『クルマ』の検索結果(1ページ目)

地球に優しくスポーティ、細やかな気配りも忘れないオトコになれるクルマ【新生活特集】

先月にトヨタから発表されたプリウス他車種のリコールが米国をはじめ世界各国で話題となっていますが、日本自動車販売教会連合会が発表した2009年の新車乗用車販売台数ランキングによると、トヨタ・プリウスが1位、同じくホンダのハイブリッドカー・インサイトが5位となり、エコカー減税の追い風もあってハイブリッドカー…

ゴルフとクルマに通ずる“ジェントル”の流儀【ゴルフ特集】

「紳士のスポーツ」といわれるゴルフ。その理由としては、スポーツとして厳格なルールに則ったプレーが要求されるだけでなく、ウェアから立ち振る舞い、さらには細やかなマナーまで求められるからだろう。まさにジェントルの国イギリスを代表するスポーツのひとつといえる。英国っぽさ、つまりは「お国柄」なんてコトバで…

フレンチテイストあふれる魅力的なクルマの数々に触れよう「RENAULT JAPON」【iPhoneアプリ】

ルノーが日本で販売するラインナップのすべてがあなたのiPhoneで楽しめるフランスの自動車メーカー「ルノー」のiPhoneアプリがリリースされました。日本でルノーといえば、会社の名前は知っているけど実際にどんなクルマがあるのか知らない人も多いのではないでしょうか。この機会にルノーのフレンチテイストに触れてみる…

【力説自動車.web】第1回:クルマ離れなんてウソ! 震災時こそクルマを!

自動車評論家の金子浩久と小沢コージによる、過激な連載対談として話題を博した『力説自動車』(05年〜08年 月刊sabra連載/小学館・刊)。社会、経済、世界、生活、恋愛など「実はクルマこそが世情を語る最重要言語である!」とメッタ切りにして姿を消したあの伝説の『力説自動車』が、なんとウェブ上で復活! まずは挨拶代…

【力説自動車.web】第2回:被災地のクルマたち

2006年に、同業の小沢コージ君(みんカラスペシャルブログメンバー)と『力説自動車』という単行本を出版しました。日本で買えるすべてのクルマを独自の機軸で評価し、日本の自動車社会を批評した二部で構成し、全ページを対談形式でまとめたものでした。その復活版を発信しようと年明けから準備を重ねてきたところに、東…

クルマ色話 vol.1【ベンツCLS】 コレは斎藤佑樹クンが乗らないとダメでしょ!?

20世紀的バリューを思いっきり引きずりつつ未来を目指すアラフォー自動車ジャーナリスト、小沢コージと業界の由美かおる!? こと奇跡の超美人カーライフエッセイスト、吉田由美がお送りするお気楽かつキレキレな自動車トーク「クルマ色話」。一発目は昔の匂いを感じさせる、あの高級4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLS」だ…

クルマ色話 vol.2【アウディA7スポーツバック】 石川遼よ、無免許ぐらいでめげちゃダメ!?

◆プロフィール小沢コージバブル期にソアラ、プレリュードを横目で眺め、トレンディドラマを見、合コンしまくったスーパーカーブームど真ん中イケメン自動車ジャーナリスト。現在『BESTCAR』『ENGINE』『DIME』誌ほか『webCG』『日経TRENDY』『carview』などwebでも大活躍!吉田由美当時、ミスコン荒らしとして20コ以上のミ…

クルマ色話 vol.3【トヨタ・プリウスα】日本人のシアワセの限界が垣間見える

◆プロフィール小沢コージバブル期にソアラ、プレリュードを横目で眺め、トレンディドラマを見、合コンしまくったスーパーカーブームど真ん中イケメン自動車ジャーナリスト。現在『BESTCAR』『ENGINE』『DIME』誌ほか『webCG』『日経TRENDY』『carview』などwebでも大活躍!吉田由美当時、ミスコン荒らしとして20コ以上のミ…

クルマ色話 vol.4【ホンダ・フィットシャトル】微妙に男心をくすぐるOLみたいなクルマ!?

◆プロフィール小沢コージバブル期にソアラ、プレリュードを横目で眺め、トレンディドラマを見、合コンしまくったスーパーカーブームど真ん中イケメン自動車ジャーナリスト。現在『BESTCAR』『ENGINE』『DIME』誌ほか『webCG』『日経TRENDY』『carview』などwebでも大活躍!吉田由美当時、ミスコン荒らしとして20コ以上のミ…

「クルマがツマらない…」と嘆くあなたに贈るカスタムカルチャーマガジン創刊!

いわゆる“竹やり出っ歯”と呼ばれるシャコタン仕様の族車のケンメリ(スカイライン)がパトカーに!! しかも、乗ってるPOLICEはロシア人美女!? このあまりにふざけた組み合わせは、本日新創刊されるカスタムカルチャー誌『モーターヘッド/Motorhead』(三栄書房発行/全国の書店、一部コンビニにて発売/780円)が創刊号の…

「カーグラフィックTV」が27年間紹介しなかった、日本が誇る特別なクルマ

エンスーと呼ばれる自動車愛好家をはじめ、車好きなら誰もが一度は観たことがあるだろう、本格的自動車番組「カーグラフィックTV」。1984年、世界的に知られる自動車専門誌「CG=カーグラフィック」から誕生した同番組は、2001年3月に惜しまれつつ一旦終了となったが、その半年後には早くも復活。2002年からはブロードバン…

コースを指でなぞれ!クルマ好きにたまらない新感覚カーレース【iPhoneでチャンス掴め】

こんな人におすすめ:いろいろなカーレースを楽しみたい人、車が好きな人こんな時におすすめ:カーレースしたいときアプリ名:DrawRace 2カテゴリ:ゲーム価格:85円いかにもアメリカンなアイコンのカーレースアプリ。ドローRrawというだけあって、自分の指でなぞったコースを車が走ります。コースも充実。雪山、飛行場、…

キャンギャルが乱舞するクルマの祭典!東京オートサロンレポート

日本最大級のカスタムカーの祭典として千葉・幕張メッセで13〜15日に開催された「東京オートサロン2012 with NAPAC」。30回記念開催となった今回は、3日間で25万5709人(前年比105.2%)が来場者し、過去最高を記録したという。会場に展示されているのはトヨタ、スバルといったメーカー系の車両から、チューニングブランドま…

FR、水平対向エンジン…etc クルマファン感涙のスポーツカー「BRZ」が登場

先日、2月3日にスバルより発表された「SUBARU BRZ」。“トヨタ自動車と共同開発”“小型FRスポーツ”といった事前報道に加え、昨年11月の東京モーターショーや年明けの東京オートサロンなどでの先行展示もあり、正式発表以前からすでに大きな話題となっていた1台だ。このBRZというネーミングは、「BOXER(水平対向)エンジン」…

LINEスタンプに新しく「東進ハイスクール実力講師陣」「頭がクルマでいっぱい!」「ごごのこーちゃん」の3種類が登場!いつダウンロードするの?今でしょ!

3種類の新スタンプが登場!LINE Corp.は、無料で音声通話やメールができるソーシャルアプリ「LINE(ライン)」のトークで利用できるスタンプに、「いつやるか? 今でしょ!」のフレーズでおなじみの「東進ハイスクール実力講師陣」、運転大好き!クルマ大好き!なマツダの「頭がクルマでいっぱい!」、午後の紅茶 おいしい…

LINE、トークで使えるLINEスタンプに「頭がクルマでいっぱい!第2弾」「ライオン雲のじゃりおん 第2弾」「かぐやちゃん(かぐや姫の物語)」の3種類を無料で追加

3種類の新スタンプが登場!LINE Corp.は19日、無料で音声通話やメールができるソーシャルアプリ「LINE(ライン)」のトークで利用できるスタンプに新しく「頭がクルマでいっぱい!第2弾」「ライオン雲のじゃりおん 第2弾」「かぐやちゃん(かぐや姫の物語)」の3種類を追加したとお知らせしています。これまでにもさまざまな…

「dカーシェア」、“カーシェア時代におけるクルマの使い方”意識調査を実施

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、“カーシェア時代におけるクルマの使い方”をテーマに、首都圏在住の20歳から69歳までのカーシェア利用経験者・カーシェア利用未経験者、それぞれ男女400名を対象にした意識調査を実施した結果を発表した。1.カーシェアを移動以外の用途で使いたい人は約5人に2人、約8人に1人は実際に使用…