『ケータイ』の検索結果(1ページ目)

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。スライドさせて本体を開いたところ。ボタンは凹凸がないタイプ。ボタンのサイズはけっ…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルとなっている。■機能もコンパクトに詰め込んだ - NTTドコモ 森 健一 氏ドコモが発表した…

【ケータイラボ】驚異的な薄さ!折りたたみ型で11.4mmのスリムケータイ「N703iμ」

「N703iμ」は、折りたたみ型で11.4mmの薄さを実現したNEC製のFOMA端末。11.4mmという驚きの薄さに1メガピクセルの高性能カメラ、microSDカードスロットを搭載している。液晶画面は、照度センサーの搭載により、周囲の明るさに合わせてディスプレイの明るさを調整可能だ。背面パネルには、7×7のLEDイルミネーション「My …

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択することが可能で、文字入力には、タッチパネル上に文字を書いて入力する「手書入力」、…

【ケータイラボ】ステンレスボディで薄さ11.4mm!薄型ケータイ「P703iμ」

「P703iμ」は、折り畳み時11.4mmの薄さを実現した松下電器製のFOMA端末。ボディに、ステンレス素材や基板を樹脂で固めて強度を上げる新工法を採用することで、薄さと強度の両立を実現している。「P703iμ」は、薄型形状ながら、エンターテインメント機能も充実している。外部記憶メディアは、microSDメモリーカードに対応し…

【ケータイラボ】ワンセグ放送が見れる!BRAVIAケータイ「SO903iTV」

「SO903iTV」は、ワンセグ放送を視聴できるBRAVIAケータイ。ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した高画質技術「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載し、コントラストが高く、メリハリのある映像を表現できる。液晶画面は、携帯電話で最大級の3インチのパネルを採用し、16:9のフルワイド表示が可能。音声は、Bass Enhanc…

【ケータイラボ】薄さ9.9mmのストレート・ケータイ「D703i」

「D703i」は、薄さ9.9mmを実現した超薄型ストレートケータイ。コンパクトなボディながらも、ボタンの押しやすさなどの使い勝手にもこだわりを持って設計されている。「D703i」は、どんな操作中でもキーロックできる専用プロテクトキー「いつでもキーロック」、何も操作しないまま設定時間を過ぎると自動的にプロテクトキー…

【ケータイラボ】お風呂で使える!防水ケータイ「F703i」

「F703i」は、お風呂やキッチンなどの水まわりでも安心して使える防水ケータイ。厚さ17.9mmのコンパクトデザインで、1mの水深に30分間放置しても浸水しないIPX 7等級に加え、全方向からの水の噴射を受けても本体内部に浸水しないIPX 5等級の防水仕様を実現する。背面パネルのイルミネーションも特長の一つで、数字を表示…

【ケータイラボ】佐藤可士和氏とのコラボ!スクエアケータイ「N703iD」

「N703iD」は、アートディレクター佐藤可士和氏とのコラボレーションモデル。「N702iD」のデザインを踏襲しながらも、細部にまで改良が加えられたスクエア・ケータイだ。カメラの感度をアップさせることでカメラライトを排除。さらにサイドビューがすっきり見えるヒンジを採用することで、よりシンプルなデザインを実現し…

【ケータイラボ】メールが打ちやすい!デコメケータイ「P703i」

「P703i」は、メール機能にこだわったデコメケータイ。メールの打ちやすさを追求した「WaveTileKey」と呼ばれる立体形状の大型キーを採用している。またキーは、バックライトが美しいイルミネーション表示を演出することができる。使いやすさを追求したデコメールは、デコメ絵文字を10種類のジャンルに分類して表示でき、…

【ケータイラボ】ハーフメタリックデザインのスリムケータイ「SH703i」

「SH703i」は、背面上部にメタリック調のパネルを採用したシャープ製のスリムケータイ。異なる素材で背面を上下に分割した特長的なデザインで、横96ドット×縦39ドットのサブディスプレイに表示された文字が、メタリックパネルに美しく浮かび上がる。メインディスプレイは、2.4インチのモバイルASV液晶を搭載。同液晶は単に…

【ケータイラボ】香りもデザインも着せ替えられる!アロマケータイ「SO703i」

「SO703i」は、香りもデザインも着せ替えられるアロマケータイ。光沢感のある9種類の「Style-Upパネル」は、それぞれのテーマにあわせたアロマシートが同梱されており、本体に貼り付けることでデザインだけでなく、香りも楽しむことができる。「Style-Upパネル」は半透過性のため、パネルの下から有機ELを用いたサブディ…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話しているのを見て、なるほど筆者の知らない世界だ、ものごとを知らないというのは無知だなと…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラーバリエーションは、クールで知的な輝きを放つシルバー(S)、アルマイトの輝きを最大…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に対応する。通信速度は従来比の約1.25倍にスピードアップしており、最大512kbpsの高速デ…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予定。「WX321J」は、生体情報である指紋を鍵として用いる「指紋センサー」を搭載するこ…

【ケータイラボ】子猫キャラが可愛い!ねこふんじゃったケータイ「nico.neco」

「nico.neco」は、ネットインデックス製の音声端末「nico.」をベースに、タカラトミーとインデックスホールディングスによるコラボレーションモデルで、「nico.neco」(ニコネコ)と呼ばれる。発売時期は2月上旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万1,000円前後の見込み。「nico.neco」…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコムストアでの販売価格は1万円前後の見込み。背面にベネトンのマークが入り、ベネトンブ…

【ケータイラボ】内線電話にもなる!ビジネスケータイ「WX220J」

「WX220J」は、高度化通信規格「W-OAM」に対応した京セラ製の音声端末。発売時期は2007年1月25日を予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万1,000円前後の見込み。「WX220J」は、ビジネスシーンで長期に使用できるシンプルなデザインを採用。押しやすいボタンとわかりやすい操作性を実現し…

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはなんと言ってもカールツァイスレンズを使用した3.2メガピクセルのカメラである。正面から…