合があるとし、この通信制限はネットワーク設備の混雑状況を踏まえて行われます。これにより、OCN モバイル ONEの全体的な通信品質の向上を図るとしています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・OCN モバイル ONE 関連記事一覧 - S-MAX
・ニュース 2019年11月20日:「OCN モバイル ONE」"電話"と"ネット"が月額980円から利用できる新コースを開始 | NTTコミュニケーションズ 企業情報

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…