『掃除機』の検索結果(1ページ目)

iRobot 新生活は「自動掃除機 ルンバ」でお掃除時間を短縮 「春トクキャンペーン」実施中

「ルンバ」という商品名どおり、ダンスの「Ronba(ルンバ)」のようにくるくると動き回る掃除機を発売しているiRobotは期間限定のキャンペーン「春トクキャンペーン」を開始しました。「掃除をルンバに任せれば、人はそれ以外のことに時間を費やすことができる」という点を訴求したいという意図で、「お掃除するのは、ルン…

どんなものも吸引してしまう? 乾湿両用掃除機

乾湿両用バキュームクリーナーといえば、降雪地の店舗で雪ごとゴミを吸い取ったり、床を洗剤で洗って泡ごと吸い取り、店頭を清潔に保つだけでなく転倒事故防止にも役立っている。業務用と思われがちなアイテムだが、散歩から帰ってきた長毛種の大型犬が室内に鎮座し、猫が毛玉を吐き出し、幼児があらゆるものをこぼす、そ…

プラズマクラスター搭載で空気までキレイに。今1番人気のサイクロン掃除機 【売れ筋チェック】

サイクロン式掃除機といえばダイソンが有名だが、最近では国内メーカーも高機能製品を次々に生み出している。「プラズマクラスターはシャープだけ♪」というCMですっかりおなじみのシャープ。サイクロン掃除機にも搭載しているとは恐れ入る。2011年4月4日から2011年4月10日の間、GfK Japanが全国有力家電量販店のPOSデータ…

さすがの1位キープ!プラズマクラスター搭載のシャープ サイクロン掃除機 【売れ筋チェック】

国内メーカーのサイクロン掃除機がすっかりおなじみとなり、選択肢がひろがった。買い替えの際はサイクロンという人も増えている。今選ばれているサイクロン掃除機のポイントは何だろうか。2011年4月11日から2011年4月17日の間、GfK Japanが全国有力家電量販店のPOSデータを集計した数量順ランキングによると、掃除機で1位…

圧倒的な強さ!プラズマクラスター搭載シャープ サイクロン掃除機が3連勝【売れ筋チェック】

現在、掃除機の集塵方式には大きく分けて2つある。「紙パック方式」と「サイクロン方式」だ。日本では以前から紙パック方式が採用されていたが、2000年にシャープが日本初のサイクロン掃除機を発売した。紙パック方式は集めたゴミを通過した空気が排気として出るため、臭いや微細塵が気になる点がデメリットだった。一方、…

貫禄の4週連続首位!軽いのに強力な吸引パワーとプラズマクラスター搭載のシャープ サイクロン掃除機【売れ筋チェック】

GWも終わり、花粉症の季節がピークを過ぎてほっとしている人も多いだろう。だが、今や国民の3人に1人が何かしらのアレルギーを抱えているとされている。特に、ダニ、ホコリ、カビはアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息と多岐にわたる原因になっている。季節を問わず家の掃除をこまめにし…

1位を独走し続けるプラズマクラスター搭載シャープ サイクロン掃除機【売れ筋チェック】

今や掃除機は、床面を掃除するだけにとどまらず、部屋の空気清浄もできるなど、ハイテク機器化している。ルンバに代表される掃除ロボットからスタンドタイプやハンディタイプ、従来の紙パック、そしてサイクロンタイプまで、百花繚乱だ。ニーズによって選ぶタイプは様々だが、価格や吸引力、デザイン性など総合的に考える…

掃除と同時に空気もきれいに!一石二鳥なプラズマクラスター搭載シャープ サイクロン掃除機【売れ筋チェック】

実際に売れている製品を紹介する家電チャンネルの売れ筋紹介。今日紹介するのは最近CMでよく見かけるのがシャープの「プラズマクラスター」だ。「プラズマクラスター」とは、プラスとマイナスのイオンをプラズマ放電により作り出し放出するシャープ独自の技術のこと。浮遊カビ菌等を空中で除去し、浮遊ウイルスの作用を抑…

人気のサイクロン掃除機に対抗するのは1台2役のサンヨー【売れ筋チェック】

掃除機の集塵方式には大きく分けて2つある。紙パック式とサイクロン式だ。紙パック式は吸引力が強くごみ捨てが簡単だが、排気の臭いや微細塵が気になる。一方のサイクロン式は吸引力が持続し排気がクリーンだが、ごみ捨ての時に塵が舞いやすい。最近はサイクロン式に注目が集まっているが、それぞれの方式のメリットとデメ…

軽量化と操作性アップで進化したサイクロン掃除機が日立から新発売【商品紹介】

昨年度はエコポイント効果で家庭用掃除機の需要が前年比105%と伸びたが、その反動で今年度は前年比98%と若干伸び悩んでいる。そんな中でも、人気があるのがサイクロン式の掃除機だ。掃除機全体の約45%をサイクロン式が占めている。サイクロン式の長所は吸引力の強さや排気のきれいさが挙げられるが、最近では加えてヘッ…

静かにお掃除!パナソニックから運転音53dBのサイクロン掃除機登場

掃除機をかけていると「テレビの音が聞こえない!」と家族から言われる……そんなマンガのようなシチュエーションは意外にだれもが経験しているのではないだろうか? そうでなくても、仕事が忙しかったりと掃除をする時間が遅くなったりする人にもオススメの掃除機がパナソニックから登場する。運転音を抑えたサイクロン式掃…

東芝からロボット掃除機「Smarbo(スマーボ) VC−RB100」が発売に

夫婦共働きの家庭や、一人暮らしの男性に人気なのがスイッチを入れるだけで部屋を隅々まできれいにしてくれるロボットタイプの掃除機だ。時間をかけて掃除をしてくれるだけでなく、掃除が終わると自動でストップするため外出中に掃除が済む。東芝は10月1日に、ロボット掃除機「Smarbo(スマーボ)VC-RB100」を販売すると発…

【速報】人より賢く掃除ができるロボット!究極まで進化したロボット掃除機

アイロボット日本総代理店セールス・オンデマンドは2011年9月14日、ベルサール秋葉原において、ロボット掃除機 アイロボット「ルンバ」の新製品発表会を開催した。同社はロボット掃除機 アイロボット ルンバ 700シリーズを10月7日より発売する。新製品は、日本のユーザーのレベルの高い細やかなニーズと、日本の多様な住環…

窓を開けずに掃除ができる!シャープ プラズマクラスターサイクロン掃除機が新発売

2012年春の花粉飛散量予測は全国的に少なく、全国平均で2011年の約3割になるという。花粉症の人にとっては嬉しいニュースだ。とは言え、実は花粉症は春だけのものではなく、秋にも雑草が引き起こす花粉症がある。また、秋はダニなどハウスダストによるアレルギーが増える季節でもあるので、1年中部屋の掃除は怠れない。シ…

シャープ、スマホで部屋の様子を確認できるロボット掃除機「COCOROBO」を発表

ゼロから始めるスマートフォンシャープは8日、スマートフォンと連携するロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」を発表しました。6月上旬の発売予定です。COCOROBOは、シャープが新たにロボット家電事業へ参入し、その第1弾として投入する製品です。搭載された人工知能「ココロエンジン」により、充電量や掃除状況に応じて…

節電PCやロボット掃除機も! オンキヨーが家電へ進出【デジ通】

先日、オンキヨーのPC関連部門であるオンキヨーデジタルソリューションズ株式会社について解説した。この会社が取り扱うモニュエル(Moneual)の製品を紹介しよう。モニュエル社はオンキヨーデジタルソリューションズの親会社になるので、今後は同社関連商品の取り扱いが増えることが予想される。となると、いままで扱って…

日本のために開発された高性能掃除機!小型で音を低減したダイソンのキャニスター型掃除機「DC48」

ダイソン株式会社は、新しいキャニスター型掃除機DC48を発表しました。日本の生活に合わせて開発されたこの掃除機は、DC46に比べて30%小型にし、40%音を低減しました。DC48は、Ball(TM)テクノロジーを搭載したダイソンの掃除機の中で最も小さく静かな掃除機だ。ジェームズ・ダイソンが日本に向けてコメントをして…

主婦100人が細部にわたって徹底比較! 今度掃除機を買うならどのメーカー?

「日頃使う掃除機だからこそ、こだわった製品を利用したい。」「細かなところまで、手の届かないところまで吸い取れる掃除機が欲しい。」「様々な状況に対応できる掃除機ないかしら…」。と毎日の掃除が楽になって、なおかつキレイになって欲しいと考えている人は多いだろう。そうした主婦の考えを計るべく、「オレンジペー…

こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」

サンコーは、水が吸える掃除機「スイトリーナー」を2017年3月2日より発売する。価格は4,980円(税込)。本製品はコードレスタイプ乾湿両用のウェット&ドライクリーナー。水が吸えるほか、チリやホコリもOK。ウェット&ドライ両用のオールマイティに活躍できる充電式ハンディクリーナーだ。充電式だからコードレスで煩わし…

サンコー、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を発売

サンコーは、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を2017年8月25日より発売した。価格は1万2,800円(税込)。本製品はカーペットやソファの汚れも水で洗って吸い取れる、乾湿両用の強力掃除機。本体側面タンクに給水した水を、掃除ノズル先端部より自由に噴射することが可能。水を噴射し、水と…