『荷物』の検索結果(1ページ目)

あれ?ここ寿司屋だっけ? 空港の荷物用ターンテーブルから出てきた驚くべきモノ

「国内線の大分空港で手荷物を受け取ろうと指定されたターンテーブルで待っていたら、大きなエビの握り寿司が流れてきたでござる!」というウソのようなホントの話が話題になっている。ベルトコンベアと回転ずし、確かに似ているので「その手があったか!」と素直に関心させられるアイデアだ。おそらく手荷物が流れている…

EXPANSYS Japan、香港から日本向けヤマト運輸での「国際宅急便」荷物の配達を開始!商品到着までの日数を短縮や代引き対応も可能に

SIMロックフリースマホがより簡単に購入可能に!EXPANSYS Japanは1日、同社が運営する海外市場向けのSIMフリースマートフォンなどを販売するWebストア「EXPANSIS」において香港から日本向けにヤマト運輸での「国際宅急便」荷物の配達を利用した商品の販売に対応開始したとお知らせしています。これによって、従来よりも最…

ヤマト運輸、荷物問い合わせや再配達・集荷依頼などができるAndroid向けアプリ「クロネコヤマト公式アプリ」を提供開始!利用料無料でiPhone向けから遅れること3年

ようやくクロネコヤマト公式アプリがAndroid対応!ヤマト運輸は2日、郵送・配達サービス「クロネコヤマト」の荷物問い合わせや再配達・集荷依頼などができるAndroid向けアプリ「クロネコヤマト公式アプリ」を2015年2月3日(火)13時より提供開始するとお知らせしています。利用料は無料。アプリ配信マーケット「Google Pla…

佐川急便、配達される荷物の受け取りにスマホ画面に専用のタッチペンでサインする「電子サイン」を4月より一部エリアで導入!2017年度までに配達員5万人に配備へ

佐川急便がスマホでの電子サインを導入開始!SGホールディングスグループの佐川急便は8日、スマートフォン(スマホ)を利用した「電子サイン」を一部エリアで2015年4月より開始したと発表しています。現在、宅配便の受け取りには、伝票に押印、もしくはサインを必要としていますが、これからは配達員のスマホ画面に専用の…

ヤマト運輸、スマホなど向けアプリ「LINE」でクロネコヤマトの配達状況や荷物問い合わせ、再配達依頼、集荷依頼などを1月19日からできるサービスを提供開始

クロネコヤマトの配達状況や再配達依頼などがLINEでできるように!ヤマト運輸は15日、スマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )を使って「お届け予定メッセージ」や「ご不在連絡メッセージ」、荷物問い合わせなどの各機能の提供を2016年1月19日(火)昼ごろより…

ヤマト運輸、iPhoneやAndroidのLINEアプリで荷物問い合わせ機能を提供開始!荷物の状況確認や配送日時・場所の変更に加え、AIを活用した会話botでより手軽に利用可能

ヤマト運輸がLINEで会話AIによる荷物問い合わせ機能を提供!ヤマト運輸は27日、同社の公式LINEアカウント( @yamato_transport )に人工知能(AI)を活用した会話ボット(bot)による荷物問い合わせ機能を2016年6月27日(月)より追加し、荷物の状況の確認やお届けの日時・場所の変更がより一層スムーズになるとお知らせし…

飛行機の手荷物でもOK!USB PD対応でスマホだけでなくMacBookなどの製品も充電可能なモバイルバッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058」を試す【レビュー】

MacBook Proも充電可能なモバイルバッテリーを紹介!スマートフォン(スマホ)やタブレットの普及に伴って充電にモバイルバッテリーを使っているという人も多いかと思います。黎明期は5000mAh程度の容量のバッテリーが主流でしたが、今となっては20000mAhをも超えるほどの大容量バッテリーも多数販売されています。この度…

重い荷物の運搬や上げ下ろしが劇的に楽になる「簡易ローラーコンベア」

サンコーは、「カーブも段差も使える連結式ローラーコンベア」を2018年5月9日より発売する。価格は9,980円(税込)。■一人では難しかった荷物も楽に運べる本製品は、重い荷物が楽に運べるローラーコンベア。本体は軽量コンパクト。長さは約1m。8本のローラーが少しの力でスムーズに回転し、重い荷物の運搬を手助けしてくれ…

JALが羽田空港でアナウンスや手荷物受託方法、保安検査場の待ち時間などの付加情報をスマホで確認できる実証実験を実施!LinkRayアプリとおもてなしガイドアプリを利用

JALが羽田空港で実証実験!スマホでアナウンスなどを文字で確認可能に日本航空(以下、JAL)は19日、パナソニック システムソリューションズジャパンの協力によって新技術「光ID」を用いて情報を伝える「LinkRay」アプリとヤマハが提供する音のICT化技術「SoundUD」を用いて情報を伝える「おもてなしガイド」アプリを活用…