ふるさと納税で支援! 自然災害で困っている生産者を救うお礼の品に注目が集まる




今年6月に改正適用となったふるさと納税。返礼品競争のようになっていたふるさと納税ですが、最近は台風などの自然災害で売れなくなった農産物を、ふるさと納税を通して寄附を募ったところ1日で完売となるなど、地域産業支援に繋がる事例が注目されています。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」でもこうした取り組みが行われているということで、具体的な事例が紹介されました。

■台風で8,000個の梨にキズ
実際に、ふるさとチョイスCafe(東京・有楽町)で行われた説明会に登場したのが福井県の梨農園「近ちゃんふぁ〜む」の近藤美香さん。2018年の台風で8,000個以上もの梨が被害を受け、被害総額は80万円相当になったといいます。そこで、市場に出せなくなった梨を「ふるさとチョイス」でお礼の品として出したところ、1日も経たず寄附が上限数まで集まり、1,800個以上の被災梨を提供することができたということです。さらに痛みが激しかった梨は市内事業者の協力で「カレー」に生まれ変わり、梨を廃棄することなく全国に届けることができたと話してくれました。

近藤さんは「一年かけ育ててきた梨が台風で一瞬にして落ちてしまい、当時はとても悲しい気持ちでしたがふるさと納税を通じて全国の方に応援して頂き、心から感謝しています」と当時を振り返っていました。



ほかにも梅雨で4000万円相当の被害を受けたのが徳島県徳之島町のマンゴー。今年は梅雨が長引き、小ぶりや色むらができたマンゴー約400?が市場に卸せず、被害総額は4000万円相当に。農家のみなさんは販路がなく困っていましたが、「ふるさとチョイス」でお礼の品として出したところ順調に寄附が集まっているということです。



センチュリー果樹園の「ちょっと小ぶりな完熟マンゴー」。センチュリー果樹園の勝秀博さんは「本来であれば市場に出回ることのないものですが、ふるさと納税を通して、加工用としてではなく全国の皆様に食べていただけることが農家としての喜びです」とコメントを寄せていました。

納税者にとっても、直接的に生産者や生産地を支援できるこういった取り組みは今後も広がっていきそうです。

ふるさとチョイス( https://www.furusato-tax.jp )

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…

【カオス通信】激動の″NHK″ヲタ解禁の記録!″腐女子・ハルヒ・ヲタ芸″の三拍子に全国が沸いた!

2007年5月、アキバ系のネタがNHKで短期間に連続投下されました。ヲタ芸の生き様紹介、ハルヒののど自慢、腐女子な中学生日記という内容は、そのどれもが新しいNHKの夜明け(?)を感じさせるものばかりでした。今回はそのトピック&エ…

【カオス通信】リアル格闘技を超えた!格闘ゲーム全国大会『闘劇』の挑戦

国内最大規模の対戦格闘ゲーム大会『闘劇』が、去る8/11(土)〜8/13(月)に開催されました。今回種目に選ばれたのは『バーチャファイター5(以下VF5)』『鉄拳5DR』『ストリートファイターIII 3rd STRIKE(以下ストIII)』『アルカナ…

【世界のモバイル】通信キャリア連合がケータイ市場にもたらすメリット

大手通信キャリアが国境を越えて複数の国でサービスを提供しているヨーロッパとは違い、アジアでは各国ごとに通信キャリアが自国内でサービスを展開していることがほとんどだ。しかし最近はアジア内でも国を超えたキャリア同士の連携が…

【世界のモバイル】日本メーカーの活路は海外にあるか? 拡大する世界の携帯電話市場

全世界の携帯電話販売数量は毎年のようにプラス成長を続けている。一方、日本国内では各通信事業者の新しい料金プラン投入に伴い端末の買い控えが起こり、今後はマイナス成長となるという予測がされている。日本市場が主力マーケットで…