日本でも投入予定!ソニーの最新フラッグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」を写真と動画でチェックーー薄さ6.1mmで軽量化しつつ、64bitオクタコアCPUなど搭載【レポート】



ソニータブレット「Xperia Z4 Tablet」を写真と動画で紹介!

既報通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は20日、都内で「Xperiaスマートフォン新商品発表会」を開催し、同社のフラッグシップスマートフォン(スマホ)の最新モデル「Xperia Z4」を発表しました。

Xperia Z4についてはすでに発表会レポートおよび製品タッチ&トライレポートを公開していますので、今回は発表会の展示会場にて国内初披露となった最新フラッグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」を写真および動画で紹介したいと思います。

02

03
Xperia Z4 TabletのカラーバリエーションはWhite(白)とBlack(黒)の2色が用意

Xperia Z4 Tabletは今年3月にスペイン・バルセロナにて開催された「Mobile World Congress 2015(MWC 2015)」にて先行して最新フラッグシップモデルのXperia Z4シリーズとして発表された10.1インチサイズのタブレットです。

すでに6月以降に日本を含む各市場で発売されることが案内されています。なお、今回の記事では日本で実施した発表会のタッチ&トライ以外にもMWC 2015での写真も含めていて、どちらも展示機はグローバルモデル(型番:SGP771)です。

10.1インチディスプレイでは昨年発売した「Xperia Z2 Tablet」の後継機種で、新たに画面解像度がWUXGA(1920×1200ドット)からWQXGA(2560×1600ドット)に向上し、プロセッサーもQualcomm製64bit対応オクタコアCPU「Snapdragon 810(MSM8994)」を採用するなどよりパワーアップしています。

08
厚み比較。約6.1mmとさらに薄く

一方で、さらに薄い約6.1mmになり、質量もWi-Fiモデルで約389g、LTEモデルで約393gの軽量を実現しています。バッテリー容量は6000mAh。もちろん、防水・防塵にも対応しており、IP65およびIP68準拠に向上しています。

また、Xperia Z4シリーズの共通仕様となっているmicroUSB端子がキャップレス防水となっており、3.5mmイヤホンマイク端子とともに、水回りでの使用がより気軽になりました。

04

05
本体左側面には電源キーおよびスピーカーが配置


06

07

09
本体上側面にはmicroSDXCカードスロットやSIMカードスロットなどがあり、スロット類は1つのカバーに覆われて見た目にもすっきり

カメラ機能も強化されており、自撮り(セルフィー)やビデオ電話などに強い500万画素のCMOSイメージセンサーを採用した広角フロントカメラを搭載。サウンド面では高品質なワイヤレス再生を可能にする新しい音声圧縮技術「LDAC」に新たに対応しました。

グローバル版LTEモデルの対応周波数帯はBand 1および2、3、4、5、7、8、12、20で、LTE UE Category 6やVoLTEもサポートされます。なお、SIMカードスロットはnanoSIMカード(4FF)を採用。
17
カメラ部分。NFCマークも


10

11

ss="pict" />

12
周辺機器として専用キーボードも用意

専用のBluetoothキーボードも用意されており、タッチパッドが搭載されていて、画面にタッチしなくてもノートパソコン(PC)と同じように操作できるようになっています。

OSバージョンはAndroid 5.0.2(開発コード名:Lollipop)。Walkmanアプリの名称が「ミュージック」になるなど、すでに紹介したXperia Z4と同様のAndroid 5.0 LollipopにXperiaエッセンスを加えたプラットフォームになっています。

その他、Xperia Z3ファミリーから導入されたPlayStation 4のゲームが楽しめる「PS4 リモートプレイ」への対応も行われています。

13

14

15

国内で展示された製品ではグローバルモデルということで現時点では技適マークもなく、機内モードにて電波を出さないようになっていたため、具体的にどこの携帯電話会社からLTEモデルもしくはWi-Fiモデルが出るといったことはわかりませんでした。

日本での発売についてはXperia Z4と同じく、別途、詳細が発表されるということなので、正式発表を待ちましょう!最後にタッチ&トライをした模様を動画で紹介しておきます。かなり操作内容も画質も悪くすみません……。


S-MAX:ソニーモバイル「Xperia Z4 Tablet」のタッチ&トライしているムービー


16


◯主な仕様
機種Xperia Z4 Tablet
サイズ約167×254×6.1mm
質量約389g(Wi-Fiモデル)
約393g(LTEモデル)
ディスプレイ約10.1インチ(2560×1600ドット)液晶
OSAndroid 5.0 Lollipop
CPU2GHzクアッドコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 810」)
内蔵メモリー3GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDカード(最大128GB)
カメラリア800万画素Exmor RS for mobile
フロント500万画素CMOS
バッテリー容量6000mAh(最大17時間の動画再生)
通信Wi-Fi、Bluetooth、2G/3G/4G LTEモバイル通信(LTEモデルのみ)
防水・防塵◯(IP65およびIP68準拠)
カラーWhite、Black


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia Z4 記事一覧 - S-MAX
Xperia Z4 Tablet 記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコム…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…