『中国』の検索結果(1ページ目)

Androidの皮を被った中国製「Ophone」は、本家Google携帯を凌ぐか【世界のモバイル】

AndroidベースのOphone世界最大の携帯電話加入者数を誇る中国移動は、OMS(Open Mobile System)を採用したフルタッチスマートフォン「Ophone」を発表した。OMSのベースOSはGoogle Android。新しいオープンなソフトウェアプラットフォームとして多くのパートナーが参加する予定だ。Ophoneは中国移動が開発したプラットフォー…

中国のGoogle、バイドゥが日本語入力ソフトを公開

バイドゥ株式会社は2009年12月16日、日本語入力ソフト「Baidu Type」のベータ版を公開した。ダウンロードページから無料で入手することができる。対応OSは、Windows XPのみ。「Baidu Type」が開発された背景だが、Baidu Japan Blogによると、携帯IMEのような便利さや速さ、Webリソースの活用、これらがひとつになった日本…

楽天がEC事業で中国へ進出!百度と合弁会社を設立へ

楽天株式会社は2010年1月27日、 Baidu, Inc.(百度)との間で、中国におけるインターネット・ショッピングモール事業に関する合弁会社を設立することについて同日合意に至ったと発表した。■提携の背景および内容百度は、全世界の検索市場において第3位のシェアを持つ「Baidu.com」等を運営し、中国国内の中国語検索サービ…

【速報】グーグル、中国の検索事業からの撤退を発表

インターネット検索大手のグーグルは2010年3月22日(米国現地時間)、中国での検索事業からの撤退を発表した。同社は、「中国では、言論の自由が制限されている」と説明している。今後、ユーザーが「google.cn」にアクセスすると、検閲のない香港のサービス「google.com.hk」に自動的に転送されるという。なお、中国での研…

シャープ、中国向けAndroidスマートフォン2機種を発表!国内向けのベース!?

シャープ製フルタッチスマートフォン「SH8128U」(左)および「SH8118U」(右)シャープは、中国市場向けに3Gに対応したAndroid OSをベースにした「点心(Tapas)」を採用したスマートフォン「SH8128U」「SH8118U」の2機種を発表しています。2010年10月より順次発売開始するとのことです。今後、中国市場向けにスマートフォン…

中国のGoogleが前代未聞の大珍事!人気漫画がネットで見放題

店内の漫画をスキャンして持ち帰ることができる「自炊の森」が再開し、著作権の重要性が問われている最中、前代未聞の大珍事が勃発した。「中国のGoogle」と言われている検索サービス「baidu(バイドゥ)」が提供する無料共有サービス「Baidu ライブラリ」において、無断でスキャンしたと思われる書籍が多数アップロードさ…

英語の次は中国語をマスターだ!音声と文字を同時に学習できる「中単三千」

中国語を勉強してもなかなか身に付かないという人も多いはずこのアプリでは単語を中心に音声を聞きながら覚えることによって目で見てピン音(発音)と同時に音で声調もしっかり学べるという優れものです!単語の数も3000とかなり多めに入っているのでマスターできれば、実力がつくことは間違いありません!学ぶにして…

いつでもどこでも中国語を持ち歩き!iPhoneで学習できる「ひとこと中国語会話600」

中国語を勉強していても日常会話すら話すにしてもなかなか難しくないでしょうか。やはりマメに勉強しなければ、身に付かない。中国語の勉強の効率を良くするアプリ。学習の友にぜひ。*ひとこと表現•身の回り •日常生活 •挨拶会話 •エンタメ•移動 •トラブル •生活習慣 •…

【ニュース】大型家電量販店の躍進 ヤマダ電機は中国・天津本店をオープン

ビックカメラが新宿三越アルコット跡に大型店舗を出すと発表したのは記憶に新しい。一方、ライバル店であるヤマダ電機は中国の天津に大型店舗をオープンさせた。ヤマダ電機天津本店は、中心街に位置し地下鉄の駅を出てすぐ目の前にある。また近くには市内最大の歩行者天国もあり、人の多さと交通の便はピカいちだ。5階建て…

【DVDエンター!】中国でも大人気、心の中に永遠に続く『ノルウェイの森』

1987年に刊行された、村上春樹の小説『ノルウェイの森』。国内小説累計発行部数歴代第1位となる1000万部を突破し、36言語に翻訳され世界に愛され続ける現代文学の最高峰が20年以上の時を経て、トラン・アン・ユン監督により昨年12月に映画化。そして、公開から約半年が経ち、6月22日にブルーレイ・DVDが発売されました。新…

140文字までの文字や画像・動画を投稿!中国版Twitter”新浪微博”が開始

Find Japanは、中国のポータルサイト最大手「新浪(Sina.oom)」を運営する新浪と、「新浪微博(シナ・ウェイボー)」の日本への本格参入を目的として、日本における中国版ミニブログ「新浪微博」の公式アカウント発行の総代理をFind Japanへ一任する業務提携を行うことで合意し、「新浪微博」の公式アカウント認証サービ…

FTTxは2010年末で9,600万世帯に!その半数以上が中国

高速通信として、人気が高いFTTHであるが、日本での普及率は高い。しかし、中国は日本を上回る勢いでFTTHは伸びを見せていることが、マーケティング&コンサルテーションの富士キメラ総研が世界のFTTxの動向など光通信関連市場を調査分析した報告書「2011 光通信関連市場総調査」から分かった。2010年末のFTTx加入者数は9,…

ゲーム開発者との協業や開発支援を強化!グリー、中国に子会社を設立

グリーは2011年7月14日、中国に子会社を設立することになったことを明らかにした。グリーは、国際展開を目的に、米国におけるGREE International, Inc.の設立やOpenFeint, Inc.の子会社化などを行ってきた。今般、展開する地域を拡大し、より一層の国際展開を推進すべく中国に子会社を設立し、グローバルマーケットの開拓…

【ニュース】今度はアイフォーン5?中国で偽物発売

「アップルストア」や家具店「IKEA」そっくりの店舗があると話題になった中国にこんどはまだ発売されていない「iPhone5」が登場していた。中国の経済特区でもあるかん広東省の深セン市で製造されていたのは、まだ本物も発売されていない「iPhone5」の偽物だった。外部漏えいした設計情報に基づいて生産されたというこの偽…

【Shine! vol.02】いまの自分があるのは「中国」のおかげです(株式会社三陽商会 安田繭さん)

「素敵な人がいる会社は、きっと素敵な会社に違いない」。そんな仮説のもと、才色兼備な輝く社員(=Shine!)のみなさんに“働く理由”を突撃インタビューしていくこの連載。第2回の今回は、日本を代表する大手総合アパレルメーカー、株式会社三陽商会で働く安田繭さんにロックオン!! 所属の海外事業推進室で、成長著しいア…

中国人民解放軍のサイバー攻撃システムがテレビで放映された! 【役立つセキュリティ】

中国はオンライン攻撃のローンチでしばしば非難されるが、大抵、状況証拠にとどまる。標的型のスパイ活動Trojanの多くは中国からのもののようだが、実際にそれを証明することはできないのだ。しかし、新たな証拠が表面化した。7月17日、ミリタリードキュメント番組「ミリタリーテクノロジ:インターネットの嵐がやって来る…

【ニュース】本格運用開始の「グーグル+」、中国では利用不可

9月20日より本格運用がスタートした「Google+」。だが、中国国内では接続することができない状態だという。「Google+」はGoogleが6月からフィールドテストを実施してきたソーシャルサービスだ。今までは招待制だったが、本格運用が開始されてからはGoogleアカウントを持っているだけでログインできるようになった。 だ…

アップル敗訴! 中国では「iPad」の商標が使えない【話題】

アップルは2010年に中国広東省深センの企業 Proview Technology に対して「iPad」についての商標権に関する訴訟を起こしていた。今回、この訴訟に対し中国広東省の地方裁判所はアップルの中国での「iPad」の商標使用を認めないという判決を下した。Proview Technology は、「IPAD」を2000年から2004年に中国のほか、EU、メ…

中国検索大手バイドゥがAndroid向け日本語入力システム「Simeji」を取得!取得額は数億円か

ゼロから始めるスマートフォン中国検索大手のバイドゥ(百度)は、13日、Android向け日本語入力システム「Simeji」に関する事業の全権を取得したと発表しました。Simejiは、人気のフリーのAndroid向け日本語入力アプリで、Mushroom(マッシュルーム)というプラグインシステムやSkin(スキン)というキーボードをデコレー…

野球の次は中国市場でも勢いを見せる! モバゲーが中国スマホに標準搭載へ【話題】

横浜DeNAベイスターズが誕生し、企業としての勢いを広く知らしめたDeNA。今度は中国市場でも「モバゲー」が注目されることになった。DeNAの中国子会社であるDeNA Chinaと、中国のアリババクラウドコンピューティングが提携を行った。アイババクラウドコンピューティングはAndroidアプリに対応した独自のOS「阿里雲OS (Ali…