AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 13.2.2」および「iPadOS 13.2.2」を提供開始!モバイルデータ通信を利用できなくなる不具合などが修正



AppleがiPhoneなど向けiOS 13.2.2とiPadOS 13.2.2をリリース!

Appleは7日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 13.2.2(17B102)」および「iPadOS 13.2.2(17B102)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はモバイルデータ通信を一時的に利用できなくなる問題やアプリがバックグラウンドで実行中に予期せずに終了する問題など、さまざまな各種不具合の修正などが行われています。特にモバイルデータ通信が利用できなくなる問題は特に日本ではNTTドコモ回線で頻発することが報告されていただけにようやく対応されたという人も多いかもしれません。

対象機種はiOS 13およびiPadOS 13の対象機種であるiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能。なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。


これまでiPhoneやiPad、iPod touch向けとして提供されてきたiOSですが、今年から新たにiPad向けはiPadOSとして分離されました。ただし、iPadOSもベースはiOS 13と共通しており、基本機能は多くの同じとなっていてiPad向けに一部機能が追加や変更がされている形となっており、バージョンも同じiPadOS 13となっています。

iOS 13は日本時間9月20日未明に正式版が配信開始され、すぐに新機能追加や不具合修正が行われた「iOS 13.1」が日本時間9月25日未明に配信開始され、同日より初のiPadOSの正式版となる「iPadOS 13.1」もリリースされ、さらにAirPods Pro対応などの新機能が追加されたiOS 13.2とiPadOS 13.2が提供されていました。

その後、iOS 13.2およびiPadOS 13.2にHomePodが動作しなくしてしまう不具合があるとしてそれぞれiOS 13.2.1およびiPadOS 13.2.1がリリースされていましたが、今回新たにモバイルデータ通信が一時的に利用できなくなるなどのさまざまな不具合が修正されたiOS 13.2.2とiPadOS 13.2.2が提供開始されました。

更新は従来通り各製品本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても実施できます。なお、単体でアップデートする場合のダウンロードサイズは手持ちのiPhone 11 Pro Maxで134.5MBとファイルサイズはやや大きめなので、携帯電話ネットワークのデータ通信量(GB)を減らしたくない場合にはWi-Fiなどを利用しましょう。Appleが案内しているアップデートの内容は以下の通り。

iOS 13.2.2には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・Appがバックグラウンドで実行中に予期せずに終了する場合がある問題を修正
・iPhoneで通話後にモバイル通信サービスを一時的に利用できなくなる場合がある問題を解決
・モバイルデータ通信を一時的に利用できなくなる場合がある問題に対処
・Exchangeアカウント間でS/MIME暗号化メールメッセージへの返信内容が読めなくなる問題を修正
・SafariでKerberosシングルサインオンサービスを使用すると認証要求が表示される場合がある問題に対処
・YubiKeyのLightning給電アクセサリで充電が中断される場合がある問題を解決

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

iPadOS 13.2.2には、iPadのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・Appがバックグラウンドで実行中に予期せずに終了する場合がある問題を修正
・Exchangeアカウント間でS/MIME暗号化メールメッセージへの返信内容が読めなくなる問題を修正
・SafariでKerberosシングルサインオンサービスを使用すると認証要求が表示される場合がある問題に対処
・YubiKeyのLightning給電アクセサリで充電が中断される場合がある問題を解決

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


ドコモオンラインショップでiPhoneを予約・購入


au Online ShopでiPhoneを予約・購入


ソフトバンクオンラインショップでiPhoneを予約・購入


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iOS 13 関連記事一覧 - S-MAX
・iPadOS 13 関連記事一覧 - S-MAX
・iOS 13 のアップデートについて - Apple サポート
・iPadOS のアップデートについて - Apple サポート

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…

【世界のモバイル番外編】日本登場はあるのか?全世界が浮かれた″iPhone″狂乱騒ぎ

発表から5ヶ月の時間を経て、ようやく6月29日にアメリカで発売されたアップル初のケータイ「iPhone」。全米のアップルストアの前には、1秒でも早く手に入れようとする人たちの行列で埋め尽くされた。なかでも、NY店の前には100時間以…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【世界のモバイル】iPhoneを日本は受け入れられるか? キャリアからメーカー端末へ

Appleの携帯電話「iPhone」は端末の機能や使い勝手のみならず、これまでの携帯電話業界の商習慣とは異なる新しいビジネスモデルとしても注目されている。iPhoneの目新しさの1つが端末の販売方法だ。この新しい販売スタイルは日本でも受…

【世界のモバイル】iPhone販売にみる″SIMロック″の限界

好調なAppleのiPhoneだが、北米での販売方法にあらたな制限が加えられるようである。携帯電話業界に革新を持ち込んだiPhoneだが、その人気のために逆に自由に購入できなくなってしまうというジレンマを引き起こしているようだ。■販売好…