シャープ、新スタンダードスマホ「AQUOS sense3」のSIMフリー版「SH-M12」を発表!デュアルSIMやsXGPなどに対応。11月27日発売で、価格は3万円台半ば



SIMフリースマホ「AQUOS sense3 SH-M12」が登場!

シャープは19日、同社の最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense3 SH-M12」を発表しています。2019年11月27日(水)より順次発売され、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、市場想定価格は3万円台半ばになるということです。

価格はすでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comなどの量販店では税抜35,800円(税込39,380円)の10%(3,938ポイント)還元で実質35,442円相当となっているほか、MVNOでは「[[IIJmio]]」(インターネットイニシアティブ)では税抜29,800円(税込32,780円)、「mineo」(オプテージ)では税抜36,000円(税込39,600円)となっており、IIJmioやmineoでは分割払いにも対応しています。

AQUOS sense3はすでにNTTドコモから「AQUOS sense3 SH-02M」、auから「AQUOS sense3 SHV45」、UQ mobileから「AQUOS sense3 SHV45-u」として販売されていますが、新たにSIMフリーモデルも投入されることになりました。なお、AQUOS sense3シリーズは「AQUOS sense3 plus」や「AQUOS sense3 lite」、「AQUOS sense3 bacis」などの派生モデルも存在します。

SIMフリーモデルのAQUOS sense3 SH-M12はnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つ搭載されたデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しているほか、自営網として使える通信規格「sXGP」にも対応し、内線電話やIoT分野での利用もできるようになっています。ただし、SIMカードスロットの1つはmicroSDXCカードスロットと共有とのこと。


AQUOS sense3は「AQUOS sense」シリーズとして第3世代となる「AQUOS sense3」シリーズのベースモデルで、前機種「AQUOS sense2」からチップセット(SoC)の高性能・省電力化やより大容量化された4000mAhバッテリーによって基本性能の向上が行われているほか、リアカメラが画角121°の超広角レンズを加えたデュアルカメラとなっています。

画面はノッチやパンチホールといった切り欠きのないアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶ディスプレイを搭載し、ディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたホームキーが配置されています。生体認証は指紋認証のほか、顔認証にも対応。また防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、耐衝撃などの19項目の耐性性能(MIL-STD-810H準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。


またこれまでのAQUOS senseシリーズのベースモデルではSnapdragonの400番台でしたが、新たにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 630」(オクタコアCPU「2.2GHz×4+1.8GHz×4」)となり、4GB内蔵メモリー(RAM)や64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC Type A/Bなどとなっています。

外観はこれまでのAQUOS senseシリーズのシンプルなデザインを継承し、アルミ素材を用いており、サイズは約147×70×8.9mm、質量は約167g、本体カラーはライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックの3色展開。1週間の電池持ちを実現し、動画であれば、20時間以上の連続再生が可能とのこと(通話やメッセージの送受信を中心に1日当たり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準を設定し、実際に端末を使用して同社が測定したもの)。

連続通話時間はVoLTEで約2680分、3G(W-CDMA方式)で約2330分、2G(GSM方式)で約1110分、連続待受時間はLTEで約850時間、3Gで約960時間、2Gで約850時間、充電時間は約170分(同梱のACアダプター SH-AC05使用時)。なお、日本国内ではNTTドコモおよびau、ソフトバンク、楽天モバイルの各移動体通信事業者(MNO)の回線に対応しているとのこと。

携帯電話ネットワークの最大通信速度は下り最大350Mbpsおよび上り最大75Mbpsで、対応周波数帯はLTEのBand 1および3、5、8、12、17、18、19、39、41、3GのBand 1および5、6、8、19、2Gの850および900、1800、1900MHz。位置情報取得はA-GPSおよびGLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)に対応。


カメラはリアカメラが約1200万画素裏面照射型CMOS/広角レンズ(画角83°・焦点距離24mm・F2.0)および約1200万画素裏面照射型CMOS/超広角レンズ(画角121°・焦点距離18mm・F2.4)のデュアルカメラで、電子式手ブレ補正(静止画のみ)やポートレート撮影、約15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」に対応します。

新画質エンジンProPix2によって静止画撮影時にAI(人工知能)がシャッタースピードや露光を自動調整して被写体ブレを抑制する補正に対応し、走り回る子どもやペットの姿も鮮明に捉えます。フロントカメラは約800万画素裏面照射型CMOS/広角レンズ(画角86°・焦点距離23mm・F2.2)。OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を採用し、発売日から2年間最大2回のOSバージョンアップに対応。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・AQUOS sense3 関連記事一覧 - S-MAX
・SIMフリースマートフォン AQUOS sense3 <SH-M12>を発売|ニュースリリース:シャープ
・AQUOS sense3 SH-M12 SIMフリーの特長|AQUOS:シャープ
・mineo 新端末「AQUOS sense3 SH-M12」の販売開始について │ プレスリリース │ オプテージ
・IIJ、個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」において シャープ製「AQUOS sense3 SH-M12」を販売開始 | IIJについて | IIJ
・ヨドバシ.com - シャープ SHARP SH-M12S AQUOS sense3 シルバーホワイト [SIMフリースマートフォン] 通販【全品無料配達】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…