『リーダー』の検索結果(1ページ目)

電子ブックリーダーKindleの大きすぎる可能性【世界のモバイル】

米 Amazonが発売する電子ブックリーダー「Kindle」の売れ行きが好調だ。Amazonによると2009年のクリスマスシーズンに同社でもっとも売れた電子端末はKindleだったという。また同年クリスマスの12月25日、Kindle向けの電子ブック販売量が初めて紙の書籍販売数を超えたとのことである。AmazonはKindleの販売量をあきらかには…

MINIチアリーダーが日本に「元気な春」を【新生活特集】

日本に春の訪れを告げ、新生活の始まりを感じさせる、桜。桜前線が日本列島を北上し、各地で続々と開花宣言が発表されて行く中、3月2日“MINIの日”を皮切りに全国5都市で行われた道ゆく人々を元気にするイベントが、4月2日に北海道・札幌でゴールを迎えました。3月1日よりスタートした、日本に「元気な春」を届ける「ハル …

ポケットの中にウィキペディアを!ネット不要のWikiリーダーを発売

世界中のありとあらゆる情報を調べられることから、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」を利用している人も多いだろう。今まではインターネットに繋がっていなければ、ウィキペディアを利用できなかったが、このアイテムがあれば、その必要がなくなる。BLUEDOT株式会社は2010年7月9日 、米国のOpenmoko社の協力…

1万円台でiPadに対抗か!日本語対応の電子書籍リーダー「E-FON」が登場

アップルのタブレット端末「iPad」は、インターネットのホームページのブラウズをはじめ、動画や音楽の再生など、実に様々なことができる。iPadの利用目的のひとつとして最近注目されているのが電子書籍としての使い方だ。そうした電子書籍としてiPadを使う人にとっては魅力的なライバル機が出現した。レッドスターは2010…

ソフトバンク孫社長のリーダーシップが身につくかも!?「孫の二乗の兵法」【iPhoneアプリ】

ついに9月28日に「ソフトバンクアカデミア」が開講!「孫の二乗の兵法」をどう活用するかはあなた次第言わずと知れたソフトバンク創業者兼CEOの孫正義氏。彼が自身の後継者育成を目的とした「ソフトバンクアカデミア」で明かした、リーダーに必要不可欠な25個の漢字。孫正義氏の経営の神髄であるこの25文字をいつでもどこ…

約2,000冊ぶんを持ち歩ける!電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02」【au 2010冬モデル】

KDDIは2010年10月18日、電子書籍のダウンロード、保存、閲覧のための専用端末として、電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02 」を、2010年12月下旬以降、発売すると発表した。「biblio Leaf SP02」は、「CDMA 1X WIN」やWi-Fi通信を利用して電子書籍をダウンロードして保存し、いつでも持ち歩いて読みたいときに再生するこ…

本棚をポケットに!ソニーが電子書籍リーダーとサービスを発表

「発売日が決定!ドコモのAndoridスマートフォン「GALAXY Tab」」「2009年の電子書籍市場は610億円!日本はすでに電子書籍大国」の記事で紹介したように、最近になって電子書籍への関心が高まりつつある、そうした電子書籍市場に対して、ソニーが新たな一手を打ってきた。ソニーは、軽量・コンパクトなボディと、紙のよう…

これがソニーの電子書籍リーダー「PRS-650」だ【電子書籍研究会】

『シャープ「GALAPAGOS」とソニー「Reader」はどっちが買い?』でも紹介したように、電子書籍への関心が高まりつつある、そうした電子書籍市場に対してソニーは、軽量・コンパクトなボディと、紙のように読みやすく目に優しい電子ペーパーの採用で、いつでもどこでも手軽に読書が楽しめる電子書籍リーダー、 5型ディスプレ…

NTTドコモ、5.5インチ電子書籍デバイス「ブックリーダー SH-07C」を1/21(金)に発売開始

「ブックリーダー SH-07C」が1月21日に発売!NTTドコモは、11日、5.5インチディスプレイを搭載したシャープ製電子書籍デバイス「ブックリーダー SH-07C」を2011年1月21日(金)に発売開始することを発表しています。ブックリーダー SH-07Cは、Androidを利用したシャープ製電子書籍デバイス「GALAPAGOS」をベースにしたモデル…

大手映画会社 営業(チームリーダー)「まんが喫茶で味わう非日常」 - 年収1000万円プレイヤー図鑑 vol.2

これまで2度の転職を経験しながらも、1度も年収ダウンという局面には立たされなかった森田氏。しかも2度とも未経験職種への転身、人気企業へのチャレンジでありながら、見事その狭き門をくぐり抜けやりたい仕事をゲットしている。順調な年収アップとやりがいアップの裏側には一体どんな秘訣が隠されているのか・・・森…

マーキングやメモを書き込める!iPad2の弱点を突いた書籍リーダー

ベンキュージャパンは2011年5月31日、Android OSを採用した電子書籍リーダーの新製品として、「R100」を6月10日より発売すると発表した。価格はオープンプライス。市場想定価格は3万800円(税込み)。ボディカラーはホワイトのみ。■約16時間使える電子書籍リーダー電子書籍リーダー「R100」は、10.1型の大画面で、e-book…

意外と知らない!RSSリーダーの種類について - 転職活動に役立つ!ソーシャルメディア活用術 vol.3

RSSとはRSSとは、WEBサイトの更新情報を簡単にまとめて配信するためのサービス。RSSを活用すると、わざわざサイトに訪れることなく、複数サイトの最新情報を一気にチェックすることが可能だ。RSSリーダーの種類RSSデータを閲覧するためのソフトを【RSSリーダー】という。RSSリーダーには様々な種類がありますので、それぞ…

「志村けん師匠にも勧めます」、”竜兵会”リーダーが”ハングオーバー!!”体験を激白

今年5月に全米で公開され、コメディ映画史上最高のオープニング記録を樹立した、シリーズ2作目となる『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』。7月1日の日本公開を前に話題沸騰の本作は、史上初となる無修正バージョンの公開も決定している。 タイトルとなっている“ハングオーバー”とは、“二日酔い”という…

“運命”に立ち向かえ!アメリカの窮地を救う真のリーダー

あなたは“運命”の存在を信じるだろうか? いつか結ばれる男と女は、目には見えない、決して切れることのない“運命の赤い糸”で結ばれているという言い伝え。だが、人生の岐路で自らの意志により決断を下し、出会いや別れなどの分岐を繰り返した結果が、実は始めから同じ道を歩むべく定められた運命だとしたら? それでも、…

比較するとさらにニュースがよくわかる!?各新聞社の社説をまとめて一気に読める「社説リーダー」【Androidアプリ】

新聞社の特徴もわかる!新聞の中でも最も各新聞社の特徴が出ているのが“社説”でしょう。そんな各新聞社の社説が一気にまとめて読めるAndroidアプリが「社説リーダー」です。対応しているのは、現在で、日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、中日新聞、北海道新聞、西日本新聞、河北新聞、中国新聞、新潟…

年収1000万円のビジネスマンが選ぶ「お手本にしたい世界のリーダー」ベスト20 - 年収1000万円研究所 vol.2

こんにちは、「ビズリーチ 年収1000万円研究所」所長の佐藤和男です。この研究所では、年収1000万円以上のビジネスパーソンに対してさまざまなアンケートを取り、“年収1000万円を稼ぐビジネスパーソンの考え方”を調査しています。今回は、日本や世界を代表する数々の優秀なリーダーの中から、新社会人にお手本にして欲しい…

【速報】ソニーiPad対抗の書籍端末を発表!電子書籍リーダー「Reader」の魅力をさぐる

ソニーは2011年9月29日、3G およびWi-Fiによるワイヤレス接続に対応し、いつでもどこでも電子書籍の検索や購入などが行なえる電子書籍リーダー「Reader」2機種を発売すると発表した。「PRS-G1」は3G+Wi-Fiモデルで11月25日より、「PRS-T1」はWi-Fiモデルで10月20日より発売の予定。価格は、いずれもオープンプライス。新製…

ソニーが3G、Wi-Fi対応の電子書籍リーダー「Reader」を発表

ソニーは3GおよびWi-Fiによるワイヤレス接続に対応している電子書籍リーダー「Reader」を発表した。これにより、いつでも電子書籍の検索・購入ができる。読書の秋にぴったりな1台の魅力をさぐってみよう。発表されたのは3G+WiFiモデルの「PRS-G1」と、Wi-Fiモデルの「PRS-T1」だ。今回、ソニーが押し出している主な特徴は…

【話題】電子書籍リーダーはタブレット端末に勝てるのか?

先日、ソニーは電子書籍リーダー「Reader」を発表した。その名の通り、読書に特化した端末だ。今回ソニーが発表したのは3+Wi-Fiモデルの「PRS-G1」とWi-Fiモデルの「PRS-T1」だ。iPadをはじめとしたタブレット型多機能端末は人気だが、その中で電子書籍リーダーはどうすみ分けていくのだろうか。「タブレットがあればリ…

キーボードもマウスもカードリーダーも使える!GALAXY Tabを宇宙最強にする便利グッズ【イケショップのレア物】

タブレット端末の魅力は、大きな画面にある。インターネットや電子書籍が見やすく、本格的なゲームが迫力満点で楽しめるなど、スマートフォンにはない使い勝手のよさを持っている。さらにハードユーザーの中には、使い勝手を追求し、タブレット端末をノートパソコンのように使いたいユーザーもいる。そうしたユーザーに向…