『日本人』の検索結果(1ページ目)

はじける色彩とパッション!日本人の知らないタイがここにある【新-写真空間】

タイは、世界3大スープ トムヤムクンを初めとするスパイシーで美味しい料理や豊かで美しい自然が人気の観光でもある。また、約2ヶ月以上続いた反政府デモにより、タイに進出している日本企業の9割が業務に支障をきたすなど、日本との結びつきが深い国である。「美しさ」と「危うさ」をあわせもつタイの「今」を写し出すタ…

日本人と外国人の性質や文化の違いを楽しむ!「ここヘンJAPAN」をオープン

ライブドアは2010年8月30日、同社が運営するポータルサイト「livedoor」において、日本人と外国人の性質や文化に焦点をあて、「日本人」を再認識するブログメディア「ここヘンJAPAN」をオープンしたと発表した。■新たな発見を楽しむブログメディア今回オープンした「ここヘンJAPAN」は、日本人の性質や文化を外国人と比較…

遊ぶ時もスマート!旅立つ日本人に必須アプリランキングTOP20【iPhoneでチャンス掴め】

RainbowAppsは、4万通りのiPhoneアプリランキングを集計し、世界最大規模の iPhoneアプリランキングRainbowAppsランキングサービスをリリースしました。今回はその中から、日本でもっとも人気の旅行アプリランキングを発表します。遊ぶ時もスマート!旅立つ日本人に必須アプリランキングTOP201位.Google Earth 世界地図を…

癒し系アプリも和風がいいよね。日本人だもの♪「Wa Kingyo - 和金魚 -」【iPhoneアプリ】

あるかでぃあ発、アクアリウム系アプリ紹介第2弾!以前、エスマックスでは「MyReef 3D Aquarium」というアクアリウム系アプリを紹介した事がありますが、今回は一風変わったアクアリウム系アプリを紹介します。なんと和風の絵柄の金魚です!この手のアクアリウム系アプリの多くは通常リアル志向が強く、如何に本物のような…

少年のように明るい世界一の写真家集団で活躍する71歳の日本人写真家【新-写真空間】

世界一の報道写真家の集団として知られているマグナム・フォト所属の写真家たちによるマグナム・フォト東京支社創設20周年記念写真展「50 の情熱」が銀座リコーフォトギャラリーRING CUBE において2010 年12月15 日(水)より開催している。マグナムフォトは、ロバート・キャパの発案で創設され、写真家の著作権の確保や地位向…

おもちゃは日本人のプライド!動く「北原照久コレクション立体図鑑」の魅力を聞く【インタビュー】

- デジタル時代に「ブリキのおもちゃ」の魅力を伝えていく北原照久氏 -※このインタビューは2011年2月に行わたものです。日本のみならず海外においても有名な、北原照久氏のブリキのおもちゃのコレクションを収録したiPadアプリ”北原照久コレクション立体図鑑”が昨年リリースされました。このアプリに収録されているブリキ…

【話題】日本人的スマートフォンが登場! スマホのガラケー化が加速!?

シンプルで使い方が単純なスマートフォンだが、この夏、異変が起こっている。ソフトバンクは初の二つ折りスマートフォンを発表し、auからはスライド式のテンキーを備えたキーボード付のスマートフォンが発売される。「ガラケー」と呼ばれる従来の携帯に近いものが続々発売予定なのだ。■ソフトバンク「アクオスフォン・ザ・…

矢追純一と山本モナがUFO談義。「アメリカで捕まえた宇宙人は日本人に似ていた」

地球人が存在しているのならば、広い宇宙のどこかで生命が存在しても不思議なことではないだろう。そして、そのいわゆる“宇宙人”と呼ばれる生命体が、人間の姿をしていて、密かに地球に住んでいることも――。 15日、東京・ヤクルトホールで、映画『スカイライン−征服−』のイベントとして、宇宙好き芸能人の山本モナと、日本…

クルマ色話 vol.3【トヨタ・プリウスα】日本人のシアワセの限界が垣間見える

◆プロフィール小沢コージバブル期にソアラ、プレリュードを横目で眺め、トレンディドラマを見、合コンしまくったスーパーカーブームど真ん中イケメン自動車ジャーナリスト。現在『BESTCAR』『ENGINE』『DIME』誌ほか『webCG』『日経TRENDY』『carview』などwebでも大活躍!吉田由美当時、ミスコン荒らしとして20コ以上のミ…

【対談】:「想像力が作り出す日本人の伝統美」大河原邦男(メカデザイナー)×矢嶋千鶴子(伝統工芸品産地プロデューサー)

1979年の初登場以来、世界中でファンを魅了し続けるガンダムシリーズ。その魅力は、やはりメカデザインにあると言っても過言ではないだろう。同作品においてメカデザインを手がけた大河原邦男氏を迎え、イマジネーションの原点を聞きながら、日本人に手工業の今後のヒントを探るというトークイベント「想像力が作り出す日…

仮面ライダーへ闘魂注入! 夢のコラボで“闘う日本人”の曲が完成

日本が誇る最高のエンターテイナーの一人であるロックアーティスト綾小路 翔と、世界中に熱狂的なファンを持ち、日本人よりも日本人の心を理解すると言われる名ギタリストのマーティ・フリードマンがタッグを組み、12月10日から公開となる劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」の主題…

【いちおう妖ヶ劇場】第3話:「悪魔(グレムリン)=日本人」は、あくまで噂ですからの巻

【前回までのあらすじ】 元・お嬢様の勅使河原 栄華(てしがわら えいか)は、ひょんなことから妖怪が住むボロアパートで一人暮らしをすることに。映画のウンチクを語るネコ仙人を筆頭に、奇妙な住人たちに悩まされる日々の栄華。そして、季節はクリスマス・イヴに……。(第1話はこちら)■次のページへ『グレムリン』(アメ…

今年のベストセラーはやっぱりジョブズの伝記! でも日本人ってこんなにジョブズ好きだったっけ?【話題】

アマゾンが2011年一番売れた本はスティーブ・ジョブズ氏の伝記「スティーブ・ジョブズ」だったと発表した。日本でも講談社から発売され発売開始わずか10日で上下巻の合計が100万部を超すというベストセラーになっている。「やはり!」という結果だが、アメリカでの書店での販売部数は発売1週間で37万9000部。アメリカ…

レディー・ガガに並んだ! グーグルが選んだ初の日本人アーティストは“バーチャルアイドル”「初音ミク」─ 「Chrome」CMに出演中【話題】

グーグルの「Google Chromeグローバルキャンペーン」の新CMが、16日よりオンエアを開始した。今回初めて、日本人アーティストが出演したのだが、なんとそれは“バーチャルアイドル”として高い人気を誇る「初音ミク」だった。いままで、レディー・ガガやジャスティン・ビーバーといった大物歌手ばかり出演の、このCMにバーチ…

ツイッターやフェイスブックの利用が負担に! 「ソーシャル疲れ」から見る日本人の微妙な人間関係【話題】

ソーシャルメディアが普及することで、情報発信や収集のために小まめにチェックする人も同じように増えている。便利さや手軽さを求めて利用し始めた人が多いと思うが、最近よく聞かれるのが「ソーシャル疲れ」。「疲れるならやらなきゃいいのに!」と思ってしまうが、問題の背景には日本人特有の人間関係があった。まずは…

【週末映画まとめ読み】真木よう子に藤原竜也、日本人俳優の熱演・怪演が光る

今週一週間に映画界で起こった出来事を紹介する「週末映画まとめ読み」。MOVIE ENTERで、特にアクセス数の多かった記事トップ10を振り返ります。 今週最も話題になったのは、真木よう子が7年ぶり単独主演を務めた、大森立嗣監督作『さよなら渓谷』の予告編解禁のニュース。真木は劇中で渾身の演技を見せており、激しいラブ…

「カメラ事情」に見る日本人の姿

アベノミクス効果で円安と株高が進み、久しぶりに景気の良いニュースがかけめぐっている日本。「強い日本を創る」という安倍政権の方針のもと「憲法改正」や「国防軍創設」が目指され、今後右翼化していくのでは?とも言われ、市民団体をはじめ疑問の声も上がっている。領土問題や歴史認識をめぐってまた中国や韓国との関…

本日のGoogleロゴは日本人建築家

8月22日に「月の光に照らされた町並み Googleロゴがドビュッシー生誕151周年を記念するアニメに」でGoogleロゴがフランスの作曲家であるクロード・ドビュッシーの生誕151周年を記念するアニメーションになっていることをお伝えした。本日は、日本の名建築家“世界のタンゲ”と呼ばれた丹下健三の生誕100周年を祝うロゴになっ…

日本人のための1台! スマホ史上最高レベルの日本語入力能力を備えた全部入りスマホ「ARROWS NX F-05F」

NTTドコモは2014夏モデルのラインアップとして、スマートフォン・タブレット9機種、フィーチャーフォン2機種、USB型データカード1機種の計12機種を発表した。いずれも魅力あふれる端末ばかりだが、その中でも、選択して後悔しない1台、筆者が自信を持っておススメしたい端末が富士通の新型スマートフォン「ARROWS NX F-05F…

日本人旅行者にはうれしいApple Payによる新しいショッピングスタイル【デジ通】

先日登場したiPhone 6とiPhone Plusには搭載されたNFCを使った決済システムとなる「Apple Pay」のサービスが北米で10月より開始される。日本では、すでにFeliCaを使ったおサイフケータイが普及しているし、EU圏でも非接触カードによる決済が当たり前だ。ところがアメリカではこれまで非接触型の決済はほとんど普及していな…