『電子』の検索結果(1ページ目)

iPhoneで電子書籍が読める!「Kindle for iPhone」公開

米アマゾンは2009年12月14日(現地時間)、iPhone/iPod touch用アプリケーション「Kindle for iPhone」を、日本を含む60カ国以上で公開した。App Storeから無料でダウンロードできるが、利用には「Amazon.com」のアカウントが必要になる。なお、Mac用アプリケーション「Kindle for Mac」やBlackberry用アプリケーション「K…

電子ブックリーダーKindleの大きすぎる可能性【世界のモバイル】

米 Amazonが発売する電子ブックリーダー「Kindle」の売れ行きが好調だ。Amazonによると2009年のクリスマスシーズンに同社でもっとも売れた電子端末はKindleだったという。また同年クリスマスの12月25日、Kindle向けの電子ブック販売量が初めて紙の書籍販売数を超えたとのことである。AmazonはKindleの販売量をあきらかには…

サン電子、コンシューマ製品事業をプロテックに譲渡へ

サン電子株式会社は2010年2月5日 、SUNTACブランドで知られる一般コンシューマー市場向け製品の製造および販売に関する事業を2010年3月1日付で株式会社プロテックに譲渡し、以降、当該事業を株式会社プロテックにおいて継続すると発表した。同社は、「成長が予想される法人向けモバイルデータ市場の拡大に合わせ、Rooster…

歴史的快挙!シャープとサムスン電子が液晶特許で和解

シャープ株式会社は2010年2月8日、同社とサムスン電子株式会社が液晶特許侵害訴訟で和解したと発表した。発表によると、両社は液晶パネルと液晶モジュールに関する特許の侵害訴訟を継続していたが、2月5日に和解契約を締結した。両社は、それぞれが保有する液晶パネルと液晶モジュールに関連する特許が侵害されているとし…

こびとは入ってないよ!しゃべるカラー電子辞書が登場

シャープ株式会社は2010年2月12日、胸ポケットに収まるコンパクトサイズのカラー電子辞書Brain「PW-AC110」を発売すると発表した。価格は、オープンプライス。■小型でも強力な辞書「PW-AC110」は、カラー電子辞書ながら、ワイシャツの胸ポケットに収まるコンパクトサイズを実現。4.3型ワイドカラー液晶を採用し、文字やカ…

これは便利!電子マネーの残額がいつでもわかる小道具

株式会社キングジムは2010年3月2日、EdyやSuica、nanaco、WAONといった電子マネーの残額をいつでも手元で確認できる電子マネービュアー「RELET(リレット)」を4月1日より発売すると発表した。価格は、8,379円(税込み)。ボディカラーは、チタンシルバー/オレンジ/パールホワイトの3色。同社は、「電子マネービュアー『リ…

iPad対抗か!EeePCのASUS、電子ブック端末を披露【CeBIT 2010】

毎年、ドイツのハノーバーで開催される世界最大級の見本市会場「CeBIT 2010」は、IT分野における最先端に触れることができるビッグイベントだ。今年も2010年3月3日に開催されたが、各社さまざまな技術や新製品を展示していた。ネットブックの「EeePC」でお馴染みのASUSは、iPad対抗ではないかと思われる電子ブック端末「AS…

出版業界の新しいスキル!電子書籍のつくりかた【プロに学ぶ67WS通信】

こんにちは、ロクナナワークショップの佐々木です。いよいよ米国では、4月3日よりApple「iPad」の発売が開始されます。日本では、少し遅れて4月後半から販売されるとのこと。ますます注目の集まる電子書籍は、一般的に普及するのか?今後の展開が楽しみです。■いつでも、どこでも、手軽に読書個人的には、iPhoneの無料アプ…

iPhoneの電子書籍で登場!Twitterの楽しみ方を学ぶ本

今、大きな話題となっている「Twitter(ツイッター)」。新たなコミュニケーションの手段として、個人だけでなく、企業のマーケティングという観点からも注目を集めている。そのTwitterのワザを学べるiPhoneアプリの電子書籍が登場した。インプレスジャパンが2010年3月12日より発売を開始した「できる100ワザ ツイッター T…

動画も音楽も電子書籍もOK!ポータブルAVプレーヤー

株式会社ハロッズは2010年03月19日、720P HD動画対応タッチパネル式4.3インチ液晶ポータブルAVプレーヤー「eT4300」を3月23日より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。トマトショップYAHOO店での価格は、1万8,000円(税込み)。■音楽再生やフォトフレーム機能も装備「eT4300」は、動画サイト「YouTube」等で使…

iPadを視野に入れたか!電子書籍バリアフリー化に向けWord用アドインを無償で提供

2010年は「国民読書年」であり、国内外において電子書籍・電子出版に関する動きが活発になってきている。実は、文書が適切なフォーマットで電子化されることにより、紙媒体の活字図書の読書が難しい人のバリアが軽減される可能性があるのだ。DAISYコンソーシアム、財団法人日本障害者リハビリテーション協会およびマイクロ…

電子を使った整理方法を模索してきた!キングジム 宮本社長が語る新製品の魅力

株式会社キングジムは2010年6月29日、名刺ホルダーで管理するような手軽さと、デジタル管理の検索性を兼ね備えた、デジタル名刺ホルダー「ピットレック」と、液晶画面にタッチペンで手書きのメモが書ける、卓上メモ「マメモ」を発売すると発表した。・名刺管理やメモ書きに新発想!キングジムがデジタル文具2製品を発表■名…

電子書籍を自分で作ってiPadで読む【知っ得!虎の巻】

iPadは、インターネット接続やゲーム、オフィスソフトなどさまざまな機能を登載する。中でも注目されているのは、電子書籍リーダーとしての機能だ。電子書籍は、インターネットで購入して、ダウンロードすれば読むことができる。それ以外に、手元にある雑誌の記事や書籍をiPadに取り込む方法がある。雑誌の中から読みたい…

電子書籍のメリットとは?コミック好きが「大人買い」する国内最大級の電子書籍販売サイト

書籍の保管方法について頭を悩ませている本好きは多いはず。特にコミック好きのコレクションは膨大になりがちで、「収納スペースが狭く、気に入りの作品を古本屋に売ってしまった」「本棚の奥に放置されていた本がいつの間にか折れ曲がっていた」などの話は、よく耳にする。そこで注目されてきているのが、電子書籍だ。電…

【速報】シャープ、電子書籍事業に本格参入

iPadやKindleの登場により、電子書籍への注目が集まっているなか、シャープが動き出した。シャープは2010年7月20日、従来の「テキストや静止画」に加え、「動画や音声」が楽しめ、コンテンツの表現力を一段と高めた次世代電子書籍フォーマットXMDFを開発したと発表した。動作はは、今回の技術を核に、出版社・新聞社・印刷…

業界最軽量97g! 携帯電話感覚で持ち運べる超小型電子辞書が登場

学生に限らず、電子辞書のお世話になっている人は多いだろう。電子辞書のメリットは、やはり「コンパクトさ」にある。分厚い辞書数冊分と同じ内容のものが、カバンにスッと入るサイズで済むので、持ち運び時の負担が軽減されるのだ。そんな電子辞書のメリットを最大限にまで追求した製品が登場した。シャープから2010年8月…

【速報】ドコモと大日本印刷、電子出版ビジネスで提携

昨今のスマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末などの登場による、電子出版コンテンツの急速な普及は、新しい読者を惹きつける新たな出版メディアとして、出版市場の活性化につながるものと期待されている。そうした市場に対して、ドコモが新たな一手を打ってきた。ドコモと大日本印刷は2010年8月4日、携帯端…

時間制で読み放題!電子書籍サイト「定額よみっぱー」がスタート

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレは、ドコモが提供するiモード公式サイトにおいて、あらかじめ設定した時間内はサイト内のコミックがいくらでも読めるという日本初の時間制電子書籍サイト「定額よみっぱー」を、2010年8月16日より開始すると発表した。価格は、個別メニューの場合、「よみっぱー個別100」が利用時間30分で105…

電子書籍の革命は個人から?漫画電子書籍がリリース【iPhoneでチャンス掴め】

レンボーアップススクール第6期生からレンボーアップス初となる漫画電子書籍がリリースされた。ガラケーの電子書籍黎明期から電子書籍制作に携わってきたtakumangaさんが、今年からフリーで「株式戦隊サラリーマン」という4コマ漫画をブログ上で発表したのが、全ての始まりらしいが・・・・「4コマ漫画 株式戦隊サラリーマ…

電子書籍を作るノウハウがわかる!ロクナナ、林拓也氏のePub実制作入門講座を開設

iPadやキンドルなど、電子書籍が読める環境が整いはじめている。そうした電子書籍について知る絶好の機会がやってきた。ロクナナは、同社が運営するWebデザインの学校「ロクナナワークショップ」において、今最も注目を集めている技術の一つ電子書籍ファイル「ePub形式」の実制作入門講座を10月9日に開設する。講師は、Fla…