『防災』の検索結果(1ページ目)

普段から備えておきたい防災グッズ ラジオ

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け、東京電力は14日「計画停電」を実施した。都内近郊をはじめ、スーパーではインスタント食品やカップラーメンなどの保存食が、コンビニや量販店では携帯電話用充電池や乾電池が相次いで売り切れになっている。被災地では現在もテレビやラジオなどの情報源が不足し…

普段から備えておきたい防災グッズ LEDランタン

東京電力が14日から実施している計画停電により、交通機関の運行状況や百貨店、家電量販店の営業状況など市民の生活は大きな影響を受け、さまざまな問題が浮上している。その一つにあげられるは、首都圏を中心となっている「買い占め」問題。現在家電量販店では懐中電灯や電池などの防災グッズが売り切れ状態だ。東北地方…

普段から備えておきたい防災グッズ カーポット

緊急事態に慌てて準備するのではなく、普段から備えておきたい防災グッズの一つ、特に停電時に活用できるのが簡易ポット。車を電源として活用し、急場をしのぐことができる。カー用品を扱う大自工業株式会社は車のシガーソケットに本体を差し込むと約30分で湯がわくカーポット「ポットDEゆ〜わく」を発売しており、Amazon…

普段から備えておきたい防災グッズ リチウムイオン電池

東京電力による計画停電が続くなか、首都圏を中心となっている「買い占め」問題。現在家電量販店では懐中電灯などの防災グッズが売り切れ状態だ。特に「被災地に送る」などの理由で買い占める光景が見られたのが「電池」。東北地方への物資供給不足の懸念もあり、冷静な行動を取ることが求められている。自宅用備品の在庫…

普段から備えておきたい防災グッズ カセットコンロ

東京電力による計画停電が続くなか、現在家電量販店では懐中電灯などの防災グッズが売り切れ状態だ。カセットコンロも同様に完売状態が続いている。長期にわたる避難生活や停電状態に備えて購入するケースが多いが、各地で余震が続く3月17日現在では火気の取り扱いには十分注意し、できるだけ使用を控えたほうがよい。Iwat…

今だからこそ持っておきたい&備えておきたい!  防災/停電・節電グッズ

家電情報サイト家電チャンネルの今回の特集は災害時に役立つ防災/停電・節電グッズをまとめて紹介しよう。計画停電が続く中、防災/停電や節電グッズが注目を集めている。天災は突然やってくる。だからこそ、備えておきたいアイテムばかりをまとめてみた。■停電を感知して自動点灯する充電式サーチライト予想外の急な停電…

備えあれば憂いなし!災害時に使える便利な防災グッズ

2011年3月11日の午後に発生した東北地方太平洋沖地震は、日本全国に甚大な被害をもたらした。被災地では、いまだに不自由な生活を強いられている方々が多い。こうした震災はいつどこで起こるかわからないものだけに、防災グッズは日頃から備えておきたいものだ。とはいえ、どういったグッズを揃えてよいのかがわからない人…

インテリアと防災、1台で2役!持ち運べる充電式LEDランタン

3月の震災後、すぐ取り出せる場所に防災/停電グッズを常備するようになった家庭は多いだろう。懐中電灯などの照明器具は、もしも夜間に停電した場合に備えて枕元に置いておくと安心なのだが、いかにも防災用品といった味気ないデザインは部屋の中で浮いてしまう。そこで、インテリアになじみ非常灯としても使える充電式の…

危機管理の差はここで出る!防災意識の高い企業は携帯電話よりトランシーバーを活用

東日本大震災は、東日本を中心に甚大な被害をもたらしたが、震災直後、最も不便だったのは「電話が通じにくかった事」であるという調査結果がケンウッドから公開された。この結果は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県の社員数100 名以上の、BCP(事業継続計画)策定企業とBCP 未策定企業の総務担当者各250名、計5…

地震、豪雨、熱中症などのあらゆる防災速報をプッシュ通知で素早く通知してくれる防災総合アプリ「防災速報 〜地震,豪雨,津波を通知〜」【Androidアプリ】【iPhoneアプリ】

防災情報は素早く、正確に把握!ここ最近の気温の上昇で全国で熱中症になってしまったり、突然のゲリラ豪雨になったり、予想もしない降水量で大きな被害になったりすることが多くなっていますよね。100%予防的な措置をとることは難しいとは思いますが、少しでも被害を最小限にしたいものです。そこで今回は、Androidおよ…

NTTドコモ、スマホなど向け「地震防災訓練アプリ」を7月より提供!緊急地震速報を防災訓練に利用可能に

NTTドコモが地震防災訓練アプリを提供開始!NTTドコモが学校・自治体などの地震防災訓練で利用できるスマートフォン(スマホ)およびタブレット向け「地震防災訓練アプリ」を2014年7月より提供するとお知らせしています。対応OSはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)以降およびiOS 7.0以降で、NTTドコモ以外の…

Google、事前に役立つ情報を地図上にまとめた「Google 防災マップ」を公開!東京都防災情報や公衆電話などの場所に加え、au復旧エリアマップも提供

「Google 防災マップ」が公開!スマホ版もあるよGoogle(グーグル)は29日、防災週間(2014年8月29日〜9月5日)に先立ち、パソコン(PC)やタブレットなどで閲覧できる「Google 防災マップ」( http://google.co.jp/saigai )の提供を開始するとお知らせしています。スマートフォン(スマホ)などの画面の小さな機種向けの…

KDDIおよびWi2、仙台市初の無料公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」を3月5日より提供開始!仙台城跡の伊達政宗騎馬像周辺で利用可能ーー第3回国連防災世界会議に合わせ

仙台城跡で無料公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」がスタート!KDDIとワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は2日、仙台市として初となる無料の公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」の提供を2015年3月5日(木)より開始すると発表しています。利用可能スポットは国内外から多くの観光客が訪れる仙台城跡の…

自然災害時にさまざまな手段で通信エリアを確保!雨天で実施された「平成27年度 NTTドコモグループ総合防災訓練」を写真と動画で紹介【レポート】

災害時に衛星回線で携帯電話回線を復旧!NTTドコモは10日、東京都江東区・東京臨海広域防災公園(国の災害現地対策本部設置拠点)にて「平成27年度 NTTドコモグループ総合防災訓練」を行い、自然災害に対応できる更なる災害対策への取り組みを報道にも披露した。今回は「首都圏直下地震」を想定し、都区部の約5割が停電し…

NTTタウンページ、スマホなど向けアプリ「防災タウンページ」を提供開始!利用料無料で、まずは東京23区南西エリアが対象ーー日本全国に順次拡大予定

ゼロから始めるスマートフォンNTTタウンページは7日、東京23区版「防災タウンページ」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「防災タウンページ」を2016年6月7日(火)に提供開始したと発表しています。利用料は無料。当初の対象エリアは東京23区南西エリアのみとなっていますが、タウンページの発行に合わせて今年10…

日本放送協会、スマホなど向けアプリ「NHK ニュース・防災」を提供開始!AndroidやiPhoneなどに対応し、災害・気象情報だけでなく、普段から使える天気予報や雨雲確認なども

スマホなど向けアプリ「NHK ニュース・防災」がリリース!日本放送協会(以下、NHK)は20日、スマートフォン(スマホ)など向け公式アプリ「NHK ニュース・防災」を提供開始したとお知らせしています。利用料は無料。対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 8.0以降。災害情報や気象…

防災・減災に配慮したまちづくりにICTを活用!宮城県仙台市とNTTドコモが連携協定を締結――地域活性化や近未来技術実証も【レポート】

防災・減災に焦点を当てた仙台市のまちづくりにNTTドコモのICT活用!仙台市とNTTドコモは29日、仙台市役所で記者会見を開き、「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携協定」の締結を発表しました。仙台市とNTTドコモはこれまでも仙台市のシティシェアサイクル「DATE BIKE(ダテバイク)」や今年3…

「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売

クラウドファンディングサービス「READYFOR」は、2016年度グッドデザイン大賞最終選考にも選出された「東京防災」を手掛けたクリエイティブチームが制作する、食べられる防災ブック「東京備食」を先行販売するプロジェクトを2016年10月28日(金)より開始した。本製品は防災や備蓄に関する情報を記載した本と共に3食分(1…

東京都、オープンデータを使った防災アプリのコンテストを開催

東京都は、行政が保有する公共データを公表し、地域課題の解決や、住民生活の利便性の向上を目指すオープンデータを活用した、「東京都オープンデータ防災アプリコンテスト」を開催する。作品の募集条件としては、災害に対する事前の備えや発災時の対処などに役立つ、オープンデータ※を用いたWebサービスやアプリケーショ…

東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ

近年、甚大な被害をもたらす自然災害が、相次いで起こった日本。間もなく、東日本大震災から6年、熊本地震から1年となる今、改めて、生活者の防災に対する意識や備えの実態について、全国の男女1,000名を対象にアンケート調査を行った。■大災害に対して備えをしている人は、 83%大災害(人間の社会生活や生命に大きな被…