「カベルネ」と「シャルドネ」、2種類のぶどう果汁を贅沢にブレンドしたぜいたくなファンタが登場


コカ・コーラシステムは、ティーンを中心に愛され続けている「ファンタ」ブランドから、「カベルネ」と「シャルドネ」の2種類のぶどう果汁をブレンドした、贅沢なコク深いグレープの味わいの「ファンタ 贅沢ダブル カベルネ&シャルドネ」を2019年10月14日(月・祝)から全国で期間限定で発売する。

「ファンタ 贅沢ダブル」は今年から発売開始したシリーズで、2つのフルーツをブレンドした贅沢な味わいをコンセプトに、いつものフルーティーでおいしい「ファンタ」とはひと味違った、贅沢で本格的なフルーツのおいしさを楽しむことができる。

第一弾として3月に発売した「ファンタ 贅沢ダブル 白桃&黄桃」は、そのダブルの贅沢な味わいが大変好評だったとのこと。

グレープフレーバーは特に秋に人気のフレーバーで、「秋に飲料で飲みたいフルーツランキング」においてトップ10に巨峰・白ぶどう・赤ぶどうの3種類のぶどうがランクインしている。

本製品は、力強い味わいのカベルネと、すっきりとした味わいのシャルドネの2種のグレープフレーバーをブレンドしており、贅沢なコク深いグレープの味わいに仕上がっている。また純水仕立てで合成着色料・保存料は不使用。プライベートタイムはもちろん、仕事の合間の気分転換やリフレッシュするのににぴったりな製品だ。

■製品概要
製品名: ファンタ 贅沢ダブル カベルネ&シャルドネ
品名: 炭酸飲料
原材料名: 果糖ぶどう糖液糖、ぶどう果汁(カベルネ・ソーヴィニヨン4%、シャルドネ4%)、食塩/炭酸、香料、酸味料、着色料(カラメル、アントシアニン)、安定剤(キタンサン)
栄養成分表示(100ml当たり): エネルギー44kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11g、ナトリウム0.03g
パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別):410mlPET/140円
発売日: 2019年10月14日(月・祝)〜なくなり次第終了
販売地域: 全国

■ファンタ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」本大会スケジュールが確定!
・SNKが「NEOGEO Arcade Stick Pro」を2019年秋発売!現在予約受付中!
・渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは『アッコちゃんとイトイ。』矢野顕子さんのミニライブも開催
・串をセットするだけで自動で回転しておいしく焼き上げる焼き鳥に鉄板焼き肉が同時に楽しめる『自動回転焼き鳥&焼肉プレート『焼き物大将』』
・10月12日よりGinza Sony Parkで『#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK』を開催

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】洗練されたコンパクトボディ!「IXY DIGITAL 10/90」発売へ

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALシリーズの新製品として、7.1メガピクセルで薄型ボディの「IXY DIGITAL 10」と3.0型大画面・光学3倍ズームの「IXY DIGITAL 90」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、…

【大人の物欲】音に包まれる贅沢を味わう!音楽に溢れる生活のススメ

アキバには、大人が密かに楽しむ隠れ家的なショップがいくつかある。「Refino & Anhelo(レフィーノ・アンド・アネーロ)」も、そういったショップのひとつ。同店は、超高級オーディオを取り揃えたオーディオショップで、時間が許す限り…

【知っ得!虎の巻】いつも起動するブラウザを別の種類のものに変更したい

Windows XPには、Internet ExplorerやOutlook Express、Windows Media Playerなど、はじめからインストールされている便利なアプリケーションがいくつもある。これらをそのまま利用している人も多いと思われるが、Windowsの扱いに慣れて…

日本未発売の話題の海外ケータイがクリスマス商戦で激突【世界のモバイル】

1年で最も携帯電話が売れるクリスマスシーズン。海外市場では各社が多くの新製品を市場に投入している。それらの製品を見てみると、今年のトレンドの一つは大型ディスプレイとタッチパネル搭載だ。ではどんな製品が話題になっているの…

マジコン発売禁止でマジキレ? 偽物を見破れるのはいいことなのか【4コマでわかる時事ニュース】

時事4コマでみる今週は、マジコン販売禁止をめぐるマジコンでマジキレな話題に注目。また違法なモノはなかなか無くならないものですが、偽硬貨を見破る画期的な技術が開発された話題をみると、いつかは世にはびこる偽造は撲滅できるもか…