Appleが新タブレット「iPad(第7世代)」を発表!10.2インチに大画面化し、Apple Pencilにも対応。日本でもすでに予約開始し、9月30日発売。価格は3万7584円から



10.2インチになった新タブレット「iPad(第7世代)」が登場!

既報通り、Appleは10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ))「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

iPad(第7世代)はこれまでの「iPad(第6世代)」の後継機種でペン入力「Apple Pencil」や指紋認証「Touch ID」に対応しつつ、画面が約10.2インチ(2160×1620ドット)IPS液晶「Retinaディスプレイ」(約264ppi)と大きくなりました。またSmart Keyboardにも対応。

日本を含む1次販売国・地域ではすでにAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて予約注文が開始され、9月30日(月)に発売されます。価格はアメリカではiPad(第6世代)の発売時と同じくWi-Fi版(32GBストレージモデル)の329ドル(約35,000円)から、学生や学校などの教育向けではWi-Fi版(32GBストレージモデル)の299ドル(約32,000円)から。

日本の公式Webストアにおける価格はWi-Fi版の32GBが34,800円、128GBが44,800円、Wi-Fi+Cellular版(SIMフリー版)の32GBが49,800円、128GBが59,800円となっており、保証サービス「AppleCare+ for iPad」はそれぞれ8,400円となっています(金額はともに税別)。またWi-Fi+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、Wi-Fi版はSoftBankや量販店などでも販売されると見られます。


iPad(第7世代)は初代iPadから続く9.7インチサイズのベーシックモデルを継承するものの、画面サイズが10.2インチと若干大きくなっています。合わせて画素ピッチが同じ約264ppiになるように9.7インチの2048×1536ドットから解像度も若干高くなっています。またサイズも約250.6×174.1×7.5mmと大きくなりました。

質量はWi-Fi版が約483g、Wi-Fi+Cellular版が約493g。本体色はシルバーおよびスペースグレイ、ゴールドの3色展開と同じで、アルミユニボディーを採用したデザインで、ディスプレイの下中央に指紋認証「Touch ID」を搭載し、Lightning端子や3.5mmイヤホンマイク端子、音量上下キー、電源/スリープキーを搭載。iPad(第6世代)に続いてApple Pencil(第1世代)に加え、新たにSmart Keyboardにも対応しています。

機種iPad(第7世代)iPad(第6世代)iPad(第5世代)iPad Pro 9.7iPad Air 2
大きさ mm250.6×174.1×7.5240×169.5×7.5240×169.5×7.5240×169.5×6.1240×169.5×6.1
重さ g483469469437437
ディスプレイ10.2型QXGA9.7型QXGA9.7型QXGA9.7型QXGA9.7型QXGA
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション
反射防止コーティング
True Toneディスプレイ
SoCA10+M10A10+M10A9+M9A9X+M8A8X+M8
A8比CPU性能2.2倍2.2倍1.6倍1.85倍1.2倍
A8比GPU性能3.0倍3.0倍1.8倍2.7倍1.1倍
背面カメラ800万画素800万画素800万画素1200万画素800万画素
Live Photo
True Toneフラッシュ
前面カメラ120万画素120万画素120万画素500万画素120万画素
Retina Flash
スピーカー2個2個2個4個2個
Apple Pencil
Smart Keyboard



iPad(第7世代)のカラーバリエーション



Apple Pencilに対応



Smart Keyboardにも対応

その他の主な仕様はiPad(第6世代)を引き継いでおり、チップセット(SoC)は同じ「Apple A10 Fusion」で、約800万画素裏面照射型CMOS/F2.4レンズ(5枚構成)のリアカメラや約120万画素裏面照射型CMOS/F2.2レンズのフロントカメラ、ステレオスピーカー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、電子コンパス、iBeaconマイクロロケーション、ジャイロセンサー(3軸)、加速度センサー、気圧センサー、環境光センサーなど。

Wi-Fi+Cellular版はGPSおよびGLONASSにも対応。バッテリーもiPad(第6世代)と同じ32.4Whリチャージャブルリチウムポリマー(内蔵式)で、Wi-Fiでのインターネット利用やビデオ再生、オーディオ再生が最大10時間、携帯電話データネットワークでのインターネット利用が最大9時間。


日本で販売されるモデルはApple直営も各キャリアも同じで、SIMフリーモデルで確認できるLTEの対応周波数帯はBand 1および2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、29、30、34、38、39、40、41、66、71、W-CDMAが850および900、AWS、1900、2100MHz、CDMA 1X 2000 EV-DO Rev. A・Bが800および1900MHzとLTEが若干増えています。

また「Apple SIM」ではなく「eSIM」に対応。SIMカードはnanoSIM(4FF)サイズ。同梱品はLightning - USBケーブルおよびUSB電源アダプタ、SIMピン(Wi-Fi+Cellular版のみ)、マニュアルなどの紙類。OSは最新のiPadOS 13をプリインストール。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPad(第7世代) 関連記事一覧 - S-MAX
・Apple introduces new version of the most popular iPad starting at $329 - Apple
・10.2インチiPad - Apple(日本)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…